エディション:
日本

国内政治ニュース(共同通信)

自民、参院長野に小松元衆院議員

 自民党長野県連は23日、長野市内で会合を開き、4月の参院長野選挙区補欠選挙に新人の小松裕元衆院議員(59)を擁立すると決めた。近く党本部に申請する。

日本、韓国に強く是正要求

 茂木敏充外相は23日、元慰安婦への賠償を日本政府に命じた韓国のソウル中央地裁判決の確定について「国際法に反する。極めて遺憾で、断じて受け入れられない」との談話を発表した。韓国に「国家として自らの責任で、直ちに国際法違反を是正する措置を講ずることを強く求める」とした。

特例措置、宣言解除翌月まで延長

 政府は22日、休業手当の一部を補填する雇用調整助成金の上限額引き上げなどの特例措置を現在の2月末から、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国で解除された月の翌月末まで再延長すると発表した。同日開かれた政府の対策本部で菅義偉首相が明らかにした。暫定的な期限は3月末までで、宣言再発令を踏まえた措置。

政府、コロナ特措法案を提出

 政府は22日、罰則を盛り込んだ新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案を閣議決定し、国会に提出した。与野党は週明けにも修正協議に入る。野党は私権制限強化だと批判し、入院を拒否した感染者への懲役刑撤廃を要求。営業時間短縮の命令を拒んだ事業者への過料見直しも主張した。与党は2月初旬の改正案成立を最優先し、柔軟に対応する構えだ。

自民・石原元幹事長が感染

 自民党の石原伸晃元幹事長(63)が新型コロナウイルスに感染した。石原氏の事務所が22日、発表した。石原氏は21日に石原派に所属する坂本哲志地方創生担当相、野田毅元自治相と昼食を取っていた。坂本、野田両氏が濃厚接触者に当たるかどうかは確認できていないという。国会議員の感染確認は9人目。

吉村大阪知事も五輪再延期に言及

 吉村洋文大阪府知事(日本維新の会副代表)は22日、朝日放送テレビの番組で、今夏の東京五輪・パラリンピックについて「中止は避けてほしい。延期が現実的だと思う」と述べた。パリ五輪が予定される2024年への再延期が望ましいとし「順送りできないか(国際オリンピック委員会との)交渉は必要」と主張した。

首相、交付金支給の遅れ認める

 菅義偉首相は22日午後の参院本会議の代表質問で、新型コロナウイルス感染者を受け入れる医療機関を対象とした交付金の支給に滞りがあったと認めた。支給が遅れているとの指摘に「執行にかなりの時間を要したのは問題だ」と語った。申請のあった約1兆4千億円分のうち、支払われたのは昨年末までで約1兆1千億円だと説明した。

「超過勤務の縮減を」75%

 人事院は22日、中央官庁の幹部候補として採用した新人国家公務員へのアンケート結果を公表した。どのような取り組みをすれば優秀な人材の獲得につながるかを複数回答で聞いたところ「超過勤務や深夜勤務の縮減」が75・1%で最多だった。霞が関の働き方に対する問題意識の強さが浮かんだ形だ。

新型コロナ特措法案を閣議決定

 政府は22日午前の閣議で、新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案を決定した。営業時間短縮の命令を拒否した事業者や、入院を拒否した者への罰則を盛り込んだ。政府、与党は野党との連絡協議会を昼に開いた。改正案の詳細の説明を経て、与野党は週明けにも修正協議に入る。野党が批判する懲役刑導入の是非が焦点だ。

首相、ワクチン接種へ説明尽くす

 菅義偉首相は22日の参院本会議の代表質問で、新型コロナウイルスのワクチン接種体制整備に向け、国民への説明を尽くす姿勢を強調した。「地方自治体とも連携し、手順や優先順位も国民に分かりやすく説明しながら準備する」と述べた。静岡県で確認された変異種については、感染拡大は確認されていないとした上で「感染者の遺伝子解析を進める」と語った。