エディション:
日本

主要ニュース(共同通信)

革新機構、社長ら9取締役辞任へ

 官民ファンド、産業革新投資機構の田中正明社長や坂根正弘取締役会議長(コマツ相談役)ら民間出身の取締役9人全員が辞任する意向を固めたことが9日、分かった。所管する経済産業省と田中氏が報酬水準や国による機構の投資判断への関与を巡り対立し、関係修復が不可能と判断したとみられる。田中氏が10日に記者会見する方針だ。

「邪悪との闘いの始まり」

 【オスロ共同】紛争下の性暴力根絶に取り組み、今年のノーベル平和賞に決まったコンゴ(旧ザイール)の産婦人科医デニ・ムクウェゲ氏(63)とイラク人女性ナディア・ムラド氏(25)が9日、ノルウェーの首都オスロで10日の授賞式を前に記者会見した。2人は国際社会が性暴力根絶への責任を自覚し「行動する必要がある」と述べ、被害者救済や加害者処罰に取り組むよう訴えた。

天皇杯、浦和が12大会ぶりV

 サッカー日本一を決める第98回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)最終日は9日、埼玉スタジアムで決勝が行われ、浦和が仙台を1―0で下し、12大会ぶり7度目の優勝を決めた。賞金1億5千万円を手にし、昨年制覇したアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権も獲得した。

セーリング銀の重由美子さん死去

1996年アトランタ五輪セーリング女子470級で銀メダルを獲得し、同競技の日本勢初のメダリストとなった重由美子(しげ・ゆみこ)さんが9日午前3時15分、佐賀県唐津市の病院で死去した。53歳。唐津市出身。日本連盟関係者らが明らかにした。親族によると、死因は乳がんという。

雅子さま55歳に、御所訪問

 皇太子妃雅子さまは9日午前、55歳の誕生日を迎え、天皇、皇后両陛下にあいさつするため皇居・御所を訪問された。半蔵門から入る際、雅子さまは車の窓を開け、沿道に集まった人たちに笑顔で手を振った。

ゴーン前会長、10日に再逮捕

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が、2018年3月期までの3年間に自らの報酬計約40億円を有価証券報告書に過少記載した疑いが強まったとして、東京地検特捜部は10日、金融商品取引法違反の疑いで、前代表取締役グレゴリー・ケリー容疑者(62)とともに再逮捕する方針だ。虚偽記載の立件総額は約90億円になる。

奄美中1自殺、不適切指導が原因

 鹿児島県奄美市で2015年11月、市立中学1年の男子生徒=当時(13)=が自殺し、経緯を調べていた市の第三者委員会は9日、担任の不適切な指導が原因だったとする調査報告書を市に提出。生徒が同級生に嫌がらせをしたと担任が誤認し、事実確認が不十分なまま指導をしたと指摘。校内の指導が担任に集中していたことを問題の背景に挙げた。

紀平梨花、デビューシーズンV

 【バンクーバー共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日は8日、バンクーバーで行われ、女子は16歳の紀平梨花が6日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の150・61点をマークし、自己ベストの合計233・12点で初出場優勝を果たした。日本勢でGPデビューシーズンでの制覇は2005年の浅田真央以来の快挙となった。

ロシアの著名人権活動家が死去

 【モスクワ共同】ロシアの著名な人権活動家で、ノーベル平和賞候補にも名前が挙がったリュドミラ・アレクセーエワさんが8日、モスクワ市内の病院で死去した。91歳。体調を崩し、入院していた。ロシアメディアが伝えた。

雅子さま「国民のため力尽くす」

 皇太子妃雅子さまは9日、55歳の誕生日を迎えられた。宮内庁東宮職を通じて発表した文書による感想では、来春の代替わり後の日々を見据え「どれほどの役に立てますか心もとない気持ち」としつつ「国民の幸せのために力を尽くしていけるよう、研さんを積みながら努めてまいりたい」と、皇后となることに向けた決意をつづった。