エディション:
日本

トップニュース

米FRB、0.75%追加利上げ検討すべき=ボウマン理事

[6日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のボウマン理事は6日、高水準にあるインフレ率をFRBの目標まで引き下げるため、今後の会合でさらに75ベーシスポイント(bp)の利上げを検討すべきとの見方を示した。

コラム:アリババ決算が示す、中国経済「偽りの夜明け」

[香港 4日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 話がうますぎると感じたなら、その勘はたいてい当たっているものだ。中国の電子商取引(EC)最大手、アリババ・グループ・ホールディングが4日発表した4─6月期決算は売上高が前年比横ばいとなり、減収を想定していた市場の予想を上回った。新型コロナウイルス感染抑止のためのロックダウン(都市封鎖)が緩和された今、個人消費は増えるとの期待が広がっているが、よく見ると赤信号も灯っている。

アングル:半導体不足、自動車メーカーとの力関係に地殻変動

世界中の自動車メーカーが、この2年間で1000万台を超える大幅な生産計画の見直しを強いられた。その原因である半導体不足が、足元で改善しつつある。ただ、自動車メーカーが今回の混乱を教訓に半導体業界との連携強化を図ったため、半導体製造に関する一定のコストやリスクが自動車メーカーに移り、両産業の関係に「地殻変動」が起きている。