エディション:
日本

マーケットアイ

UPDATE 1-ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU離脱が経済の重しに

格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスは22日、英国の長期発行体格付けを「Aa1」から「A a2」に1段階引き下げた。ただ格付け見通しは「ネガティブ」から「 安定的」に変更、当面は一段の格下げはないことを示唆した。 ムーディーズは欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が経済の重 しになり、同国の公的財政の立て直し計画が軌道から外れる恐れがある と指摘。「EU離脱の仕方のほか、離脱交渉と国内の政治力学が複雑で あることで英国の中期的な経済力が阻害され、財政圧力は悪化する」と した。 英政府は格下げを受け、メイ首相はこの日に行ったEU離脱方針を 巡る演説でEUとの将来像を巡る野心的な計画を打ち出しているとし、 ムーディーズによるブレグジットの評価は最新の状況に見合っていない との見解を示した。 ムーディーズは2013年、大手格付け機関の中で先陣を切って英 国の格付けを最高位の「AAA」から引き下げている。 (ーからご覧ください)

NY市場サマリー(22日)

<為替> ドルが円に対して6日ぶりに値下がりし、一時111円台後半で推移した 。北朝鮮情勢を巡る緊張の高まりや、12月の米利上げ期待に伴うドル買いの一服が相場 に影響した。 ドル/円は一時111.85円まで下げ、その後0.3%安の112.08円 。コモンウエルスFX(ワシントン)の首席市場アナリスト、オマー・エジナー氏は「週 末を迎え多少ドル売り圧力が強まった。連邦公開市場委員会(FOMC)後の上げも勢い を失っている」と指摘。円相場については、日本が純債権国であることや邦人勢による資 金のレパトリ(本国還流)で危機時は値上がりする傾向もあるが、足元では約2カ月ぶり の安値から値を戻しているとも考えられる、と述べた。 こうしたなか、ポンドがドルやユーロに対して下落。メイ英首相はイタリアのフィレ ンツェで欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)方針を巡り演説したが、EU側の期待に 沿うほどの内容とはならなかった。ポンド/ドルは0.32%安の1.3534ド ル。 NY外為市場: <債券

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(22日)

円 111.97/112.00 ユーロ 1.1952/1.1956 スイスフラン 0.9690/0.9695 英ポンド 1.3491/1.3495 カナダドル 1.2336/1.2340 オーストラリアド 0.7962/0.7964 ル ニュージーランド 0.7339/0.7343 ドル メキシコペソ 17.7420/17.7540 デンマーククロー 6.2270/6.2280 ネ ノルウェークロー 7.7980/7.8020 ネ スウェーデンクロ 7.9822/7.9852 ーナ シンガポールドル 1.3454/1.3462 香港ドル 7.8092/7.8095 インドルピー 64.7900/64.8000

NY外為市場=ドル下落し一時111円後半、北朝鮮巡る緊張やFOMC後の買い一服で

ドル/円 NY終値 111.97/112.00 始値 112.01 高値 112.16 安値 111.85 ユーロ/ドル NY終値 1.1952/1.1956 始値 1.1964 高値 1.1983 安値 1.1938 ニューヨーク外為市場では、ドルが円に対して6日ぶりに値下がりし、一時111円 台後半で推移した。北朝鮮情勢を巡る緊張の高まりや、12月の米利上げ期待に伴うドル 買いの

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU離脱は中期成長にマイナス

格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスは22日、英国の長期発行体格付けを「Aa1」から「A a2」に引き下げた。ただ格付け見通しは「ネガティブ」から「安定的 」に変更した。 ムーディーズは欧州連合(EU)からの離脱は英経済の中期成長見 通しにマイナスの影響を及ぼすとの見方を示した。 (ーからご覧ください)