エディション:
日本

最新経済ニュース

水野氏が経産省参与を退任、国連特使就任で

経済産業省は18日、水野弘道氏が参与、グリーンイノベーションファイナンスアドバイザー、TCFDサミットアンバサダーを退任したと発表した。本人から辞任の申し出があったという。

23年度借換債収入が再び過去最大、157兆円超と想定=政府筋

財務省が2021年度予算審議に併せて国会に提出する試算のうち、国債発行の過半を占める借換債について、2023年度の発行収入額を157兆3700億円と想定していることが分かった。過去最大となる21年度計画額の147兆1929億円を10兆円規模で上回る想定で、累次のコロナ対策に伴う短期調達が響き、後年度にわたって発行総額が増える見通しだ。

アジア株式市場サマリー:引け(18日)

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3596.2237 + 29.8459 + 0.84 3554.7977 3608.7665 3544.2614 前営業日終値 3566.3778 中国 CSI300指 5518.521 +60.439 +1.11 5438.162 5541.461 5410.775

ロシア、欧米によるナワリヌイ氏釈放要求を拒否

欧米諸国がロシア政府に対し、帰国直後に拘束された反体制派指導者ナワリヌイ氏(44)の釈放を求めたことに対し、ロシア政府は即座にこれを拒否。モスクワ警察が同氏の身柄を確保し続けるとし、欧米諸国に介入を控えるよう伝えた。

英国のワクチン配布、メーカーの生産に遅れ=担当相

英国のザハウィ・ワクチン担当相は18日、新型コロナワクチンの配布について、米ファイザーによる製造工程の変更や、英アストラゼネカによる生産の遅れで、一時的に供給が混乱する恐れがあるとの見方を示した。

〔アングル〕想定外の急回復で自動車減産、半導体の供給追いつかず

新型コロナウイルスで落ち込んだ自動車市場が想定外に急回復し、主要部品である半導体の供給が追いつけずにいる。半導体メーカーの生産ラインは第5世代(5G)通信網向けなどの需要で余力が乏しく、マイコンから汎用品まで足りない品目は多岐にわたる。自動車メーカーは減産を余儀なくされており、生産の正常化は春以降になるとの見方もある。

次のページ