エディション:
日本

スポーツニュース(共同通信)

会沢に代わり梅野選出へ

 東京五輪の野球日本代表に選ばれたプロ野球広島の会沢翼捕手(33)が故障のために辞退し、代わりに阪神の梅野隆太郎捕手(30)の選出が決定的となったことが17日、分かった。会沢は広島市のマツダスタジアムで行われた15日の西武戦で左脚を痛めて途中交代し、代表選手が発表された16日に出場選手登録を外れていた。

バレー男子、6敗目

 バレーボールのネーションズリーグ男子は17日、イタリアのリミニで1次リーグが行われ、日本がカナダに0―3で屈して6敗目(6勝)を喫した。カナダは4勝8敗。

ナダル、東京五輪を欠場

 【ロンドン共同】男子テニスで元世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)が17日、自身のツイッターで東京五輪と28日開幕の四大大会、ウィンブルドン選手権(英国)を欠場すると発表した。

聖火見守る奇跡の一本松

 東京五輪の聖火リレーは17日午後も岩手県で続き、沿岸部を南下した。東日本大震災で関連死を含め1761人が犠牲となった陸前高田市では、「奇跡の一本松」を巡った後、震災で消防団員の仲間11人と父親を亡くした理容師米沢伸吾さん(44)が走った。

錦織圭が2回戦敗退

 【ベルリン共同】男子テニスのノベンティ・オープンは17日、ドイツのハレで行われ、シングルス2回戦で世界ランキング57位の錦織圭(日清食品)が同52位のセバスチャン・コルダ(米国)に6―2、3―6、5―7で敗れて8強入りはならなかった。

西武の高橋は投球フォーム確認

 西武の高橋が18日のロッテ戦登板に向け、メットライフドームで投球フォームの確認に努めた。開幕投手から5連勝したが、交流戦に入って2連敗。リーグ内対戦再開へ「マウンドでの投球練習は軸足でしっかり立てているかというところを意識して投げ、納得のいく形で終わった。全てのメニューをいつも以上にしっかり丁寧に取り組んだ」と話した。

Aスイミング代表がエキシビ演技

 アーティスティックスイミング(AS)の東京五輪日本代表は17日、静岡県立水泳場で行われた日本チャレンジカップのエキシビションとして、チーム・テクニカルルーティン(TR)と、乾友紀子(井村ク)吉田萌(ザ・クラブピア88)組によるデュエット・フリールーティン(FR)を披露した。

主催者が大坂陣営と連絡

 【ロンドン共同】テニスのウィンブルドン選手権(28日開幕)を主催するオールイングランド・クラブのボルトン最高責任者が、大会出場が不透明となっている大坂なおみ(日清食品)について「ここ数週間で彼女の陣営と連絡を取っている」と明らかにした。17日に英BBC放送(電子版)が伝えた。

五輪パラ交流でワクチン接種推奨

 東京五輪・パラリンピックを契機に海外選手らと交流するホストタウン事業で、政府が受け入れ側の通訳や自治体職員、ホテル従業員への新型コロナウイルスワクチン接種を推奨する方針を固めた。各自治体の接種の進み具合に応じ、一般接種に支障のない範囲で、選手団を迎えるスタッフへの接種も進めるよう呼び掛ける。17日、政府関係者が明らかにした。

大沢ちほ「気合が入っている」

 8月に延期された世界選手権(カナダ)に向けて青森県八戸市で合宿中のアイスホッケー女子日本代表が17日、オンラインで取材に応じ、FW大沢ちほ主将は「五輪シーズンでもあるのでみんな気合が入っている。シーズンのスタートの合宿としてはすごくハードに取り組めている」と充実ぶりを語った。