エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

組トップに4億円の賠償命令

 指定暴力団住吉会系組員が関わった特殊詐欺事件の被害者ら45人が、関功会長と福田晴瞭前会長らに計約7億1200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、傘下組織の組員による特殊詐欺は暴力団対策法の定める「威力を利用した資金獲得行為」に当たるとして、組トップの使用者責任を認め、計約4億6400万円の支払いを命じた。

東北新幹線、損傷は約940カ所

 JR東日本は26日、福島、宮城両県で震度6強を観測した13日の地震で東北新幹線が受けた被害をまとめ、電柱や高架橋の柱、架線の金具など計約940カ所が損傷したと発表した。福島―白石蔵王(宮城)間に集中している。

岩手日報社、「三陸再興」を発売

 3月11日の東日本大震災10年を前に、岩手日報社(盛岡市)は26日、特別報道記録集「三陸再興 いわて震災10年の歩み」を発売した。岩手県内の被災地のこれまでを写真や年表で振り返る。

元警視庁SP、傷害で無罪判決

 電車での痴漢行為を疑われて逃げる際、追い掛けてきた男性を駅の階段から転落させ大けがを負わせたとして、傷害罪に問われた元警視庁警部補の男(53)の判決で、東京地裁(吉崎佳弥裁判長)は26日、暴行を認定する根拠が不十分だとして無罪を言い渡した。被告は警視庁でSP(警護官)を務めていた。

秋田の地下道から黒煙、1人死亡

 26日午前11時15分ごろ、秋田市大町2丁目の地下道から黒煙が上がっていると119番があった。秋田中央署によると、1人が死亡した。他に巻き込まれた人はいないとみられる。

サイゼリヤ時短営業後に窃盗疑い

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、時短営業していたファミリーレストラン「サイゼリヤ」の八王子楢原店に侵入し現金約33万円を盗んだとして、警視庁捜査3課は26日までに、窃盗と建造物侵入の疑いで、昭島昭和店の店長佐藤和仁容疑者(30)=東京都日野市=を逮捕した。

取り調べ動画投稿で男起訴、高知

 名誉毀損容疑で逮捕された高知市の無職男が、高知地検の取り調べを受けた際の様子を録音・録画したデータを、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿したとして、地検が刑事訴訟法違反(開示証拠の目的外使用)の罪で起訴していたことが26日、地検への取材で分かった。

那須雪崩、遺族と県が合同追悼式

 栃木県那須町で2017年、登山講習中の県立大田原高山岳部員ら8人が死亡した雪崩事故発生から4年となる3月、遺族と県が初めて合同の追悼式を開くことが26日、関係者への取材で分かった。

電車飛び込み3人死傷、神戸元町

 26日午前8時半ごろ、神戸市中央区のJR東海道線(神戸線)元町駅で、男性がホームから線路に飛び込み、通過中の野洲発姫路行き新快速電車に衝突した。生田署によると、男性は電車の正面から運転室を突き破り死亡。乗客2人が巻き込まれて重軽傷を負った。

JRA、調教助手らに追加調査

 日本中央競馬会(JRA)の調教助手や厩務員が新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、申請や受給を認めた調教助手らに日本調教師会が再びアンケート用紙を配り、申請の経緯を尋ねる追加調査を始めたことが26日、競馬関係者への取材で分かった。