エディション:
日本

主要ニュース(共同通信)

大阪市を強制捜査

 大阪地検特捜部は24日、大阪市発注の電気工事を巡り談合が繰り返されていた疑いがあるとして、官製談合防止法違反の疑いで、大阪市住之江区の建設局を家宅捜索した。市職員らが関与したとみて複数の関係会社なども含め捜査し、立件するもようだ。

イチロー、マリナーズと契約合意

 【シアトル共同】米大リーグ、マリナーズはイチロー外野手(45)と1年のマイナー契約で合意したことが23日、分かった。今季はメジャー19年目で、関係者によると、2月のアリゾナ州ピオリアでのキャンプインは招待選手として迎える。

正恩氏、米朝会談準備を指示

 北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、金正恩朝鮮労働党委員長が23日、ワシントンでトランプ米大統領と会談した側近、金英哲党副委員長から訪米結果について報告を受けたと報じた。金正恩氏はトランプ氏の親書を受け取り、米側との協議結果に満足の意を表明。米朝首脳による再会談への実務準備を指示した。トランプ氏は金英哲氏との会談で2月下旬の首脳再会談開催に合意しており、日程や場所に加え、非核化措置を巡る調整が大詰めを迎えているとみられる。

韓国、前最高裁長官を逮捕

 【ソウル共同】韓国最高裁が朴槿恵前政権と癒着し、二審で日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟の上告審で確定判決を出すのを遅らせたり、二審の破棄を促したりした事件で、ソウル中央地検は24日未明、職権乱用容疑などで前最高裁長官、梁承泰容疑者(70)を逮捕した。

日韓、徴用工で平行線

 【ダボス共同】河野太郎外相は23日、スイス・ダボスで韓国の康京和外相と会談した。韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り、個人請求権の問題は日韓請求権協定によって解決済みだとして、問題解消へ政府間協議の受け入れと韓国政府の適切な早期対応を要請した。康氏は文在寅大統領が10日の記者会見で司法判断の尊重を表明したことを踏まえ、同様の主張を繰り返し、平行線をたどった。

テニス大坂選手の肌白く表現

 【メルボルン共同】女子テニスの大坂なおみ選手(21)と所属契約を結ぶ日清食品が、アニメーションによる広告動画で同選手の肌を白く表現したことを謝罪したと米紙ニューヨーク・タイムズ、英紙ガーディアンが23日までに報じた。

韓国、「今年3回、日本が威嚇」

 【ソウル共同】韓国国防省は23日、日本の哨戒機などが今年に入って3回、韓国軍艦艇に低高度で接近する「威嚇飛行」をしたと発表した。韓国軍の艦艇だと識別しながら行った「明白な挑発行為」だとし「強く糾弾する」と日本を非難した。

全豪、錦織は準々決勝で途中棄権

 【メルボルン共同】テニスの全豪オープン第10日は23日、シングルス準々決勝がメルボルンで行われた。男子で第8シードの錦織圭(日清食品)は第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦し、1―6、1―4となった第2セット途中で棄権した。ジョコビッチには15連敗となり、日本勢で32年大会の佐藤次郎以来87年ぶりの4強入りを逃した。ジョコビッチは四大大会初の4強入りを果たしたリュカ・プイユ(フランス)と準決勝で戦う。

総務省、ソフトバンクに行政指導

 総務省は23日、昨年12月に全国で大規模な通信障害を引き起こしたソフトバンクに対し、電気通信事業法に基づき行政指導した。厳重注意するとともに、障害発生時の復旧作業や利用者周知の改善を要請した。業界全体で再発を防ぐため事故の詳細情報を共有する場を設けることも求めた。

ルノー、新経営体制を24日決定

 【パリ共同】フランス自動車大手ルノーは24日、取締役会を開き、同社の会長兼最高経営責任者(CEO)にとどまってきた日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告を交代させ、新経営体制を決める。勾留が長期化する見通しを受けての判断。巨大企業連合に君臨し、日欧の自動車業界を長年引っ張ってきた「ゴーン体制」が名実共に終焉を迎える。