エディション:
日本

Non-Cyclical Consumer Goods

ロンドン株式市場=反落、1次産品関連に売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード FT100種 6091.23 -73.49 -1.19 6164.72 ロンドン株式市場は反落した。石油や金属の値下がりで1次産品関連が売られた。取 引時間中は6061.85ポイントと、3月上旬以来の安値をつける場面もあった。 FT350種原油・天然ガス株指数 は2.06%、同鉱業株指数<.FTNMX 1770>は3.14%それぞれ低下した。 CMCマーケッツのアナリスト、ジャスパー・ロウラー氏は「原油価格が3週間ぶり の安値に落ち込んだことは市場心理の悪化をいくらか説明する。産業用金属が過去3日間 で大幅安となったことは英国の鉱業株にとって打撃となっている」と話す。 原油は、米国のガソリン需要が予想外に減ったことで値下がりした。石油生産国が増 産凍結

UPDATE 1-ファミマと日本郵政が提携、国内外店舗基点に海外配送事業

ファミリーマート と日本郵政グループは5日、業務提携で基本合意したと発表した。ファミマの国内店舗で預かった荷物を海外の店舗で受け取ることができるようになる。国内から海外への物流は、日本郵便が担う。こうしたサービスで、年間約2000万人に達する訪日観光客の需要を取り込む。

ファミマと日本郵政Gが業務提携、店舗基点に海外配送事業

ファミリーマート と日本郵政グループは5日、業務提携すると発表した。国内外のファミマの店舗を基点として「越境eコマース」サービスを行う。また、宅配ロッカー「はこぽす」の設置も進める。このほか、ゆうちょ銀行 とは、全国のファミマ店舗で「ゆうちょATM(現金自動預け払い機)」の導入を拡大させる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げに転じる、自動車・銀行などに売り

日経平均は後場下落に転じ、1万6100円台前半で推移している。自動車、電機などの輸出株や銀行株が下げている。市場では「現物株の売りが断続的に出て上値を押さえている。上昇が続いていた米国株もそろそろ調整が予想され、買いを仕掛けにくいタイミングだ」(国内証券)との声が出ている。

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は小反発、円高進行でも押し目買い

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比33円63銭高の1万6197円79銭と5日ぶりに小反発した。朝方は1ドル111円台まで進んだ円高を嫌気し、輸出株中心に売りが先行。一時134円安まで下げたが、売り一巡後は特段の手がかり材料もない中、反発に転じた。日経平均は前週末まで4日続落し970円の下落幅となっていたことから、値ごろ感の押し目買いや買い戻しが入っとみられている。

再送-〔アングル〕15年度は日経平均2448円安、アベノミクス相場初の下落

2015年度の日経平均 は前年度末比で24 48円32銭安となり、いわゆるアベノミクス相場で初の下落となった。年度ベースで下 落となるのは2010年度以来、5年ぶり。6月に18年ぶり高値を付けたが、夏場以降 は中国ショック、原油安を背景にした世界的なリスク回避などで失速。昨年後半からは円 高も進行し、海外勢の売りが強まった。 <下げ幅はリーマンショック以来> 15年度はまずドル高/円安が進行。6月5日に1ドル125.85円まで上昇した 円安基調を追い風に日経平均は同月24日に2万0952円71銭と、1996年12月 以来、18年半ぶりの高値を付けた。 だが、夏場以降に相場のムードが一変。8月11日に中国人民銀行(中央銀行)が人 民元を事実上切り下げたことを機に、中国景気減速への懸念が台頭。日経平均は同月25 日までの約2週間で3000円超の大幅な下落となったほか、125円近辺にあったドル /円 も一時116円台まで急落した。

欧州株式市場=続伸、イエレン発言が追い風

欧州株式市場は続伸して取引を終えた。前日に米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が利上げに慎重な姿勢を示したことが好感された。事業分割を提案したドイツの小売り大手メトロ も大きく買われた。

ロンドン株式市場=反発、終値で今年最高値

(カッコ内は前営業日比) FT100種総合株価指数(ロンドン)  終値      6203.17(+97.27) 前営業日終値   6105.90(‐0.58) ロンドン株式市場は反発し、終値は今年の最高値をつけた。米連邦 準備理事会(FRB)のイエレン議長が前日に、利上げに対する慎重な 姿勢を示したことでドルが下落し、鉱業株の上昇につながった。 FT350種鉱業株指数 は5.58%上昇し、前日に つけた約1カ月ぶりの安値から持ち直した。前日には、ドル高に伴って 3月につけた4カ月半ぶりの高値と比べ約16%下落していた。 スイスの商品取引・資源大手グレンコア 、英豪系資源大手 のBHPビリトン やリオ・ティント 、英アングロ・アメ リカン は5.4%から11.8%上昇した。 原油価格の上昇に伴い原油・天然ガス株指数 は3.0 1%上昇した。個別銘柄では石油大手の英BP と英・オランダ系 ロイヤル・ダッチ・シェル 、石油・ガス生産の英タロー・オイ ル が2.8%から