エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

救助の消防隊員が意識不明

 23日午前11時20分ごろ、北海道上川町愛山渓で「妻が登山中に動けなくなった」と男性から119番があった。救助に向かった旭川市消防本部の消防隊員の男性(32)が現場近くで滑落し、頭を強く打って意識不明で病院に搬送された。道警旭川東署などによると、登山中に滑落した助産師河野千賀子さん(56)=江別市=が、搬送先の病院で死亡が確認された。

「はれのひ」元社長を逮捕

 成人の日を前に営業を突然取りやめた振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市、破産)が売上高を粉飾した決算書類で銀行から融資を受けたとして、神奈川県警は23日、詐欺の疑いで、同社社長だった篠崎洋一郎容疑者(55)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

地震の住宅被害5500棟に拡大

 大阪府北部地震は23日、地震発生から6日目となり、京都、大阪、兵庫、奈良の近畿4府県の住宅被害は5500棟以上に拡大した。一方、ブロック塀倒壊による女児死亡事故を受け、週末を利用して自治体が危険性の高い塀を撤去する動きが相次いだ。大阪府高槻市などには大勢のボランティアが訪れ、後片付けなどを手伝った。

カネミ油症で子世代の救済訴え

 西日本一帯で1968年に起きた食品公害「カネミ油症」で、国と患者団体、原因企業カネミ倉庫(北九州市)の三者協議が23日、福岡市で開かれた。被害が表面化してから今年で50年となり、患者団体は、子ども世代の救済や支援策拡充などを訴えた。

翁長知事「緊張緩和に逆行」

 太平洋戦争末期の沖縄戦で組織的な戦闘が終わってから73年となった「慰霊の日」の23日、沖縄県糸満市の平和祈念公園で「沖縄全戦没者追悼式」が営まれた。翁長雄志知事は平和宣言で、米朝首脳会談に言及。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設について「アジアは緊張緩和に動いており、流れに逆行する」と強く批判した。

逮捕姉、事件後にトイレ扉塗装か

 堺市で3月、練炭自殺を装い弟を殺害したとして逮捕された土木工事会社社長足立朱美容疑者(44)が、事件後に現場トイレの扉の目張りをはがして塗装し直していたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。目張りの接着剤に指紋や毛髪が残っている可能性があり、大阪府警捜査1課は、証拠隠滅を図った可能性もあるとみて調べる。

スズキの鈴木会長、三河で塾設立

 自動車メーカー、スズキ(浜松市)の鈴木修会長(88)と昨年、政界を引退した鈴木克昌元衆院議員(74)が「東三河鈴木政経塾」を設立し、愛知県豊川市で23日、初講義を開いた。地域の行政や経済などを担う人材を育成するのが目的で、大学教授らを講師に招いて、今回を含め全16回開催する予定。

1歳女児が転落死か、大阪・高槻

 23日午前9時55分ごろ、大阪府高槻市栄町のマンションで「子どもが落ちた」と近隣住民から119番があった。3階に住む平山愛梨ちゃん(1)が敷地の植え込みで倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。

ハンセン病元患者が都内で講演

 国による強制隔離政策が続いたハンセン病問題で、国が全面敗訴した国家賠償訴訟で原告だった元患者の上野正子さん(91)が23日、東京都内で講演した。療養所内での人権侵害の実態や裁判での闘いを話し「夢だった学校の先生にはなれなかったけど、語り部活動でいろいろな人と会えた。生きている限り、元気な限り伝え続けたい」と誓った。

青森67歳女性殺害9~10日か

 青森市の住宅地で1人暮らしの女性が相次いで殺害された事件で、青森署捜査本部は23日、12日に自宅で遺体が見つかった無職菊地のり子さん(67)宅のポストに、10日付朝刊以降の新聞がたまっていたと明らかにした。