エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

二審はテレ朝への賠償請求を棄却

 警視庁の捜査に関する報道で名誉を傷つけられたとして、宗教法人「顕正会」(本部・さいたま市)がテレビ朝日に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は26日、テレ朝に20万円の支払いを命じた一審判決を取り消し、顕正会の請求を棄却した。名誉毀損には当たらないと判断した。

関空連絡橋の道路復旧に数十億円

 台風21号の強風で流されたタンカーが衝突して破損した関西空港連絡橋の道路部分の復旧費用について、管理する西日本高速道路の酒井和広社長は26日、「数十億円規模になる」との見通しを明らかにした。

看護師殺害容疑を不起訴

 浜松市の看護師内山茉由子さん(29)が車ごと拉致され、静岡県藤枝市の山中で遺体が見つかった事件で、静岡地検は26日、内山さんに対する殺人容疑で再逮捕された名古屋市天白区の鈴木充容疑者(43)=死体遺棄や営利目的略取罪などで起訴=と、住所不定の伊藤基樹容疑者(28)=営利目的略取罪などで起訴=を不起訴処分とした。

御嶽山、負のイメージ払拭に期待

 長野、岐阜両県の御嶽山(3067メートル)は58人の死者、5人の行方不明者を出した2014年9月の噴火から27日で4年。山頂へ通じる登山道の26日の規制解除は、なお観光客の足が遠のく地元の関係者が負のイメージを払拭する材料として期待する。

台風24号接近、沖縄は大しけ

 大型で非常に強い台風24号は26日、沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。29日には勢力を保ったまま沖縄にかなり接近する見込み。27日以降、南西諸島の海は大しけになるとみられ、気象庁は雨や風、高波に警戒を呼び掛けている。台風は進路を東寄りに変えて30日ごろに列島に近づき、西日本を直撃する恐れもある。

京大、軍医へ学位授与の経緯調査

 戦時中に満州で細菌兵器の開発を進めた旧関東軍防疫給水部(731部隊)の軍医将校が書いたペストに関する論文を巡り、軍医に医学博士を授与した京都大に経緯の検証を求めた研究者のグループが26日、京都市内で記者会見し、大学から調査を実施するとの回答があったと明らかにした。

城崎被告、二審も懲役12年

 1986年にインドネシアの日米両大使館に迫撃弾が撃ち込まれた「ジャカルタ事件」で、殺人未遂などの罪に問われた日本赤軍メンバー城崎勉被告(70)の控訴審判決公判が26日、東京高裁であり、栃木力裁判長は懲役12年とした一審東京地裁判決を支持、被告の控訴を棄却した。

富士山が初冠雪

 富士山が26日、初冠雪したと甲府地方気象台が発表した。平年より4日、昨年より27日早い。富士山周辺は朝から曇りがちな天候が続いたが、約36キロ離れた山梨県側の同気象台で午後1時半ごろに職員が雲の隙間から山頂の雪を目視で確認したという。周辺を飛行していたヘリコプターからはわずかに雲からのぞいた山頂にうっすらと雪が見えた。

東京医大新学長、文科省を訪問

 女子の得点を抑制するなど入試の不正があった東京医科大で、10月1日付で女性初の学長に就任する林由起子主任教授(56)が26日、文部科学省を訪れ、「この状況で大変だと感じているが、精いっぱいやりたい」とあいさつした。同省の三浦和幸大学振興課長は「信頼回復に尽力してほしい」と応じた。

ろうそくに覚醒剤を練り込み郵送

 ろうそくに練り込んだ覚醒剤を密輸したとして、警視庁組織犯罪対策5課は26日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで、東京都豊島区東池袋、無職大内田光治容疑者(43)ら2人を逮捕した。