エディション:
日本

国内政治ニュース(共同通信)

イラク復興へ11月に東京で会議

 政府は、過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦が進むイラクの再建を後押しするため、11月に東京でイラク復興支援に関する国際会議を開く方針を固めた。欧米諸国や国際機関と協力して武器回収や職業訓練の枠組みを構築し、中東の安定化に貢献する狙い。イラクのアバディ首相にも出席を要請している。複数の政府関係者が23日、明らかにした。

新党名「希望の党」で調整

 小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員と細野豪志元環境相は、近く結成する新党の名称を「希望の党」とする方向で最終調整に入った。関係者が23日、明らかにした。若狭氏は同日放送のBS番組で、党首に関し「少なくとも国会議員がなることはほぼ決まっている」と述べた。同時に「小池氏に(党首就任を)要請したことはない」と語った。

安保分野で協力促進

 【ニューヨーク共同】河野太郎外相は訪問先の米ニューヨークで22日、韓国の康京和外相と会談した。北朝鮮への圧力強化で一致した21日の日米韓首脳会談を受け、安全保障分野での協力を促進する考えで一致した。

衆院選、各党の目玉公約そろう

 10月の衆院選に向け、主要政党の目玉公約案が22日出そろった。自民党は憲法改正や消費税財源の使途変更による教育無償化を柱に位置付ける。民進党は憲法9条に自衛隊の存在を明記する安倍晋三首相の改憲案に反対し、首相の衆院解散権を制約する改憲を主張する。与野党は憲法や消費税、解散権を巡り応酬を繰り広げそうだ。政府は臨時国会の28日召集を閣議決定した。

民進公約、子育て・教育充実前面

 民進党が策定中の衆院選公約の素案が22日判明した。子育てや教育の充実を前面に打ち出し「就学前保育・教育の無償化」を目玉に据えた。消費税率10%への引き上げ時に使途を広げ、財源に充てる。行政の透明化に向けた森友、加計学園問題の徹底追及や、約598億円の年金支給漏れ問題の真相解明も主張。安全保障法制は憲法違反だとして白紙化を要求した。党内議論を経て、25日にも最終決定する。

知事会、衆院選公約評価へ

 全国知事会は22日、衆院選に向け、地方創生の実現や災害対策の強化など10項目を各党の公約に盛り込むよう求める方針を確認した。週明けに各党へ申し入れた後、実際にどの程度採用されたか採点し、公示日までに結果を公表する。公約の採点は地方の声を反映させるのが目的で、衆院選では4回目。

小池氏、新党関与「矛盾しない」

 東京都の小池百合子知事は22日の定例記者会見で、都知事でありながら側近の若狭勝衆院議員らが結成を目指している国政新党に関与することへの見解を問われ、「矛盾するものとは考えていない。どの方法が一番いいのかは模索していきたい」と述べた。

北朝鮮の水爆「日本上空通過も」

 小野寺五典防衛相は22日の記者会見で、北朝鮮の李容浩外相が太平洋上で水爆実験を行う可能性を指摘したことに関し「水爆を運搬する手段が弾道ミサイルであれば、日本上空を通過することも否定できない」と懸念を示した。「核を小型化し、長距離もしくは中距離の弾道ミサイルで、何らかの実験をする意図も考えられる」とも語った。

政党交付金、支出13%増

 総務省は22日、2016年分の政党交付金使途等報告書を公開した。交付金を受け取らない共産党を除く当時の9政党などの支出総額は、前年比13・3%増の294億7900万円だった。16年7月に参院選が行われたことが影響し、政治活動費が大幅に増えた。

山尾志桜里氏、無所属出馬を表明

 既婚男性との交際疑惑を週刊誌に報じられ、民進党を離党した山尾志桜里元政調会長(43)=衆院愛知7区=は22日、地元の愛知県尾張旭市で支援者を集めた会合に出席し「無所属で戦うという挑戦に力を貸してほしい」と述べ、次期衆院選への出馬を表明した。