エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

交番襲撃2人殺害元自衛官に無期

 富山市の交番で2018年、警察官を刺殺し、奪った拳銃で警備員を射殺したとして強盗殺人や殺人罪などに問われた元陸上自衛官島津慧大被告(24)の裁判員裁判で、富山地裁は5日、「拳銃強奪の意思は警察官殺害後に生じた疑いがある」と強盗殺人罪の成立を認めず、計画性が高いとは言えないとして無期懲役(求刑死刑)の判決を言い渡した。

「避難指示遅れ被ばく」と提訴

 東京電力福島第1原発事故で被ばくしたのは避難指示の遅れが原因などとして、福島県飯舘村から県内に避難した12~89歳の男女29人が5日、国と東電に計2億円余りの損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

親族の相談、児相が町と共有せず

 福岡県篠栗町で5歳だった男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された碇利恵容疑者(39)の親族が福岡児童相談所(春日市)に生存確認などを複数回訴えた相談を、児相が町に一度も伝えていなかったことが5日、児相や町への取材で分かった。

長崎県警の警部が情報漏えい疑い

 長崎県警は5日、職務上知り得た秘密を交際していた報道機関の男性に漏らしたとして、地方公務員法違反の疑いで、本部勤務の40代女性警部を書類送検した。同日付で停職6カ月の懲戒処分とし、警部は依願退職した。

香港逃亡し死亡の元役員を不起訴

 名古屋地検岡崎支部は5日、競馬の結果を的中させて高額配当するとうたって現金を不正に集めたとして、出資法違反容疑で書類送付された投資会社「東山倶楽部」元役員の男性を、被疑者死亡で不起訴処分とした。ICPOを通じて国際手配されていたが、2016年に逃亡先の香港で、58歳で死亡していた。

JRA調査結果、6日に公表

 日本中央競馬会(JRA)の調教助手らが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、実態調査をしていたJRAは5日、結果を農林水産省に報告した。6日午後にホームページなどで公表する。受給者は計約150人、総額は約1・5億円に上るとみられ、大半が既に返還したか、返還を希望している。

東京の拾得物、32・4%減

 2020年に警視庁に届け出があった東京都内の拾得物は約280万6千件で、前年に比べ32・4%減少したことが5日、同庁への取材で分かった。遺失届は約78万5千件で25・0%減り、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛や、商業施設などの営業時間短縮が原因とみられる。

市原市、乳児衰弱死で報告書

 千葉県市原市で昨年1月、生後10カ月の小西紗花ちゃんが衰弱死し、母親(24)が保護責任者遺棄致死罪で逮捕、起訴された事件で、市の第三者委員会は5日、「(市の対応は)決して十分なものではなかったと言わざるを得ない」とする検証報告書を市に提出した。

米軍・根岸住宅訴訟、二審も棄却

 在日米軍が管理する「根岸住宅地区」に囲まれて暮らす横浜市の佐治実さん(73)とみどりさん(69)夫婦が、日常生活に制約を受けているとして、国に約1億1500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は5日、一審横浜地裁判決に続き、請求を棄却した。

ストーカー疑い28歳女逮捕

 アイドルグループ「関ジャニ∞」のメンバー横山裕さんの男性マネジャー(26)に付きまとったとして、警視庁綾瀬署は5日までに、ストーカー規制法違反の疑いで、会社員の女(28)を逮捕した。