エディション:
日本

自然災害・環境関連

英政府、初の個人投資家向け環境債発行へ

英政府は、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするという目標の達成に向けて、資金使途を環境分野に限定した世界初となる個人投資家向け環境債(グリーンボンド)を発行する。

焦点:今年の株主提案は環境が「主役」か、鍵握る資産運用大手

これまで企業の年次株主総会で環境問題に絡む株主提案が出されることはまれで、提案があってもあっさりと否決されていた。しかし、3月から本格化する今年の株主総会シーズンでは株主提案の大半を気候変動関連が占める見通しで、流れが変わりそうだ。

焦点:気候対策遅れるロシア、サハリンで「ネット・ゼロ」始動

[サンクトペテルブルク(ロシア) 19日 トムソン・ロイター財団] - 豊かな化石燃料資源を抱えるロシアは、気候変動対策におけるリーダーとは思われていないかもしれない。だが極東ロシアでは、当局が意外な実験に着手している。炭素排出量取引を試行し、2025年までに温室効果ガス排出量の「ネット・ゼロ」、つまり吸収分も含めて実質的な排出量ゼロを達成しようという取り組みだ。

中国環境省、今年の大気の質で昨年よりやや緩い目標を設定

中国生態環境省は25日、今年の大気の質に関する目標を昨年の平均をやや上回る水準に設定する方針を明らかにした。昨年前半は、新型コロナウイルス感染拡大抑制のためのロックダウン(都市封鎖)により、大気汚染が大きく改善した。

テキサス州襲った寒波被害、バイデン大統領が大規模災害を宣言

バイデン米大統領は20日、テキサス州を襲った強烈な寒波と暴風雪で生じた被害について、大規模災害宣言を発した。これにより、各被災者に対して連邦政府の予算を充当し、仮設住宅の提供や自宅修理支援、低利融資などの支援措置を講じることが可能になる。