エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

ホテル室内で24歳女性死亡

 3日午前1時35分ごろ、東京都府中市寿町のホテルで、従業員から「宿泊客と連絡が取れない」と110番があった。警察官が駆け付けると、室内で女性が首付近から血を流して倒れており、その場で死亡が確認された。警視庁捜査1課は逃走したとみられる50代男の身柄を府中市内で確保し、殺人容疑で事情聴取。容疑が固まり次第、逮捕する。

知床事故、斜里町で追悼式開催へ

 北海道・知床半島沖の観光船「KAZU 1(カズワン)」沈没事故で、斜里町などが発生1年となる4月23日に追悼式の開催を検討していることが3日、同町への取材で分かった。国土交通省を通じ、近く乗客家族の意向を確認する。

北陸新幹線で最大65分遅れ

 3日午前6時20分ごろ、北陸新幹線金沢駅の線路脇にある作業員用の扉が開いているのが見つかり、北陸新幹線は金沢―富山間を走る「つるぎ」の上下2本が徐行運転をした。JR西日本金沢支社によると、この2本を含む上下計7本が最大65分遅れ、約1050人に影響した。

卒業式「マスクなし」政府検討

 新型コロナウイルス対策のマスクを巡り、政府が今春の小中高校などの卒業式や入学式では「着用を推奨しない」として外すことを可能とする案を検討していることが3日、関係者への取材で分かった。卒業式シーズンが迫っていることから、専門家の意見を聞き、今月の早い時期に結論を出す方針。

店名公表訴訟、原告が控訴

 新型コロナウイルス感染者が立ち寄ったとして徳島県がラーメン店の店舗名を公表した措置の妥当性が争われた訴訟で、原告となった同県藍住町のラーメン店「王王軒本店」の経営会社側は3日、公表を適法と判断、原告の請求を棄却した徳島地裁判決を不服として控訴した。高松高裁で審理される。

遺体安置室侵入の罪で有罪

 女性の遺体の胸などを触る目的で勤務していた葬儀場の安置室に侵入するなどしたとして、建造物侵入罪などに問われた東京都墨田区の無職篠塚貴彦被告(42)に対し、東京地裁は3日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。1月の初公判で起訴内容を認め、侵入時の様子を撮影したと説明し「スリルを味わっていた」と話していた。

木村花さん母の名誉を毀損か

 交流サイト(SNS)で誹謗中傷されて自殺したプロレスラー木村花さん=当時(22)=の母響子さん(45)の名誉を傷つけたとして、警視庁杉並署は3日、名誉毀損の疑いで、愛知県の40代男性を書類送検した。

最優秀賞に広島・福山市の3年生

 法務省は3日、第41回全国中学生人権作文コンテストの入賞作品を発表した。最優秀の内閣総理大臣賞には、広島県福山市の盈進学園盈進中3年松葉悠乃さんの「『大きく息を吸い込む世界へ』」が選ばれた。

男の自宅からハードディスク押収

 東京都八王子市の東京都立大南大沢キャンパスで昨年11月、教授の社会学者宮台真司さん(63)が襲われた事件で、警視庁捜査1課が容疑者とみられる死亡した無職の男(41)の自宅からハードディスク(HD)を押収したことが3日、捜査関係者への取材で分かった。動機や接点は明らかになっておらず、宮台さんや事件に関するデータが残っていないかどうか調べる。

キム「家の地下に金がある」

 関東を中心に各地で相次ぐ広域強盗事件で「ルフィ」と共に指示役とされる「キム」が、東京都狛江市の住宅で住人の大塩衣与さん(90)が殺害された強盗殺人事件の前に金額を明示して「地下に金がある」と実行役らに犯行を指示していたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。匿名性の高い通信アプリ「テレグラム」で「老人を殴れるか」と暴行を指示するかのようなメッセージも送っていた。