エディション:
日本

国内政治ニュース(共同通信)

米軍は良き隣人でないと沖縄知事

 沖縄県の翁長雄志知事は19日、衆院安全保障委員会の与野党メンバーと県庁で会談した。米軍ヘリコプター3機が18日に宜野湾市の市立普天間第二小学校の上空を飛行した問題に触れ「事件事故を(真剣に)取り合っているように見えない。米軍は良き隣人ではない」と訴えた。米海兵隊が上空飛行の事実を否定している点も問題視した。

立民、参院国対委員長に蓮舫氏

 立憲民主党の枝野幸男代表は19日、参院国対委員長に蓮舫元民進党代表を充てると発表した。狙いについて「われわれの主張を国会で示し、行政を監視することを考えたときに一番突破力、発信力がある」と国会内で記者団に説明した。

米ヘリ窓落下の小学校を視察

 衆院安全保障委員会のメンバーは19日、米軍大型輸送ヘリコプターの窓落下事故があった沖縄県宜野湾市立普天間第二小を視察した。相次ぐ米軍機トラブルを受け、22日召集の通常国会を前に事態の把握に努める考えだ。視察後、県庁で翁長雄志知事と会談する。

小野寺防衛相、米軍飛行に抗議

 小野寺五典防衛相は19日の記者会見で、米軍ヘリコプター3機が18日に沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小の上空を飛行した問題に関し「米側は私どもが求める飛行をしていない」と抗議の意思を表明した。同時に「最大限可能な限り(上空の飛行を)避ける」とした日米合意を順守するよう米側へ引き続き求める考えを強調した。沖縄県の反発と懸念が強まっており、政府は対応を迫られている。

沖縄知事、3月に訪米へ

 沖縄県の翁長雄志知事は19日の記者会見で、米首都ワシントンを3月に訪問する意向を示した。日米両政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する考えを、米側に直接伝えるのが目的。

米軍ヘリ、沖縄の小学校上空飛行

 防衛省は18日、沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小の上空を米軍ヘリコプター3機が同日午後に飛行したことを確認したと発表した。同小の運動場では昨年12月に米軍大型ヘリが窓を落下させる事故を起こし、日米は学校上空を「最大限可能な限り避ける」と合意。政府が同小上空での飛行を確認したのは事故後初めて。

日豪首脳、安保協力強化で一致

 安倍晋三首相は18日午後、オーストラリアのターンブル首相と官邸で会談し、北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の海洋進出をにらみ、安全保障や防衛協力を強化することで一致した。安倍首相の外交指針「自由で開かれたインド太平洋戦略」の推進に向けた連携も確認。自衛隊とオーストラリア軍が相手国内で共同演習を円滑に実施するため、双方の隊員の法的地位を定める新協定について、交渉の加速と早期妥結を申し合わせた。

首相の五輪出席の是非に温度差

 2月9日に開かれる韓国・平昌五輪開会式への安倍晋三首相出席の是非を巡り、政府、与党の温度差が目立っている。慰安婦問題への韓国政府の新方針を受け、日本政府内に慎重論が拡大。一方で自民、公明両党からは前向きな意見が相次ぐ。首相は情勢を見極めて直前に判断する構えだ。

大仁田厚氏が市長選出馬へ

 元プロレスラーで参院議員も務めた大仁田厚氏(60)が18日、佐賀市で記者会見し、4月の任期満了に伴う佐賀県神埼市長選に無所属で出馬すると正式表明した。「市民の声を重視し、透明性のある分かりやすい市政を目指したい」と語った。

山口知事選、新人と現職一騎打ち

 18日告示された山口県知事選は同日午後5時で届け出が締め切られ、新人の元県教職員組合委員長熊野譲氏(64)=共産、社民推薦=と、再選を目指す現職村岡嗣政氏(45)=自民、公明推薦=の無所属2人の一騎打ちとなることが確定した。投開票は2月4日。