エディション:
日本

スポーツニュース(共同通信)

体操内村「引退実感ない」

 体操ニッポン男子のエースとして活躍し、個人総合で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪金メダリストの内村航平(33)=ジョイカル=が14日、東京都内のホテルで引退記者会見に臨み「ああ、引退するんだなという感じで、実感は今のところない。やれるならいつまでもやっていたい」と語った。3月12日に東京体育館で引退試合を予定しており「最後、全身痛い体にむちを打って、6種目やろうと思っている」と意気込んだ。

大坂なおみ、年収65億円超

 【ロサンゼルス共同】米経済誌フォーブス(電子版)は13日、女子テニスの大坂なおみ(フリー)の昨年の収入は5730万ドル(約65億3千万円)で、女性アスリート1位だったと報じた。大半の5500万ドルは、ルイ・ヴィトンなど、10以上のブランドが新たに加わった広告収入だという。

労使交渉再開も進展なし

 【ロサンゼルス共同】労使が決裂している米大リーグで機構(MLB)と選手会が13日、新労使協定の妥結に向けた交渉を再開した。AP通信が報じた。大きな進展は見られず、予定通り2月16日にキャンプを開始するのは厳しい状況になっている。

堀島と川村が2位、W杯モーグル

 【ディアバレー(米ユタ州)共同】フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は13日、米ユタ州ディアバレーでモーグル第8戦が行われ、男子は堀島行真が81・98点の2位に入り、杉本幸祐は79・02点の3位で自身初の表彰台に立った。女子は17歳の川村あんりが80・03点で2位だった。

植田直通はフル出場、チーム黒星

 サッカーのフランス2部リーグで3日、ニームの植田直通は敵地でのロデズ戦にフル出場し、0―1で敗れた。(ロデズ共同)

原口元気、後半途中出場

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグで3日、原口元気と遠藤渓太のウニオン・ベルリンは本拠地でライプチヒに2―1で競り勝った。原口は後半27分から出場し、遠藤渓はベンチ外だった。

スピードW杯、松井が初優勝

 【ソルトレークシティー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦は3日、米ソルトレークシティーで開幕し、男子500メートルは松井大和(シリウス)が34秒04で優勝した。24歳でW杯初勝利。森重航(専大)が0秒05差の2位に入った。

ズウォレ中山フル出場で引き分け

 サッカーのオランダ1部リーグで3日、ズウォレの中山雄太は1―1で引き分けた敵地のフローニンゲン戦にフル出場した。(共同)

W杯ジャンプ、高梨13位で通過

 【リレハンメル共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は3日、リレハンメルで個人第3戦(ヒルサイズ=HS98メートル)の予選が行われ、高梨沙羅(クラレ)は86・5メートルを飛び、104・0点の13位で4日(日本時間5日未明)の本戦に進んだ。高梨は「アプローチ(助走路)での進み方が、最近はうまくいっていない。冬のレールにいまひとつ乗り切れていない自分がいる」と課題を口にした。

W杯ジャンプ予選、中村は6位

 【ビスワ(ポーランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は3日、ポーランドのビスワで個人第5戦(ヒルサイズ=HS134メートル)の予選が行われ、日本勢は中村直幹(フライングラボラトリー)が126・5メートルの131・2点で6位となるなど、4人が5日の本戦に進んだ。