エディション:
日本

マクロ経済動向

米3月小売売上高、10カ月ぶり大幅増 経済対策やワクチン普及が寄与

米商務省が15日に発表した3月の小売売上高(季節調整済み)は前月比9.8%増と、前月の2.7%減(上方改定)からプラスに転じ、昨年5月以来10カ月ぶりの大幅な伸びを記録した。新型コロナウイルス追加経済対策の一環で実施された国民への現金給付や新型コロナワクチンの普及が消費押し上げに寄与した。

米鉱工業生産、3月は製造業が2.7%上昇

米連邦準備理事会(FRB)が15日に発表した3月の鉱工業生産統計は、製造業生産指数が2.7%上昇し、2月の3.7%低下から持ち直した。国内需要の底堅さが増した。世界的に半導体チップが不足し一部の自動車メーカーが生産削減を余儀なくされる中でも自動車生産が増えた。市場予想は4.0%上昇だった。

米小売売上高、3月は9.8%増 経済対策やワクチン普及が寄与

米商務省が15日に発表した3月の小売売上高(季節調整済み)は前月比9.8%増と、前月の2.7%減(改定)からプラスに転じ、市場予想の5.9%増を上回った。新型コロナウイルス追加経済対策の一環で実施された国民への現金給付や新型コロナワクチンの普及が消費押し上げに寄与した。