エディション:
日本

トップニュース

焦点:止まらない独東部の感染拡大、極右のコロナ軽視が対策阻む

ドイツのザクセン州など東部(旧東ドイツ)地域は全般に西部に比べて経済的に遅れ、住民が高齢化し、新型コロナウイルス感染対策の厳しい外出制限措置に反対する極右勢力への支持が高い。同州内の陶磁器で有名なマイセン市では今、1つしかない火葬場にひつぎがどこまでも積み上がっている。

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画像掲載

イランの最高指導者ハメネイ師に関連するウェブサイトが22日、トランプ前米大統領の命令でドローン攻撃によって殺害されたイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の復讐を誓う言葉とともに、トランプ氏に似たゴルファーがドローンに狙われている画像を掲載した。

独与党CDU、ラシェット新党首選出に8割超支持 郵便投票で

ドイツのメルケル首相が属する保守与党、キリスト教民主同盟(CDU)は22日、ノルトライン・ウェストファーレン州のアルミン・ラシェット州首相(59)の新党首選出を法的に支持するために必要な代議員1001人による郵便投票で、83.35%が支持したと発表した。