エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

世界温泉地サミットが宣言発表

 名湯を抱える17カ国の自治体や施設関係者ら計約千人が参加し、温泉を活用した地域発展を探る大分県別府市で開催中の「世界温泉地サミット」は26日午後、会合の議論を踏まえ、各温泉地の世界的なネットワークとデータベースを構築し、温泉の発展に貢献していくとのサミット宣言を発表した。

土砂災害被災地の祭り復活、広島

 2014年8月の土砂災害で大きな被害が出た広島市安佐北区の高松山で、被災以降途切れていた伝統的な地域の行事「大文字まつり」が26日、復活し、山頂付近に「大」の形に並んだ電球が4年ぶりにともされた。地元保存会の米田正則理事(61)は「復興のシンボルにしたい」と意気込む。

新潟でビルに刃物男、男性けが

 26日午後6時5分ごろ、新潟市中央区の新潟交通バスセンタービル2階で「男性が刺された」と110番があった。男子トイレで20代男性が、包丁を持った男ともみ合いになり、顔や手などに軽傷を負った。男性が包丁を取り上げ、男は現場から逃走した。新潟県警が傷害容疑で行方を追っている。

国連、措置入院事案で補償求める

 国連の恣意的拘禁作業部会が4月、統合失調症の首都圏の男性が昨年、強制的な「措置入院」とされた件について、男性に補償するよう政府に求める意見を採択していたことが26日、分かった。手続き面で法的根拠を欠き、障害者差別にも当たるとしている。男性を支援する団体「精神医療国連個人通報センター」が明らかにした。

コースターがパンクで停止、山梨

 26日午後2時40分ごろ、山梨県富士吉田市の「富士急ハイランド」で、ジェットコースター「ド・ドドンパ」が走行中にタイヤがパンクして停止した。乗客8人は午後3時までに係員の誘導で降車し、けがはなかった。

厚労相、ロボ活用の介護現場視察

 加藤勝信厚生労働相は26日、介護ロボットや情報通信技術(ICT)を先進的に活用する東京都大田区の特別養護老人ホーム(特養)「フロース東糀谷」を視察した。加藤氏は視察後「良いタイミングで介助されることで入所者の生活の質も上がる」と述べ、効果に期待するとともに、活用推進に取り組む姿勢を示した。

復興願い、熊本で特別運行

 2016年の熊本地震で大きな被害の出た熊本県の人々を元気づけ復興を支援しようと、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された北九州市の「戸畑祇園大山笠」の特別運行が26日、熊本市中心部で行われた。商店街に、威勢のいい「ヨイトサ」の掛け声と太鼓の音が響いた。

学費、年収380万まで段階支援

 安倍政権が人づくり革命の目玉施策の一つとして掲げる大学など高等教育の無償化について、政府が年収380万円未満の世帯を対象に、授業料免除や給付型奨学金の支給などを実施する方針を固めたことが26日、関係者への取材で分かった。完全に無償化する年収270万円未満が目安の住民税非課税世帯に準じる世帯についても、課税所得額に応じて段階的に一部を支援する。

拉致解決求め署名活動

 米朝首脳会談の可能性が浮上していることを受け、鹿児島県の海岸で北朝鮮に拉致された市川修一さん=失踪当時(23)=の兄健一さん(73)らが26日、拉致問題の全面解決を目指して鹿児島市内で緊急の署名活動を実施し、市民らに協力を訴えた。

首相と理事長の面会否定

 学校法人「加計学園」は26日、愛媛県今治市の獣医学部新設を巡り、安倍晋三首相が2015年2月に学園の加計孝太郎理事長と面会し、計画の説明を受けたとの記載がある県の新文書について「当時の担当者が実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出し、県と市に誤った情報を与えてしまった」とするコメントを発表した。