エディション:
日本

企業業績・格付け

フェデックス、23年度最大27億ドル経費削減 利益悪化受け

[22日 ロイター] - 米宅配大手フェデックスは22日、需要の落ち込みで第1・四半期(6─8月)の利益が悪化したことを受け、2023年度に22億─27億ドルのコスト削減に向けた具体策を発表した。日曜配達の一部停止やオフィスの閉鎖などを実施する。

香港、国際ハブ空港の地位失った 中国ゼロコロナ政策で=IATA事務局長

国際航空運送協会(IATA)のウォルシュ事務局長は21日、新型コロナウイルス感染の完全封じ込めを狙う中国の「ゼロコロナ政策」によって香港は国際ハブ空港としての地位を既に失ったとし、中国政府が来年も制限を続ければ新型コロナのパンデミック(世界的大流行)から航空業界が回復するのが遅れるだろうと警告した。

仏シュナイダー、英アヴィバを完全子会社化へ

[パリ/ロンドン 21日 ロイター] - フランスの複合企業シュナイダー・エレクトリックは英ソフトウエア大手アヴィバの完全子会社化を進めると発表した。企業価値を約94億8000万ポンド(約108億ドル)とし、残りの株式を1株当たり31ポンドで買収する。

UPDATE 1-来年は投資銀の収益に変化、取引収入減少へ=バークレイズCEO

[ロンドン 20日 ロイター] - 英銀行大手バークレイズのベンカタクリシュナン最高経営責任者(CEO)は20日、投資銀行の収益構造が来年、変化するとの見方を示した。トレーディング収入が減少する一方、投資銀行業務と助言業務の手数料収入回復がその影響を軽減する見込みという。投資家向けのイベントで述べた。

米FTC、アマゾンのアイロボット買収で詳細情報を要請

ロボット掃除機「ルンバ」を手がける米アイロボットは20日の当局提出文書で、同社買収を発表している米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムと同社に対し、米連邦取引委員会(FTC)が19日付で買収計画についてのより詳細な情報を要請したと明らかにした。

UBS顧客資金フロー、今四半期はプラスに=旗艦部門共同責任者

[チューリヒ 20日 ロイター] - スイス金融大手UBSグループの旗艦事業であるウェルスマネジメント部門共同責任者、イクバル・カーン氏は20日、BofAグローバル・リサーチの金融イベントに出席し、今四半期は顧客資金のフローがプラスになっていると明らかにした。