エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

漁船転覆で夫婦死亡、岡山

 10日午前0時50分ごろ、岡山県笠岡市白石島北方の海上で操業中の漁船から「底引き網漁船が転覆している。乗っていた2人は見当たらない」と118番があった。水島海上保安部の巡視艇などが捜索したところ、現場付近で船長の奥野恵三さん(60)を、船内で妻の真美さん(58)を発見し、その後2人の死亡が確認された。

「まん延防止」決定、初の週末

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、政府が「まん延防止等重点措置」の対象に東京、京都、沖縄の3都府県の追加を決めてから最初の週末となった10日、バスターミナルや羽田空港では、利用者が旅行や用事のため各地へ向かった。関西圏で急拡大する変異株を念頭に、政府は都府県境をまたぐ移動の自粛を求めているが、利用者からは戸惑いや効果を疑問視する声も聞かれた。

リンさん思い継ぐベトナム料理店

 千葉県で2017年に殺害されたベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=同県松戸市、当時(9)=の母親グエン・ティ・グエンさん(34)が10日、松戸市内にベトナム料理店をオープンした。ベトナム料理を学び、日本の友だちに作りたいと話していたリンさんの思いを引き継ぐ。

鹿児島・悪石島で震度4

 10日午前7時7分ごろ、鹿児島県の悪石島で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地はトカラ列島近海で、震源の深さは約20キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・2と推定される。

2億円超流用か、職員解雇

 唐津信用金庫(佐賀県唐津市)は9日、融資金を私的に流用したとして、山本支店(同)の男性支店長(49)を5日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。不正は約22年間にわたり、総額2億円超に上る可能性がある。信金は刑事告訴を検討している。

「空間除菌」宣伝根拠なし

 消費者庁は9日、亜塩素酸水のスプレーを噴霧すれば空間を除菌できると宣伝して販売された「ノロウィルバルサン」「ケア・フォー ノロバリアプラス スプレー」の2製品について、宣伝に根拠がなく景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、販売会社のレック(東京)と三慶(大阪)にそれぞれ再発防止命令を出した。

秋田のスノボ署長、温泉に遊覧船

 秋田県警は9日、勤務中に女性署員と公用車でスキー場に行き、スノーボードをしていた北秋田署(北秋田市)の小松辰弥前署長(57)が、他にも公用車を私的に利用して温泉地を訪れたり遊覧船に乗ったりしていたと発表した。同日付で停職3カ月の懲戒処分にした。前署長は自ら希望し警視から警部に降格した。

眞子さま「理解してくだされば」

 秋篠宮家の長女眞子さまと婚約が内定している小室圭さんが公表した家族の金銭問題を説明する文書について、宮内庁は9日、「文書を読まれていろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃればありがたい」との眞子さまのコメントを明らかにした。

元警部、自宅に証拠の覚醒剤放置

 埼玉県警は9日、捜査で扱った覚醒剤を自宅に放置したとして、覚醒剤取締法違反(所持)などの疑いで、東入間署の元警部の男性(60)を書類送検した。覚醒剤を含む証拠品や捜査書類など計2389点が自宅や自家用車内で見つかり、元警部は「処分や整理が面倒で持ち帰った」と説明。定年退職した3月31日付で停職6カ月の懲戒処分を受けた。

「拳銃で自殺したかった」と少年

 大阪府東大阪市の交番で3月、警察官に刃物を突き付け拳銃を奪おうとしたとして、強盗殺人未遂などの疑いで逮捕された少年(18)が「自殺するために拳銃を奪おうとした」と供述していることが9日、分かった。捜査関係者によると、大阪地検は同日「保護処分相当」の意見を付け、強盗未遂や殺人予備などの疑いで少年を家裁送致した。