エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

漁船転覆で不明の7人無事

 第11管区海上保安本部(那覇)は23日、パラオ諸島沖で21日に転覆して見つかった那覇地区漁業協同組合所属のマグロはえ縄漁船「第1漁徳丸」の乗組員で行方不明になっていた日本人2人とインドネシア人5人の計7人は、全員の無事が確認されたと発表した。

森友国有地の売却額ずさんに算定

 大阪府豊中市の国有地が、ごみ撤去費用として約8億円を差し引いて学校法人「森友学園」に売却された問題で、会計検査院は22日、土地の売却額がずさんに算定され「慎重な調査検討を欠いた」とする検査結果報告を参議院に提出、公表した。ごみ処分量の推計根拠が定かでなく、実際の処分量は推計の3~7割だった可能性があるとした。

名古屋大、降圧剤研究論文撤回を

 名古屋大は22日、製薬会社「ノバルティスファーマ」の降圧剤ディオバンを使った臨床研究の論文について、データ収集の過程に問題があるなどとして、論文を撤回すべきだとする内部調査委員会の調査結果を発表した。データの改ざんは認められなかったとしている。

兵庫・姫路市、夫死亡と取り違え

 兵庫県姫路市は22日、10月に市内の男性(85)が妻=当時(81)=の死亡届を提出した際、誤って男性が死亡したと住民票に入力するミスがあったと発表した。死亡届提出直後に、職員が作成した住民異動届で男性の名前を誤記入したのが原因。

観光バス運転手を労災認定

 埼玉県久喜市の観光バス会社「夢湖観光バス」の男性運転手(44)が不安障害などの精神疾患を発症したのは、残業が月最長で181時間に及んだ長時間労働が原因として、春日部労働基準監督署が労災認定していたことが22日、分かった。認定は9日付。代理人弁護士が22日、東京都内で記者会見して明らかにした。

患者体内にスポンジ放置、埼玉

 埼玉県立がんセンター(同県伊奈町)は22日、肺がんの内視鏡手術を受けた患者3人について、術後に取り除く必要のある手術用スポンジを体内に放置するミスがあったと明らかにした。うち1人は手術で除去し、2人は対応を相談中。いずれも現時点で健康状態に問題はないという。

元阪神の一二三選手、女性乱暴か

 プロ野球阪神タイガースの元選手で、現在は独立リーグのルートインBCリーグ石川ミリオンスターズに所属する一二三慎太選手(25)が、女性に乱暴したとして強制性交の疑いで他の男2人とともに沖縄県警に逮捕されたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。今月中旬、沖縄県内で女性に性的暴行を加えた疑いが持たれている。

宮崎で韓国のプロ野球選手逮捕

 宮崎北署は22日、宮崎市で女性店員にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで、韓国プロ野球ハンファ・イーグルスの内野手、李昌烈容疑者(26)を逮捕した。李容疑者は試合や秋季キャンプのため10月から宮崎に滞在していた。容疑を否認しているという。

イオン名誉毀損訴訟、二審は減額

 国産米使用と表示した弁当への中国産米混入を巡る週刊文春の報道が名誉毀損だとして、流通大手イオンが発行元の文芸春秋に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は22日、2492万円の支払いを命じた一審東京地裁判決を変更し、賠償額を110万円に減らした。

座間9遺体、殺害手順を供述

 神奈川県座間市のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件で、殺人容疑で再逮捕された無職白石隆浩容疑者(27)が、東京都八王子市の女性の殺害状況について「箱に座らせて、首をつるした」と供述していることが22日、捜査関係者への取材で分かった。