エディション:
日本

国内政治ニュース(共同通信)

クールジャパン特区新設を

 自民党の経済構造改革に関する特命委員会(委員長・岸田文雄政調会長)は21日、企業の経営効率を高めるための「生産性革命推進戦略」案をまとめた。海外で人気の日本文化「クールジャパン」を地方の活性化につなげる国家戦略特区の創設や、車の完全自動走行の実用化を盛り込んだ。

天皇退位、19年3月か4月

 政府は、天皇陛下の退位日決定の前提となる皇室会議を12月1日に開く方針を固めた。関係者が21日、明らかにした。政府内では、天皇陛下が2019年3月31日に退位し、皇太子さまが4月1日に新天皇として即位するとした日程に加え、新たに4月30日に退位、5月1日に即位する案も出ている。皇室会議の意見を踏まえて最終決定する。安倍晋三首相は21日午後、天皇陛下に皇居で内奏した。皇室会議の日程を報告したもようだ。

「自画撮り」要求に罰金、東京都

 中高生らが自分の裸を「自画撮り」してメールなどで他人に送ってしまい、画像が悪用される被害を防ぐため、東京都が18歳未満の子どもに画像を送るよう求める行為を禁止して罰金を科す都青少年健全育成条例改正案を、12月1日開会の都議会定例会に提出することが21日、分かった。

首相、保育士の処遇改善を表明

 安倍晋三首相は21日、衆院本会議の代表質問で、人手不足が深刻化している保育士や幼稚園教諭の処遇改善に取り組む考えを表明した。首相が衆院解散時に打ち出した幼児教育・保育の無償化より、保育士の待遇改善で待機児童解消を図るべきだとの保護者らの声を踏まえたとみられる。

アベノミクスの是非で応酬、参院

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が21日午前、参院本会議で行われ、政権の経済政策「アベノミクス」の是非などを巡り応酬した。参院で野党第1党の民進党代表に就任し初の論戦となった大塚耕平氏は、アベノミクスが実質賃金の改善につながらず、格差を拡大させていると批判し、経済政策の転換を要求。首相は「富を生み出し多くの人が経済成長を享受できる社会を実現していく。そのためにアベノミクスを続け経済の好循環を加速させる」と反論した。

自民・岸田氏が首相に注文

 自民党岸田派(宏池会)会長の岸田文雄政調会長は20日、衆院本会議での代表質問で、安倍首相に対し、低姿勢でも高姿勢でもない「正姿勢(正しい姿勢)」で臨むよう訴え、野党席から拍手が起こる一幕があった。宏池会創立者の池田勇人元首相に対する陽明学者・故安岡正篤氏の助言を引き合いに、首相の政治姿勢に注文を付けた形だ。

小池都知事、希望の党特別顧問に

 希望の党は20日の役員会で、新たなポストとして党運営や政策を助言する「特別顧問」を設けると決めた。14日に代表を辞任した小池百合子東京都知事が就く。党幹部が明らかにした。

首相、国会での改憲議論を要請

 安倍晋三首相は20日、衆院本会議で始まった代表質問で、憲法改正に関し「国会で各党による建設的な議論が行われ、国民の理解が深まることが極めて重要だ」と述べ、与野党協議の促進を要請した。森友、加計学園問題では「閉会中審査に出席するなど国会で丁寧な説明を積み重ねてきた。今後もその考え方に変わりはない」と語った。

地方自治法70年で記念式典

 自治体の運営に関するルールを定めた地方自治法の施行から70周年を記念した式典が20日、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開かれ、天皇、皇后両陛下や安倍首相、自治体関係者ら約3500人が出席した。

福島市長に木幡氏初当選

 任期満了に伴う福島市長選は19日投開票され、無所属新人で元復興庁福島復興局長の木幡浩氏(57)が、再選を目指した現職の小林香氏(58)、いずれも新人の元福島県議桜田葉子氏(60)、保育施設園長法井太閤氏(72)の無所属3人を破り、初当選した。