エディション:
日本

企業業績・格付け

再送-富士通、キャリア転進費用461億円を19年3月期に計上へ

富士通は19日、グループ外へのキャリア転進希望者に対する支援措置を実施するのに伴い、2019年3月期に461億円の営業費用を計上する予定だと発表した。1月31日までに応募した2850人を対象に、退職金に特別加算する。退職日は原則3月31日。

英清算機関3社、合意なき離脱後も顧客への業務継続 当局が認可

欧州証券市場監督局(ESMA)は、英国を本拠とするデリバティブ(金融派生商品)の清算機関が、英国が合意なく欧州連合(EU)を離脱することになってもEUの顧客に対する清算業務を継続することを認めた。無秩序離脱となった場合の混乱や金融市場への悪影響を回避する狙い。

マリモリート:18年12月期決算

2018年12月期(2018年7月1日 - 2018年12月31日) 注) カッコ内は前年比、△は赤字 18年12月期実績 18年6月期実績 19年6月期予想 19年12月期予想 営業収益(百万円) 1,093 1,057 1,111 1,105 (+3.4 %) (+40.0 %) (+1.6 %) (-0.5 %) 当期利益(百万円) 395 394 390 384 (+0.1 %)

CREロジ:18年12月期決算

2018年12月期(2018年7月1日 - 2018年12月31日) 注) カッコ内は前年比、△は赤字 18年12月期実績 18年6月期実績 19年6月期予想 19年12月期予想 営業収益(百万円) 1,413 1,186 1,410 1,412 (+19.1 %) (+156.8 %) (-0.2 %) (+0.2 %) 当期利益(百万円) 688 522 593 593 (+31.8 %)

UPDATE 2-タイ第4四半期GDP、予想上回る 18年は6年ぶり高成長

タイ国家経済社会開発庁(NESDB)が発表した第4・四半期の国内総生産(GDP)は、季節調整済みで前期比0.8%増となり、ロイターがまとめた市場予想の0.6%を上回る伸びを示した。内需と観光業が堅調で、輸出と政府支出の伸び鈍化を補った。2018年の成長率は6年ぶりの速いペースとなった。

米ウーバー、2018年の予約額は500億ドル IPO控え

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが15日発表した2018年の予約額は、500億ドルに達した。同社は新規株式公開(IPO)に向け準備を進めており、テクノロジー関連企業の最大案件のひとつとなる見通し。

欧州新車登録、1月は前年比-4.6%=業界団体

欧州自動車工業会(ACEA)が15日発表した1月の欧州連合(EU)と欧州自由貿易連合(EFTA)の新車登録台数(乗用車)は、前年同月比4.6%減の120万台だった。

ビルF:18年12月期決算

2018年12月期(2018年7月1日 - 2018年12月31日) 注) カッコ内は前年比、△は赤字 18年12月期実績 18年6月期実績 19年6月期予想 営業収益(百万円) 37,468 36,635 38,223 (+2.3 %) (-13.0 %) (+2.0 %) 当期利益(百万円) 14,518 14,010 15,206 (+3.6 %) (-4.6

エクセレント:18年12月期決算

2018年12月期(2018年7月1日 - 2018年12月31日) 注) カッコ内は前年比、△は赤字 18年12月期実績 18年6月期実績 19年6月期予想 19年12月期予想 営業収益(百万円) 10,657 10,535 10,668 10,742 (+1.2 %) (-5.0 %) (+0.1 %) (+0.7 %) 当期利益(百万円) 3,596 3,339 3,669 3,682 (+7.7 %) (-9.8 %) (+2.0 %)