エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

特捜部、ドンキ前社長立件へ

 ドンキホーテホールディングス(現パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)に対する2018年の株式公開買い付け(TOB)の公表前に、自社株の購入を知人男性に不正に勧めた疑いが強まったとして、東京地検特捜部が近く、金融商品取引法違反(取引推奨)の疑いで当時現職だったドンキ前社長(57)を立件する方針を固めたことが2日、関係者への取材で分かった。

鳥インフル、都城でも確認

 宮崎県は3日未明、都城市高崎町の養鶏場で鳥インフルエンザの感染を確認したと発表した。県内で今年3例目。これまでに確認された日向市・都農町とは離れており、県内の広域に感染が拡大しつつある。また、国の検査で、日向市で検出されたウイルスがH5N8型の高病原性だったことが判明した。養鶏場では香川、福岡、兵庫に続き今年4県目。

笹子事故から8年で遺族ら献花

 2012年に9人が死亡、3人が重軽傷を負った中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の天井板崩落事故は2日、発生から8年となった。事故が起きた午前8時すぎ、遺族らがトンネルの東京側に設置された慰霊碑に献花、黙とうした。

福井・大飯原発訴訟、4日判決

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の耐震性を巡り、安全審査基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は誤りだとして、福井など11府県の住民ら約130人が国に対し、原子炉設置変更許可の取り消しを求めた訴訟で大阪地裁(森鍵一裁判長)は4日、判決を言い渡す。

国際ロマンス詐欺疑いで逮捕

 三重県警熊野署は2日、会員制交流サイト(SNS)で米国軍人を名乗り、熊野市の50代女性から現金約75万円をだまし取ったとして、東京都足立区、会社役員上運天英盛容疑者(42)を逮捕した。恋愛感情を抱かせて現金をだまし取る「国際ロマンス詐欺」の手口とみられる。

国立印刷局職員2人を逮捕

 新型コロナウイルス対策で国が個人事業主らに支給する持続化給付金計200万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は2日、詐欺容疑で国立印刷局の大保勇也容疑者(21)=埼玉県川口市、椎葉崚容疑者(20)=東京都北区=の職員2人を逮捕した。

大臣室で500万円受領か

 鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)グループの元代表(87)の現金提供疑惑で、吉川貴盛衆院議員(70)=自民=が農相在任中、大臣室で3回にわたり、計500万円を受け取っていた疑いがあることが2日、関係者への取材で分かった。元代表は、鶏卵業界に有利な政策実現のため農水族議員らに働き掛けを続けており、東京地検特捜部が経緯の解明を進めているもようだ。

類似の青汁商品、販売中止

 「大麦若葉」を主原料にした青汁商品の名称やパッケージが類似しており商標権を侵害しているとして、製薬会社「山本漢方製薬」(愛知県小牧市)が、健康食品販売会社「ユーワ」(東京)に販売差し止めを求めた訴訟が、名古屋地裁(角谷昌毅裁判長)で和解したことが2日、分かった。ユーワが販売を中止する内容。11月27日付。

市長が有権者にハム贈る

 福島県田村市の本田仁一市長(58)が中元や歳暮として、市内の有権者にハムやソーセージの詰め合わせを贈っていたことが2日、関係者への取材で分かった。記者会見した市長は贈答への返礼品で「許される範囲」との認識を示したが、福島県選挙管理委員会は「公選法は選挙区内へのいかなる寄付も禁じており、返礼品でも法律に触れる恐れがある」としている。

帯広空港、訓練機が滑走路逸脱

 2日午後2時20分ごろ、北海道帯広市の帯広空港で、航空大学校帯広分校の教官と20代の学生3人の計4人が乗った訓練機が着陸した際に滑走路を外れた。けが人はなかった。滑走路が一時閉鎖になった。