エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

山崩れで不明者6人全員死亡確認

 大分県は23日、同県中津市耶馬渓町金吉の山崩れ現場で22日深夜見つかった人体の一部とみられるものは、最後の安否不明者である江渕めぐみさん(52)の遺体と確認したと明らかにした。これにより土砂に巻き込まれた6人全員の死亡が確認された。

両陛下、スウェーデン国王と鑑賞

 天皇、皇后両陛下は23日、東京都千代田区のJPタワー学術文化総合ミュージアムを訪れ、来日したスウェーデンのカール16世グスタフ国王夫妻と共に、日本とスウェーデンの外交関係樹立150周年の記念特別展示を鑑賞された。

亀岡登校事故6年で追悼、京都

 京都府亀岡市で2012年、集団登校中の児童らの列に車が突っ込み、3人が死亡、7人が重軽傷を負った事故は23日、発生から6年になり、現場の通学路では、遺族ら約30人が発生時間の午前8時ごろに献花して手を合わせ、犠牲者を追悼した。

辺野古の護岸着工1年で抗議集会

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古のキャンプ・シュワブのゲート前で23日、移設反対派の市民らが抗議集会を開いた。政府が辺野古沿岸部で進める護岸造成が25日で着工から1年を迎えるのを踏まえた活動で、28日まで連続6日間開催する予定だ。

緊急着陸の米軍ヘリが熊本離陸

 熊本空港(熊本県益城町など)に緊急着陸した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のUH1多用途ヘリコプターとAH1攻撃ヘリの計2機が23日、空港に隣接する陸上自衛隊高遊原分屯地を離陸し、同飛行場に向かった。防衛省九州防衛局が確認した。

特殊詐欺被害防止で会議、警視庁

 おれおれ詐欺などの特殊詐欺の被害を防ぐため、警視庁は23日、本部や各警察署の幹部を集めた会議を開いた。金融機関と連携した防止策などを推進するほか、暴力団や少年など多様化する詐欺グループの撲滅に向け、各部署による情報共有の強化を確認。

不妊治療死亡、書類送検へ

 不妊治療で誤った処置をし女性を死亡させたとして、福岡県警が業務上過失致死の疑いで北九州市の「セントマザー産婦人科医院」の院長ら医師3人を書類送検する方針を固めたことが23日、分かった。捜査関係者が明らかにした。不妊治療の術後に患者が死亡する例は珍しい。

大分、体の一部か新たに発見

 大分県中津市耶馬渓町金吉の山崩れ現場で22日夜、体の一部とみられるものが見つかった。県は、土砂に巻き込まれた民家の住民で、依然安否不明となっている江渕めぐみさん(52)の可能性があるとみて、収容と捜索を急ぐ。これまでに男女5人の死亡が確認されている。

大分駅で最終列車到着前に施錠

 JR大分駅(大分市)で22日未明、最終の臨時特急列車が到着する前に駅の営業を終了し、駅出入り口を施錠するミスがあったことが23日、分かった。JR九州大分支社によると、臨時便運行の情報がきちんと引き継がれていなかったのが原因という。乗客216人は駅ビルの警備員が気付いて誘導した。

福島の農産物輸出量が過去最高に

 福島県は23日、2017年度の県産農産物の輸出量が約210トンになり、過去最高を記録したと発表した。10年度に約153トンを記録した後、東日本大震災の影響で低迷していたが、東南アジア向けのコメや果物の輸出が大きく伸びた。