エディション:
日本

本日のマーケット動向

GDP関連ニュースヘッドライン一覧

[東京 20日 ロイター] - 《1─3月GDP》 ◎実質GDP1─3月期年率+2.1%、輸入減が押し上げ 内需2本柱は低迷 ◎1─3月期GDPは前期比+0.5%、年率+2.1%=内閣府 ◎1─3月期実質GDPは2四半期連続プラス成長=内閣府 《要人発言》 ◎内需の増加傾向崩れていない、消費増税予定通り=茂木経済財政相 《GDPこうみる》 ◎輸入減り中身は弱い=アセットマネジメントOne 村上氏 ◎4―6期設備投資見る上で機械受注に注目=大和証 岩下氏 《市場の反応》 ◎〔マーケットアイ〕外為 ◎〔マーケットアイ〕株式 ◎〔マーケットアイ〕金利

上値重い、米中対立への懸念 米大統領の不規則発言も警戒=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、上値が重い展開が予想されている。米中対立の長期化が意識される中、世界の景気に敏感な日本株は積極的に買いづらい。トランプ米大統領の不規則発言も警戒され、何らかのネガティブなニュースが出た場合はリスク回避ムードが強まり、日経平均株価は節目の2万1000円を再び割り込む可能性もある。

上値重い、米中対立への懸念 米大統領の不規則発言も警戒=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、上値が重い展開が予想されている。米中対立の長期化が意識される中、世界の景気に敏感な日本株は積極的に買いづらい。トランプ米大統領の不規則発言も警戒され、何らかのネガティブなニュースが出た場合はリスク回避ムードが強まり、日経平均株価は節目の2万1000円を再び割り込む可能性もある。

次のページ