エディション:
日本

スポーツニュース(共同通信)

サッカー、エトーがカタールへ

 サッカーのカタール・スポーツ・クラブは14日、元カメルーン代表FWエトー(37)と契約したと発表した。トルコ1部リーグ、コンヤスポルから移籍金なしで加わる。バルセロナ(スペイン)などで活躍し、カメルーン代表で56ゴールを挙げている。(ロイター=共同)

ヤ6―5巨(14日)

 ヤクルトが逆転サヨナラ勝ちし、3連勝で2位に浮上した。4―5の九回に青木、山田哲の連打などで1死満塁とし、川端の2点二塁打で勝負を決めた。巨人は八回に5点を奪って逆転したが、抑えのアダメスが崩れて3位に転落した。

中5―6D(14日)

 DeNAが逆転勝ちした。4―5の九回2死満塁から伊藤の四球で同点とし、代打倉本の右前打で勝ち越した。救援の三嶋が5勝目、山崎が23セーブ目。中日はR・マルティネスの抑え起用が裏目に出るなど、救援陣がリードを守れず。

神7―4広(14日)

 阪神が逆転勝ちした。3―4と勝ち越された直後の八回、代打原口の中前打で同点。福留の押し出し四球、糸井がこの日4安打目の2点打で突き放した。広島は八回に野間の内野安打でリードを奪ったが、制球難の今村が逆転を許した。

サッカー男子は前半1―0

 【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会は14日、サッカー男子の1次リーグD組で2020年東京五輪世代のU―21(21歳以下)で臨む日本はネパールと対戦し、前半を終えて1―0とリードした。

日1―3ロ(14日)

 ロッテが連敗を5で止めた。六回に藤岡、中村の2者連続適時打と鈴木の適時打で3点を先制。先発の有吉は七回途中まで1失点で4勝目、内が7月10日以来の22セーブ目を挙げた。日本ハムは好機をつくるも拙攻で1点に終わった。