エディション:
日本

主要ニュース(共同通信)

神鋼担当者4人、地検は不起訴へ

 神戸製鋼所の製品データ改ざん事件で、警視庁が不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、法人としての同社と工場の担当者4人を17日中にも書類送検する方針を固めたことが、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、法人としての神鋼を起訴し、4人は不起訴処分とする見通し。

ハワイ火山溶岩、観光ボート直撃

 【ホノルル共同】米ハワイ州ハワイ島で続くキラウエア火山の噴火で16日、噴火の様子を海から見学する観光ボートを溶岩が直撃、少なくとも観光客ら23人が負傷した。うち20代女性1人が重体。AP通信などが当局情報として報じた。

米大統領選介入の疑惑、ロに同調

 【ヘルシンキ共同】トランプ米大統領は16日、ロシアのプーチン大統領とフィンランドの首都ヘルシンキで会談後、共同記者会見し、2016年米大統領選にロシアが介入したとの疑惑を全否定するプーチン氏の立場に同調する考えを表明した。介入があったとする米中央情報局(CIA)など自国の情報機関の結論を現職の米大統領が支持しない異例の事態となった。

彫刻家の流政之さんが死去

 2001年9月の米中枢同時テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル前に設置されていた代表作「雲の砦」などで知られる彫刻家流政之(ながれ・まさゆき)さんが7日午前、老衰のため死去したことが17日、分かった。95歳。長崎市出身。

人の活動により動物が夜行性に

 狩猟やハイキングなどの人間活動によって、さまざまな哺乳類が夜間に活動するようになる現象が世界中で起きているとする研究結果を、米カリフォルニア大バークリー校のチームが17日までにまとめた。日本の北海道や栃木、長野両県にすむシカやイノシシも夜行性に追いやられていた。

東北から九州に高温注意情報

 気象庁は17日、東北南部から九州の広い範囲に高温注意情報を出して熱中症予防を呼び掛けた。各地で午前中から気温が上がっており、17日も35度以上の猛暑日になる地域が相次ぎそうだ。

日米原子力協定が自動延長

 日本に原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出し再利用することなどを認めた日米原子力協定が、発効から30年間の期限を迎え、17日に自動延長された。今後は、米国からの通告があれば一方的に破棄され再処理ができなくなる不安定な状態となる。日本が保有する大量のプルトニウムを巡り、米国側は懸念を強めており、日本の原子力政策に影響を与える可能性がある。

IMF、日本1%成長へ下方修正

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は16日、世界経済見通しを発表した。日本の2018年の成長率は1~3月期がマイナスになったことを反映し、4月時点から0・2ポイント低い1・0%に下方修正した。トランプ米政権が仕掛ける貿易紛争に関しては「世界経済を拡大軌道から逸脱させる」と危機感を示し「景気減速のリスクは増大している」と分析した。

マサ斎藤さんが死去

 1964年東京五輪にレスリング男子フリースタイルのヘビー級代表として出場し、プロレスラーのマサ斎藤として活躍した斎藤昌典(さいとう・まさのり)さんが14日午前1時5分、死去した。75歳だった。16日に健介オフィスが発表した。東京都出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は妻倫子(みちこ)さん。

猛暑続き、岐阜県で39・3度

 3連休最終日の16日も日本列島は東北から九州にかけて高気圧に覆われ、内陸を中心に各地で猛烈な暑さが続いた。岐阜県では揖斐川町や多治見市などで39度を超え、今年の最高気温を観測。群馬や愛知、京都などでは38度以上を観測する地点もあった。共同通信の集計では、熱中症とみられる症状の救急搬送は全国で2020人に上った。新潟、愛知、静岡、三重の各県で計5人が死亡。今後も厳しい暑さが続く見込みで、気象庁が熱中症に最大限の注意を呼び掛けた。