エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

アイドル女性の住所特定男に実刑

 アイドル活動をする女性が会員制交流サイト(SNS)に投稿した写真から住所を特定し、わいせつな行為をしてけがをさせたとして、強制わいせつ致傷罪などに問われた無職佐藤響被告(27)=さいたま市北区=に、東京地裁は26日、懲役2年6月(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。被告は女性の熱烈なファンだったという。

ハンセン病特別法廷「違憲疑い」

 ハンセン病患者とされた男性が特別法廷で死刑となり執行された「菊池事件」を巡り、検察が再審請求しないのは違法だとして、他の元患者6人が国に損害賠償を求めた訴訟の判決で、熊本地裁(小野寺優子裁判長)は26日、特別法廷に「憲法違反の疑いがある」との判断を示した。賠償請求は棄却した。

やじ排除に法的根拠と北海道警

 昨年7月の参院選期間中、札幌市で行われた安倍晋三首相の街頭演説中にやじを飛ばした聴衆が北海道警の警察官に排除された問題を巡り、道警は26日、道議会総務委員会に当時の対応やその法的根拠など調査結果を提出した。道警は対応に問題はなかったとの立場で、警察官職務執行法や警察法が法的根拠とした。

夫婦別姓訴訟、二審も原告側敗訴

 日本人同士の結婚で夫婦別姓を選択できる規定が戸籍法にないのは憲法違反だとして、ソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京)の青野慶久社長らが国に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(小川秀樹裁判長)は26日、合憲と判断して請求を退けた一審東京地裁判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。

6年前の殺人疑い、服役中男逮捕

 新潟県新発田市で2014年、女性会社員=当時(20)=の遺体が見つかった事件で、新潟県警は26日、殺人容疑で、岐阜刑務所に服役中の喜納尚吾容疑者(36)を逮捕した。喜納容疑者は別の強姦致死罪で無期懲役が確定している。

虐待死、心愛さん「毎日が地獄」

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=を虐待し死なせたとして、傷害致死罪などに問われた父勇一郎被告(42)の裁判員裁判公判が26日、千葉地裁(前田巌裁判長)で開かれた。心愛さんの母(33)は、2017年7月に沖縄県から千葉県に引っ越した直後の生活について心愛さんから「『毎日が地獄だった』と言われた」と証言した。

アイヌ民族男性を書類送検

 北海道警は26日までに、紋別市の河川で北海道の許可を得ずサケを捕獲したとして、道内水面漁業調整規則違反などの疑いで、アイヌ民族の畠山敏さん(78)ら2人を書類送検した。

福井で住宅火災、2人死傷

 26日午前3時5分ごろ、福井市乾徳にある住宅から出火し、木造2階建て延べ約360平方メートルを全焼した。福井署によると、焼け跡から性別不明の遺体が見つかった。60代の女性もやけどを負って病院に運ばれたが、命に別条はない。

女子高生殺害疑い書類送検、兵庫

 兵庫県加東市のアパートで昨年11月、高校2年の女子生徒(17)を絞殺したとして、県警捜査1課が殺人などの疑いで、室内で首をつり亡くなっていた派遣社員植田健太容疑者(33)を容疑者死亡のまま書類送検していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。21日付。

コンビニで女性刺され死亡、岡山

 26日午前4時55分ごろ、岡山県赤磐市穂崎のコンビニで「刃物を持った男が女性を刺している」と店員から110番があった。警察官が駆け付け、近くに住む無職小林利枝さん(50)が店内のカウンター付近で血だらけで倒れているのを発見。その後、死亡が確認された。