エディション:
日本

コラム

コラム:オフショア人民元、中国当局が与える「一生の傷」

[香港 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - あざだらけの中国人民元のオフショア市場は、一生残る傷を負ってしまった。人民元が2008年以降で最安となる1ドル=7元に近づく中で、中国当局は海外のデリバティブ(金融派生商品)取引で一儲けしようとする空売り筋を攻撃している。

コラム:ユーロの不人気はいつまで続くか=植野大作氏

[東京 13日] - ユーロ/ドルは当面調整含みで推移しそうだ。欧州中央銀行(ECB)は、来年の夏まで現行のマイナス金利継続を約束しており、内憂外患の政治リスクを抱え込む低金利通貨のユーロを、あえて買い進む理由は見当たらない。

コラム:中央銀行の独立性は守られるべきか

[ロンドン 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 政治家がまた、中央銀行を振り回そうとしている。トランプ米大統領だけではない。インドやトルコ、ロシアや南アフリカの指導者も、中銀が国民の意思に反した行動を取っていると不満を口にしている。

コラム:ユーロの不人気はいつまで続くか=植野大作氏

[東京 9日] - ユーロ/ドルは当面調整含みで推移しそうだ。欧州中央銀行(ECB)は、来年の夏まで現行のマイナス金利継続を約束しており、内憂外患の政治リスクを抱え込む低金利通貨のユーロを、あえて買い進む理由は見当たらない。

コラム:中国の景気刺激策は本当に必要か

[香港 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の景気刺激策は、額面通りに受け止められない。金融緩和や減税、約2000億ドル(約22.8兆円)規模のインフラ債発行によって、減速しつつある同国経済を再び活性化させようとしている。