エディション:
日本

企業業績・格付け

UPDATE 2-日本郵政、豪物流トールの一部事業売却へ 特損674億円計上

日本郵政は21日、豪物流子会社トール・ホールディングスのエクスプレス(貨物輸送)事業を現地の投資ファンドに約7億円で売却すると発表した。売却に伴い、2021年3月期連結決算に674億円の特別損失を計上する。同日にオンラインで会見した日本郵便の衣川和秀社長は、買収時に経済状況の変化を十分に読み込めていなかったと語った。

21年3月期の業績は精査中、一部報道でソフトバンクG

ソフトバンクグループは21日、2021年3月期の最終利益が4兆円台後半になる見通しと一部で報じられたことについて、業績は精査中とのコメントを発表した。1─3月期に複数の投資先が上場して、評価益が計上されたのは事実とする一方、多くの未上場投資先は公正価値を算出中とした。

米アップルの紛失防止タグ、競合社が議会公聴会での検証呼び掛け

米アップルは20日、紛失物を探すことができる追跡機能付きタグ「Airtags(エアタグ)」を発表した。紛失防止スマートタグで先行する米タイルは、同社が証言する予定の21日の米上院委員会の反トラストに関する公聴会でアップルの参入を検証するよう呼び掛けた。