エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

神木損壊疑い、不起訴

 千葉地検は27日、千葉県松戸市の神社の神木に、顔の部分にロシアのプーチン大統領の顔写真を貼り付けたわら人形を打ち付けたとして、器物損壊などの疑いで逮捕された男性(72)を不起訴処分とした。示談が成立し、神社が告訴を取り下げた。神社の代表は「奥さんと弁護士が謝罪に来た。二度としないと約束し、更生を誓うということだった」としている。

看板落下、通行人2人けが

 27日午後3時ごろ、静岡県伊東市のJR伊東駅前で、土産物店の看板が落下し、通行人にぶつかったと119番があった。地元消防によると、看板が衝突した70代の男性と、看板をよけようとして転倒した60代の女性の2人が軽傷を負った。

パワハラあったと会社側

 青森市の40代の男性社員が2018年に自殺したのはパワハラや長時間労働が原因だったとして、遺族が住宅会社「ハシモトホーム」(青森県八戸市)などに損害賠償を求めた訴訟を巡り、同社は27日までに、社内調査でパワハラ行為があったと明らかにした。全て会社の責任で、遺族に直接謝罪し「可能な限りご要望に応じたい」としている。

大阪で住民投票条例、7月請求へ

 大阪府と大阪市によるカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致計画を巡り、大阪市の市民団体が誘致の是非を問う住民投票条例制定を求めて集めた署名約21万人分のうち、少なくとも約15万6千人分が府内の各市区町村の審査で有効と判断されたことが27日、市民団体への取材で分かった。市民団体は7月中旬にも条例制定を求めて直接請求する方針。

大崎事件、弁護側が即時抗告

 鹿児島県大崎町で1979年に男性の遺体が見つかった「大崎事件」で、殺人罪などに問われ懲役10年が確定し服役した原口アヤ子さん(95)の弁護側は27日、第4次再審請求を棄却した22日の鹿児島地裁決定を不服として、福岡高裁宮崎支部に即時抗告した。共犯とされた元夫(故人)についても即時抗告した。

ナイフで複数箇所刺す

 福岡市東区の千早病院で男性医師が刺され、けがを負った事件で、医師の傷は背中など上半身の複数箇所に及んでいたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。凶器は折りたたみナイフであることも判明。殺人未遂容疑で現行犯逮捕された男は黙秘しており、県警は2人の関係性やトラブルがなかったかどうかなどの動機の他、ナイフの入手経路を調べている。

6月猛暑、栃木で39・8度

 日本列島は高気圧に覆われ、梅雨明けした関東を中心に27日も気温が上がった。全国914カ所の観測点のうち30度以上の真夏日は490カ所を超え、35度以上の猛暑日は60カ所を超えた。最高は栃木県佐野市で39・8度を観測した。

中1自殺遺族が再調査要求

 昨年2月に山形県酒田市立中1年の石沢準奈さん=当時(13)=が自殺した問題で、遺族が同市教育委員会に再調査を求める意見書を提出したことが27日、分かった。市教委の第三者委員会の報告書では、いじめの詳細が不明な上、遺族が公表を求めていない遺書を全文掲載したり、準奈さんの父親がクラブ活動の指導者に暴行したなどと誤って記載したりしていると主張している。

ウクライナ大統領が講演へ

 東洋大(東京都文京区)は27日、ウクライナのゼレンスキー大統領によるオンライン講演会を7月4日に開催すると発表した。講演後に大学生との質疑にも応じる予定。ゼレンスキー氏が日本で学ぶウクライナ人学生や日本人学生にメッセージを送りたいと希望し、駐日ウクライナ大使館を通じて開催の打診があったという。

FX詐欺、1億5千万被害

 山梨県警は27日、同県富士河口湖町の50代男性が交流サイト(SNS)で中国籍を名乗る女から外国為替証拠金取引(FX)への投資を持ちかけられ、昨年10月からの約4カ月間で計1億5402万円をだまし取られたと明らかにした。詐欺容疑で捜査している。