エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

東京家裁で女性刺され死亡

 20日午後3時20分ごろ、東京都千代田区霞が関1の1の2、東京家裁の1階玄関付近で「女性が刺された」と110番があった。家裁を訪れたウィルソン香子さん(31)=埼玉県所沢市=が、別居中の夫で職業不詳の米国籍の男(32)に刃物で首を刺され、搬送先の病院で死亡した。男は近くの日比谷公園に逃走。丸の内署員が殺人未遂容疑で男を現行犯逮捕した。

茨城中3自殺、いじめと指導要因

 2015年11月に茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、県の調査委員会は20日、同級生によるいじめとの因果関係を認めた上で「いじめと担任教諭の指導が、一体的に補完し合いながら心理的に追い詰めた」とする報告書を公表。いじめ防止対策推進法に基づく調査委の設置を怠った取手市教育委員会の対応を「違法」と指摘した。

バス事故、運転手は「失神」か

 横浜市の国道で昨年10月、路線バスが乗用車に追突し、乗客の高校生ら7人が死傷した事故で、バスの男性運転手(50)が自律神経系のバランスを崩して失神し、事故を起こした可能性が高いことが20日、捜査関係者への取材で分かった。

南米で拘束の邦人、九州大職員か

 九州大は20日、南米エクアドルでクモやサソリなどの野生生物の標本を違法に国外へ持ち出そうとしたとして現地で拘束された日本人が、出先機関に勤務する20代男性職員の可能性が高いことを明らかにした。大学側は情報収集を進めている。

消費増税分2億払わず

 飲料の自動販売機大手ジャパンビバレッジホールディングスが、2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられた後も、自販機を設置している取引先への販売手数料を据え置いたのは、消費税転嫁法違反(買いたたき)に当たるとして、公正取引委員会は20日、再発防止を勧告した。中小企業庁が8日に措置請求をしていた。

大熊町、月内にも避難解除日決定

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県大熊町は20日、一部地域の避難指示を解除する4月前半の日程について政府と最終調整に入った。協議の上、政府が最終判断し、今月中にも解除日が決まる見通し。

福島の津波、22・4m想定

 福島県は20日、県沿岸で想定される最大級の津波を試算した結果、高さは22・4m、浸水面積は計約142平方kmとなると発表した。東日本大震災時の浸水面積計約112平方kmを超えており、被害が予想される自治体は今後、防災計画やハザードマップの作成に活用する。

震災で転校、1万3千人

 文部科学省は20日、東日本大震災の影響で以前の居住地から別の地域の学校に転校した小中高校生が2018年5月1日時点で、17年より2249人減の1万3065人となったと発表した。

強制不妊訴訟、全国初の結審

 旧優生保護法(1948~96年)下で知的障害を理由に不妊手術を強制された宮城県の女性2人が国に損害賠償を求めた訴訟は20日、仙台地裁(中島基至裁判長)で結審した。判決は5月28日。全国7地裁に起こされた一連の訴訟で結審するのは初めて。司法判断が注目される。

和牛受精卵の流出元を逮捕

 和牛の受精卵と精液が中国に不正に持ち出された事件で、大阪府警は20日、家畜伝染病予防法違反などの疑いで、受精卵などの流出元とされる徳島県吉野川市、牧場経営松平哲幸容疑者(70)を新たに逮捕した。