エディション:
日本

国内政治ニュース(共同通信)

京都市長選、現職と2新人届け出

 任期満了に伴う京都市長選が19日告示され、与野党5党の支援を受けて4選を目指す現職門川大作氏(69)と、元市議村山祥栄氏(41)、共産党とれいわ新選組が推薦する弁護士福山和人氏(58)の2新人の無所属3人が立候補を届け出た。投開票は2月2日。

下地幹郎氏、議員辞職せず

 衆院議員の下地幹郎元郵政民営化担当相(58)=比例九州=は18日、日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で贈賄の疑いが持たれている企業からの現金受領問題を受け、議員辞職はしない考えを表明した。後援会関係者との会合後、那覇市内で記者団に明らかにした。

共産党の政策委員長に田村智子氏

 共産党の第28回大会は18日、志位和夫委員長と小池晃書記局長を続投させる人事を決め、閉幕した。政策委員長には「桜を見る会」問題で安倍政権追及の先陣を切った田村智子参院議員が就任した。女性の政策委員長は初めて。89歳と高齢で去就が注目された不破哲三前議長は、引き続き常任幹部会委員に選ばれた。

枝野氏、合流協議打ち切り示唆

 立憲民主党の枝野幸男代表は18日、宮崎市で記者会見し、国民民主党が20日に合流方針を決めなければ、同党との協議を打ち切る可能性を重ねて示唆した。「できることは全部やったので、こちらとしては協議する中身がない。国会論戦に集中すべきだ」と述べた。

河井夫妻の「説明」に不満広がる

 昨年の参院選を巡る公選法違反容疑で広島地検に家宅捜索された自民党の河井克行前法相と妻の案里参院議員の「説明」に対し、与野党とも不満が広がっている。両氏は取材対応したものの「捜査中」を理由に、肝心の事実関係を明かさずじまいだったためだ。野党は国会の政治倫理審査会での説明を要求。与党は世論の反発を招くと懸念する。20日召集の通常国会の審議日程協議にも影響が及んでいる。

岸田氏、アベノミクス是正に言及

 自民党の岸田文雄政調会長は18日、広島市で講演し、立候補を明言する次期党総裁選を巡り、安倍政権の「アベノミクス」は中間層への分配が不十分だとして、是正の必要性に言及した。「新しい時代に向けて従来の政策のどこを是正するのか、違いを示すことによって、次の時代を担える一人として存在感を高めたい」と述べた。

領土・主権館、20日に開館式

 政府は島根県・竹島や沖縄県・尖閣諸島などに関する日本の立場を紹介する「領土・主権展示館」を東京・霞が関の民間ビルに移転させ、20日に開館式を行う。展示面積はこれまでの約7倍に拡大。北方領土に関する展示も充実させる。一般公開は21日から。

共産、野党共闘強化を決議

 共産党は18日、静岡県熱海市での第28回党大会で、次期衆院選を見据え、野党共闘の強化を柱とした大会決議と、中国の外交政策を批判する内容を盛り込んだ綱領改定を全会一致で採択した。綱領改定は2004年以来16年ぶり。志位和夫委員長や不破哲三前議長を中央委員に引き続き選出した。午後閉幕する。

内閣府、幹部6人を注意処分

 内閣府は17日、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿を「行政文書ファイル管理簿」に記載しなかった問題などで、公文書管理法違反に当たるとして、田和宏内閣府審議官ら幹部6人を厳重注意の処分としたと発表した。「桜を見る会」に絡んだ職員の処分は初めて。

菅原前経産相20日に疑惑を説明

 自民党の森山裕国対委員長は17日、公選法違反疑惑で経済産業相を辞任した同党の菅原一秀衆院議員が疑惑について、通常国会召集日の20日に取材に応じ説明すると国会内で記者団に明らかにした。これに先立ち立憲民主党の安住淳国対委員長と会談し、菅原氏の対応方針を伝達した。菅原氏も17日夕、20日午前11時から国会内で記者の取材に応じると発表した。