エディション:
日本

最新経済ニュース

UPDATE 2-米一般教書演説、下院議長が拒否 大統領は代替案に言及

29日に予定される米国の一般教書演説を巡り、トランプ大統領と民主党のペロシ下院議長の間で応酬が続いている。ペロシ氏が政府機関の閉鎖解除まで下院でのトランプ大統領の演説を認めない構えを示したことを受け、大統領は一般教書演説に代わるイベントを開催すると表明した。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、主力株はまちまち

<08:39> 寄り前の板状況、主力株はまちまち 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニー 、 パナソニック が売り優勢。ホンダ 、キヤノン が買い優勢。指数 寄与度の高いファーストリテイリング は売り優勢。ファナック は買い優 勢。メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ が売り優勢となってい る。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX先物 日経225オプション 株式関連指標の索引

UPDATE 1-ファーウェイ幹部、米引き渡しに反対する強い論拠ある=カナダ大使

カナダ当局が昨年12月に逮捕した中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)について、カナダのジョン・マッカラム駐中国大使は、孟氏には米国への身柄引き渡しに反対する「強い論拠」があるとの考えを示し、トランプ米大統領による政治的介入がその1つだと指摘した。

次のページ