エディション:
日本

トップニュース

ソロモン諸島、首相不信任案を否決 首相は抗議デモ批判

同国は2019年に台湾と断交し中国と国交を結んだが、これに不満を持つマライタ州が中央政府と対立。約1週間前には、首相がマライタ州のデモ参加者との協議を拒んだことを受けて、首都で放火や略奪が起き、4人が死亡した。

中国社会科学院、22年の成長率を5.3%と予想

中国政府のシンクタンク、中国社会科学院は6日、2022年の経済成長率について、5.3%程度を見込んでいると発表した。20─22年の平均年間成長率は5.2%とみている。

消費税の免税対象から留学生を除外、来年度税制大綱で=関係筋

政府・与党は、外国人向け消費税免税制度で、留学生を対象から除外し、免税販売を観光客などの短期滞在者に限定する。与党が今週末にもまとめる2022年度税制大綱に盛り込む。免税店の現場で短期留学生と長期留学生の判別などが煩雑なことが主な理由。免税・還付制度の悪用を防ぐ狙いもある。

東芝と株主の溝広がる、PEファンドの非上場化案選択せず=関係者

11月に中期経営計画を発表した東芝が、現在の株価を大幅に上回る額での非上場化が実現可能とプライベートエクイティ(PE)ファンドから伝えられたものの、最終的に3社分割案を選択したことが分かった。さらにカナダのPEファンドのブルックフィールド・アセット・マネジメントが、東芝に少額出資を提案していたことも明らかになった。

米国務長官、台湾巡り中国指導部に警告

ブリンケン米国務長官は3日、中国指導部は台湾に対する行動を慎重に考えるべきとし、中国が台湾海峡で危機を引き起こした場合、「恐ろしい結果」を招くと警告した。