エディション:
日本

本日のマーケット動向

強もちあい、企業業績に関心移る中で需給改善に期待=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、強もちあいの展開が想定されている。米中通商協議という最大の注目イベントを通過し関心は企業決算に移りそうだが、直近に発表された下方修正に対して株価の抵抗力は強く、業績悪化は織り込んでいるという。こうした決算の状況を見越した動きになるとの見方が出てきた。週半ばには4月高値の信用期日を通過するため、需給の改善も期待されている。やや円安に振れたドル/円相場が落ち着いた状態を維持すれば、反転に向けてトライすることになりそうだ。

*TOP NEWS* 日本語トップニュース(11日)

* ロイタートップニュースはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/topnews をクリックしてご覧になれます。 ◎米の電子たばこ関連疑われる死亡例、26件に増加 症例も1299件 2019年10月11日 11:44:00 10日 ロイター - - 米疾病対策センター(CDC)は10日、電子たばこやその他のベーピングと呼ばれる吸引製品に関連があるとされる原因不明の肺疾患による死亡例が累計で26件、症例は1299件に達したと報告した。先週時点では、それぞれ18件と1080件だった。

〔マーケットアイ〕外為:ポンド134円前半、上値には疑念の戻り売り

前日に急騰した英ポンドは134円前半。海外市場でつけた3週間ぶり高値134円半ばから小幅に下落した。市場では「これまでも楽観と悲観を繰り返してきた」(邦銀)として、急速に台頭した楽観論への警戒感が根強い。上値ではポンドの戻り売りに動く向きもあるという。

*TOP NEWS* 日本語トップニュース(10日)

* ロイタートップニュースはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/topnews をクリックしてご覧になれます。 ◎政府・日銀連携し、あらゆる政策でデフレ脱却目指す=西村再生相 2019年10月10日 11:55:00 東京 10日 ロイター - - 西村康稔経済再生相は10日の衆院予算委員会で、引き続き政府・日銀で連携しあらゆる政策でデフレ脱却を目指すと改めて強調した。井野俊郎(自民)委員への答弁。

次のページ