エディション:
日本

最新経済ニュース

ECB、当面は債券保有額を減らすべき=独連銀総裁

[ベルリン 7日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのナーゲル独連銀総裁は7日、ECBは当面、債券保有額を減らす必要があり、次のECB理事会ではインフレに対抗する明確なシグナルを発信しなければならないと述べた。

欧州株式市場=続落、堅調な米雇用統計で利上げ懸念強まる

欧州株式市場は3日続落して取引を終 えた。9月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の増加幅が市場予想を上 回り、失業率も改善したことから、米連邦準備理事会(FRB)が11 月の連邦公開市場委員会(FOMC)で4会合連続となる75ベーシス ポイント(bp)の利上げを決めるとの観測が強まって売りを促した。 6日公表された欧州中央銀行(ECB)の9月理事会議事要旨もユ ーロ圏の大幅利上げへの不安を高めていた。 今後の金融引き締めのペースを見極めるため、13日に発表される 9月の米消費者物価指数(CPI)が注目されている。 金利に敏感なSTOXX欧州600種テクノロジー株指数 は4.34%下落し、相場全体を押し下げた。不動産株指数も 2.38%安。 ドイツの半導体大手インフィニオン・テクノロジーズが 3.7%、オランダの半導体製造装置メーカーのBEセミコンダクター が4.1%それぞれ下げるなど半導体関連銘柄の下落が目立 った。韓国サムスン電子と米アドバンスト・マイクロ・デ バイセズ(AMD)が半導体の市況悪化は想定をはるかに超

UPDATE 1-FRB、インフレ対応に一段の利上げ必要=NY連銀総裁

[バッファロー(米ニューヨーク州) 7日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は7日、インフレを引き下げ、経済活動をより持続可能な形に均衡させるために、連邦準備理事会(FRB)には為すべきことが多く残されているとの考えを示した。また、その過程で失業率が上昇する可能性が高いと警告した。

UPDATE 1-米金利先物、11月0.75%利上げ確率92%に 予想上回る雇用統計で

[7日 ロイター] - 米労働省が7日発表した9月の雇用統計で、非農業部門雇用者数が市場予想を上回り、失業率が3.5%に低下したことを受け、米金利先物市場が織り込む、連邦準備理事会(FRB)が11月1─2日の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%ポイントの利上げを決定する確率が発表前の85%から92%に上昇した。

米、核態勢変更の必要なし=ホワイトハウス  

[米大統領専用機上 7日 ロイター] - 米ホワイトハウスのジャンピエール報道官は7日、米国が核の態勢を変更する理由はなく、ロシアが近く核兵器を使用するために準備を進めている兆候もないと語った。

バイデン氏、米EUデータ移転の新枠組導入へ大統領令

[ワシントン/ブリュッセル/ロンドン 7日 ロイター] - バイデン米大統領は7日、米・欧州連合(EU)が今年3月に基本合意した個人データ移転の新たな枠組み導入に向けた大統領令に署名した。米情報機関による個人情報の収集を必要最低限に制限し、情報収集に関する監視を強化するといった新ルールが盛り込まれている。

ユーロ圏金融・債券市場=利回り上昇、米雇用統計受け

ユーロ圏金融・債券市場では、米雇用 統計が予想を上回ったことを受け、米連邦準備理事会(FRB)が積極 的な利上げを継続するとの見方から、ユーロ圏でも国債利回りが上昇し た。 終盤の取引で独10年債利回りは11ベーシスポイン ト(bp)上昇の2.1930%。先週は2.35%を上回り、11年 ぶり高水準を付けていた。 イタリア10年債利回りは20bp上昇の4.701% 。先週付けた9年ぶり高水準(4.9%超)に迫った。 ドイツとイタリアの10年債利回り格差は米雇用統 計発表を受け一時251bpまで拡大。終盤の取引では249bp。 米労働省発表の9月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は 前月から26万3000人増加し、市場予想の25万人増を上回ったほ か、失業率は3.5%に低下した。 これを受け、米10年債利回りは5bp上昇の3.8 733%。 エクイティ・キャピタルのマクロ・エコノミスト、スチュアート・ コール氏は米雇用統計について「FRBの積極的な金融引き締め路線を 頓挫させるものは何

次のページ