エディション:
日本

スポーツニュース(共同通信)

体操内村「引退実感ない」

 体操ニッポン男子のエースとして活躍し、個人総合で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪金メダリストの内村航平(33)=ジョイカル=が14日、東京都内のホテルで引退記者会見に臨み「ああ、引退するんだなという感じで、実感は今のところない。やれるならいつまでもやっていたい」と語った。3月12日に東京体育館で引退試合を予定しており「最後、全身痛い体にむちを打って、6種目やろうと思っている」と意気込んだ。

大坂なおみ、年収65億円超

 【ロサンゼルス共同】米経済誌フォーブス(電子版)は13日、女子テニスの大坂なおみ(フリー)の昨年の収入は5730万ドル(約65億3千万円)で、女性アスリート1位だったと報じた。大半の5500万ドルは、ルイ・ヴィトンなど、10以上のブランドが新たに加わった広告収入だという。

労使交渉再開も進展なし

 【ロサンゼルス共同】労使が決裂している米大リーグで機構(MLB)と選手会が13日、新労使協定の妥結に向けた交渉を再開した。AP通信が報じた。大きな進展は見られず、予定通り2月16日にキャンプを開始するのは厳しい状況になっている。

堀島と川村が2位、W杯モーグル

 【ディアバレー(米ユタ州)共同】フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は13日、米ユタ州ディアバレーでモーグル第8戦が行われ、男子は堀島行真が81・98点の2位に入り、杉本幸祐は79・02点の3位で自身初の表彰台に立った。女子は17歳の川村あんりが80・03点で2位だった。

女子SP、ワリエワ世界最高得点

 フィギュアスケートの欧州選手権第2日は13日、タリンで行われ、女子ショートプログラム(SP)で15歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が90・45点をマークし、自身が持つ世界最高得点を3・03点更新した。トリプルアクセル(3回転半)など三つ全てのジャンプを決めた。

スノボ、平野歩、戸塚ら決勝進出

 【ラークス(スイス)共同】スノーボードのワールドカップ(W杯)は13日、スイスのラークスでハーフパイプ最終戦の予選が行われ、男子は既に2月の北京冬季五輪出場を確実にした平野歩夢(TOKIOインカラミ)が1組トップの95・40点、戸塚優斗(ヨネックス)が同2位の93・60点、平野流佳(太成学院大)が2組3位で、各組上位6人の計12人で争う15日の決勝に進んだ。

スノボ、大塚、国武ら準決勝進出

 【ラークス(スイス)共同】スノーボードのワールドカップ(W杯)は13日、スイスのラークスで北京冬季五輪前では最後となるスロープスタイル第3戦の男子予選が行われ、日本勢は2組で大塚健(バートン)が1位、1組で国武大晃(STANCER)が3位、木俣椋真(ヤマゼンロックザキッズ)が10位となり、各組上位12人の計24人による14日の準決勝に進んだ。

興梠、J1札幌加入で会見

 J1札幌は13日、札幌市で新加入選手の記者会見を開き、J1浦和から期限付きで加わった元日本代表FW興梠は「自分の体がぶっ壊れてでも、チームのために全力で頑張りたい。サッカー人生を懸けて戦う」と、並々ならぬ決意を口にした。

GK川島がコロナ陽性

 サッカーのフランス1部リーグのストラスブールは12日、GK川島永嗣が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表した。最低5日間は隔離するという。川島はコロナ陽性だった正GKセルスに代わり、9日のメッス戦で今季リーグ初出場して2―0の勝利に貢献した。(共同)

バレー協会、嶋岡会長を解職

 日本バレーボール協会は13日、東京都内で理事会を開き、ビーチバレー国際大会に絡んで診断書が偽造された問題で、辞任の意向を示していた嶋岡健治会長(72)を解職することを決めた。記者会見した松下敬副会長は「組織として隠蔽があった。体質的なもの。一掃することが大事だ」と述べた。