エディション:
日本

主要ニュース(共同通信)

鶏卵汚職、農水次官ら6人処分へ

 農林水産省は24日、鶏卵を巡る贈収賄事件で在宅起訴された吉川貴盛元農相と、鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループの秋田善祺元代表との会食に費用を負担せず同席し、国家公務員倫理規程に違反したとして、枝元真徹事務次官ら6人を処分する方針を固めた。25日にも処分内容を発表する。

高齢者接種4月12日にずれこみ

 菅義偉首相は24日、65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種に関し「4月5日の週に発送し、12日から接種する予定だ」と記者団に述べた。数量を限定して全国でスタートし、26日の週から本格化させる。政府は4月1日以降の開始を目指すとしていたが、後ろにずれ込む形での計画見直しとなる。高齢者数は3600万人に上るのに対し、ワクチン確保のめどは立っておらず、全体の接種計画に影響するのは必至だ。

総務省、違法接待認め11人処分

 菅義偉首相の長男・正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題で、総務省は24日、正剛氏らとの会食は利害関係者からの違法接待と認め、事務次官級の谷脇康彦総務審議官(60)ら9人を減給や戒告の懲戒処分とするなど計11人の処分を発表した。菅首相は総務審議官当時に正剛氏らから7万円超の接待を受けた山田真貴子内閣広報官(60)を厳重注意した。山田氏は給与10分の2の3カ月分に相当する額を一括で自主返納する。

スズキの鈴木修会長、6月退任へ

 スズキは24日、鈴木修会長(91)が6月開催の定時株主総会で退任すると発表した。取締役からも退き相談役となる。後任の会長は置かない。1978年の社長就任以降、40年以上経営トップを務め、インド進出やトヨタ自動車との資本提携などを推進。スズキを世界的な自動車メーカーに成長させた。

孔子廟に土地無償提供は「違憲」

 儒教の祖、孔子を祭る「孔子廟」のために那覇市が公園内の土地を無償提供したことが、憲法の政教分離の原則に違反するかどうかが争われた住民訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は24日、「市が特定の宗教を援助していると評価されてもやむを得ない」として違憲と判断した。

3~5月、全国的に暖かい春に

 気象庁は24日、3~5月の3カ月予報を発表した。全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温は北日本(北海道、東北)から西日本で高く、沖縄・奄美で平年並みか高い。降水量は沖縄・奄美は平年並みか少ない。

タイガー・ウッズ選手事故で重傷

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で23日午前7時(日本時間24日午前0時)すぎ、米男子ゴルフのタイガー・ウッズ選手(45)が運転する乗用車が横転し大破した。ロサンゼルス郡保安官事務所などによると単独事故で、ウッズ選手は両脚を複雑骨折するなどの重傷。意識はあり命に別条はないが、今後の競技への影響が懸念されている。

男女格差、日本は世界80位に

 【ワシントン共同】世界銀行は23日、経済的な権利を巡る男女格差を調査した年次報告書を公表した。職業や育児、年金など8項目の評価で日本は昨年と得点は変わらなかったが、順位は190カ国・地域のうち80位タイに低下した。他国が改善する一方で、根深い差別解消に向けた取り組みが進んでいないことが浮き彫りになった。

総務相、接待問題の調査を継続

 菅義偉首相の長男の菅正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題を巡り、武田良太総務相は24日午前の記者会見で、便宜供与など同省幹部による不正がなかったかどうか引き続き調べる意向を示した。国家公務員倫理規程に関する調査は終了し、同日午後、接待を受けた幹部ら13人のうち11人の処分を発表する。当時総務審議官だった山田真貴子・現内閣広報官は「責任を痛感している」と述べた。野党は衆院予算委員会理事会で、山田氏を25日に参考人として招致するよう与党に要求した。