エディション:
日本

スポーツニュース(共同通信)

ソフト女子、日本が初戦に快勝

 ソフトボール女子の国際親善試合、日米対抗は20日、東京ドームで第1戦が行われ、世界ランキング2位の日本は1位の米国に4―0で快勝した。一回に山本の2点本塁打などで3点を挙げて主導権を握り、先発のエース上野(以上ビックカメラ高崎)ら投手陣が得点を許さなかった。

W杯初戦黒星、豪州が会見

 【サマラ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)1次リーグC組第2戦で、21日にデンマークと対戦するオーストラリアのファンマルウェイク監督が20日、サマラの試合会場で記者会見し「フランス戦より規律を持ち、もっとチャンスをつくりたい」と意気込みを示した。

W杯日本代表、セネガル戦へ調整

 【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は、貴重な勝利を挙げたコロンビア戦から一夜明けた20日、ベースキャンプ地のカザンでセネガルとの第2戦に向けて約1時間、練習した。試合は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からエカテリンブルクで行われる。

浅野、日本代表チーム離れ帰国へ

 【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表に、バックアップメンバーとして同行していた浅野拓磨(ハノーバー)が20日、チームを離れて日本への帰国の途についた。「(コロンビア戦で)日本が勝利したことは何よりうれしかった。同時に悔しさがふつふつと湧いてきた。絶対に次のW杯は出なくちゃいけない」と4年後を見据えた。

中日の吉見が国内FA権取得

 2度の最多勝を誇る吉見は、けがで苦しんだ時期を振り返り「やっと取れたという気持ち。もっと早く取れると思っていた」と胸の内を明かした。「ずっと活躍していたら別だが、取ったらどうというのは、今は考えていない」と、行使については言及しなかった。

ソフトバンクの武田、中継ぎへ

 ソフトバンクの武田が7月中旬のオールスター戦までを目途に先発から中継ぎに回ることになった。工藤監督は20日、ヤフオクドームで「スケジュールの関係上(他に)先発がいるので。使い方はいろいろ考えている」と話した。倉野投手統括コーチから進言があったという。

中日・松坂が練習参加

 18日に「背部の軽度の捻挫」と診断された中日の松坂が20日、ナゴヤドームで全体練習に参加した。約30分のウオーキングのみで、ノースローでの調整となった。

高橋礼「チーム一丸で取った」

 バドミントンの国・地域別対抗戦、女子ユーバー杯での37年ぶり優勝と男子トマス杯準優勝を記念した祝賀会が20日、東京都内で開かれ、女子主将の高橋礼華は「プレッシャーもあったが、チーム一丸となって取った結果だと思う」とあいさつした。タイとの決勝で優勝を決めた第2シングルスの奥原希望は「誰が出ても1ポイントを取れる最強のチーム編成だった」と誇った。