エディション:
日本

本日のマーケット動向

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは113円後半で伸び悩み、ポジション調整は一服か

正午のドルは、前週末のNY市場終盤(113.46/49円)に比べてドル高/円安の113.73円付近で推移している。きょうは商業決済が集中しやすい五・十日で、仲値公示にかけては国内輸入企業のドル買いなど実需フローが活発になった。ドル買いが一巡した後は伸び悩み、もみあう展開が続いている。

〔マーケットアイ〕外為:IMMで円ショートが増加、ポジション巻き戻しへ警戒感も

<08:35>IMMで円ショートが増加、ポジション巻き戻しへ警戒感も 米商品先物取引委員会(CFTC)が22日発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(10月19日時点)に基づくロイターの集計によると、ドルの買い越し額は前週から減少した。

強もちあい、好決算が相次げば底堅さ増す=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、強もちあいが想定されている。海外の環境面に不透明感が残るため、それによって株価が上下に振れる可能性が高い。週初めは米ナスダック安からハイテク株を中心に値動きが重くなりそうだ。しかし、これから発表される3月期企業の上半期決算の内容が明らかになり、上方修正が相次ぐなど好実態が確認された場合、相場全体は底堅さを増していくとみられる。

強もちあい、好決算が相次げば底堅さ増す=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、強もちあいが想定されている。海外の環境面に不透明感が残るため、それによって株価が上下に振れる可能性が高い。しかし、これから発表される3月期企業の上半期決算の内容が明らかになり、上方修正が相次ぐなど好実態が確認された場合、相場全体は底堅さを増していくことになりそうだ。

次のページ