エディション:
日本

企業業績・格付け

中国アント、香港で175億ドル調達へ 中核的投資家確保せず=関係筋

香港と上海市場への重複上場を予定している中国アリババ・グループ傘下の金融会社アント・グループは、香港市場で175億ドル調達を目指している。複数の機関投資家から堅調な需要が見込めるとして、コーナーストーン投資家(中核的投資家)は確保しない方針だ。複数の関係者が明らかにした。

中国のコロナ後の回復状況、地域間に大きな差=米調査会社

米コンサルタント会社チャイナ・ベージュブック・インターナショナル(CBB)が24日公表した調査によると、中国では新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)からの回復が沿岸地域や主要都市で進む一方、西部や中部ではかなり遅れている。

英総合PMI、9月速報は55.7 3カ月ぶり低水準

IHSマークイット/CIPSが発表した英国の9月の総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は55.7と、3カ月ぶりの低水準となった。新型コロナウイルス対策として導入された一部の景気支援策が終了し、外食産業などが低迷した。

EXCLUSIVE-ドイツ銀、国内支店の2割閉鎖へ 新生活様式に対応 

ドイツ銀行は同国内の支店の2割を閉鎖し、約400店まで減らす計画だ。コスト削減を進めるとともに、新型コロナウイルス流行を受けた顧客の生活様式の変化に対応する。国内リテール部門責任者のフィリップ・ゴソウ氏が明らかにした。

〔アングル〕「スガノミクス」はSBIに追い風か、地銀再編の思惑

菅義偉首相の誕生が濃厚になり始めた9月上旬、株式市場は早くも「スガノミクス」銘柄を物色し始めた。注目を集めた1つが、SBIホールディングス。地方銀行に次々と資本参加して連合を形成する戦略が、地方経済の活性化と地銀再編に言及する菅氏の方向性と合致するとの見方が広がった。