エディション:
日本

トップニュース

午前の日経平均は続落、半導体関連の下落が重し

28日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比100円41銭安の3万0139円65銭となり、続落した。米金利上昇を受けて景気敏感株の一角が物色された一方、半導体関連株が弱く、指数の重しとなった。

NYの病院、ワクチン未接種者を解雇・停職 人手不足で手術延期

米ニューヨーク州で27日、医療従事者らに対する新型コロナウイルスワクチン接種義務が適用され、未接種者の解雇や停職処分が始まった。一部病院では人手不足に備え、緊急でない手術や医療措置の休止や延期、別病院から転院される重症患者の受け入れなどを停止する動きが出ている。

原油先物は反落、利食い売りで

原油先物価格は28日アジア時間の取引で反落している。5日続伸を受けて利食い売りに押されている。原油高で燃料需要に影響が及ぶとの懸念が出ている。ただ、需給逼迫により市場のセンチメントは引き続き底堅い。