エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

官製談合疑いで市職員逮捕

 富山県黒部市が発注した下水管工事の予定価格を同市の土木会社側に漏らしたとして、県警捜査2課は17日、官製談合防止法違反の疑いで同市上下水道工務課主任の森山恵太容疑者(33)=同市荻生=を逮捕した。公競売入札妨害容疑で同社役員九里寿光容疑者(49)=同県朝日町=と同社社員の室山守容疑者(49)=同市植木=も逮捕した。

川崎で発砲、2人けが

 17日午後8時25分ごろ、川崎市川崎区大島2丁目の路上で「拳銃が発砲され、けが人がいる」と110番があった。川崎署によると、50代の男性と40代の女性がけがをし、男性は首の左側を撃たれていた。2人とも意識はあり、署は殺人未遂容疑で発砲した男の行方を追っている。

米軍F15戦闘機が火炎弾放出

 米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の第18航空団は17日、同基地所属のF15戦闘機2機が15日に対空ミサイルの命中を防ぐために発射する火炎弾「フレア」を放出したと明らかにした。共同通信の取材に回答した。

阪神大震災、共に悼み未来へ

 6434人が亡くなった阪神大震災から24年となった17日、兵庫県内各地では午後も追悼行事が続き、東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨の被災地からも多くの人が訪れて犠牲者を悼んだ。共に支え合い、復興へ向かうことを誓った。

原宿の車暴走、容疑者を鑑定留置

 東京都渋谷区の原宿・竹下通りで元日未明、暴走した軽乗用車が8人をはねた事件で、東京地検は17日までに、殺人未遂容疑で逮捕された日下部和博容疑者(21)=大阪府寝屋川市=の刑事責任能力を調べるため鑑定留置を東京地裁に請求し、認められた。15日付。期間は16日から数カ月とみられる。

巡査部長が飲酒運転疑い、山形

 山形県警は17日、スナックなど計4軒をはしごしハイボールのジョッキ約10杯を飲んだ後、飲酒運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、南陽署に勤務する20代の巡査部長を書類送検し、停職3カ月の懲戒処分とした。巡査部長は辞職願を提出、17日付で受理された。

米軍F16から部品落下、青森

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が今月14日に県内の八甲田山上空を飛行中、部品の一部が落下していたことが17日、分かった。米軍側が同日、防衛省を通じ、県に伝えた。県は「けが人の報告はない」としている。

ゴーン被告側の準抗告棄却

 東京地裁は17日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)の保釈を認めない決定に対する弁護人の準抗告を棄却した。弁護人が同日、準抗告していた。ゴーン被告は最初の逮捕から約2カ月にわたって東京拘置所に勾留されており、さらに長期化することになった。

鹿児島・口永良部島の警戒続く

 鹿児島県・口永良部島の新岳で昨年12月以来の爆発的噴火が発生した17日、自治体や住民は午後も警戒を続けた。口永良部島のある屋久島町役場では、職員が被害情報の収集などに当たった。

旧役場解体差し止めの訴え退ける

 東日本大震災の津波で当時の町長と職員計28人が犠牲となった岩手県大槌町の旧役場庁舎の解体を巡り、保存を望む住民団体「おおづちの未来と命を考える会」の代表らが平野公三町長に対し、解体工事と公金支出の差し止めを求めた住民訴訟の判決で、盛岡地裁は17日、訴えを退けた。