エディション:
日本

為替こうみる

FRB議長講演こうみる:米経済に好影響、当面はドル堅調=バークレイズ 門田氏

パウエルFRB議長が新たな要素として提示したのは、1)堅調な労働市場はインフレを引き起こすことなく持続させることが可能、2)長期的なインフレ目標達成には長期の期待インフレ率をつなぎ止めることが重要なため、一定期間で平均2%の達成を目指す柔軟な平均インフレ目標を導入する、だった。

FRB議長講演こうみる:金融緩和の「泥沼化」、手段手詰まりに=三井住友銀 宇野氏

米連邦準備理事会(FRB)は27日、「長期的に平均で2%のインフレ率の達成を目指す」とし、インフレ率が持続的に2%を下回り続けた後のしばらくの間(for some time)、2%を緩やかに(moderately)超えるインフレ率の達成を目指す金融政策運営が適切との見解を示した。

為替こうみる:ドル全面安はまだ「若い」、9月に米追加緩和検討へ=三井住友銀 宇野氏

今回の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、経済の道筋が新型コロナウイルスの行方に著しく左右されるとした上で、現在進行中の公衆衛生上の危機は短期的に経済活動、雇用、インフレの大きな重しとなり、中期的な経済見通しに著しいリスクをもたらすとの見方が示された。