エディション:
日本

トップニュース

コラム:暴動で負のスパイラルに陥る米国の「経済格差」問題

[ニューヨーク 29日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 新型コロナウイルスがもたらした教訓の1つは、感染症のパンデミック(世界的大流行)が既存の傾向に拍車を掛け得るということだ。米国における既存の傾向の1つは所得格差、そして格差と人種との結びつきだ。

コラム:コロナが予言する物価目標政策の終焉=門間一夫氏

[東京 3日] - コロナショックに対する主要中央銀行の動きは、迅速かつ果断であった。株価急落の直後だった2月28日、米国連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、追加緩和を示唆する談話を出した。翌営業日の3月2日には、日銀の黒田東彦総裁、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁も続いた。

働き方より柔軟に、社員分散も選択肢=野村グループCEO

野村ホールディングスの奥田健太郎グループCEO(最高経営責任者)はロイターとのインタビューで、新型コロナ対応の長期化をにらみ、より柔軟な働き方への転換に意欲を示した。東京・大手町本社の社員を分散させることも選択肢に、必要に応じて調整を進める考えだ。インタビューは5月27日に実施した。

焦点:トランプ氏、米中第1段階合意にしがみつく他ない理由

事情に詳しい関係者によると、トランプ米大統領が新型コロナウイルスの世界的流行を巡り中国を厳しく非難し、中国が香港への国家安全法制導入を決め、中国の米産品輸入で目標達成の期待がしぼむなど、米中関係を悪化させる要因には事欠かないが、トランプ氏には今のところ米中貿易協議の「第1段階」合意にしがみつく以外に選択肢がほとんどない。

3日続伸の日経平均、テクニカルは「特別警報レベル」

東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。前日の米国株高や為替の円安基調を好感し、朝方から買いが先行。その後、上げ幅を500円近くまで拡大した。ただ、これまでの急ピッチの上昇で調整への警戒感も強まり、テクニカル的には「特別警報レベル」との声も出ている。大引けにかけて利益確定売りに押される展開となった。

日経平均3日続伸、悪材料に反応せず:識者はこうみる

東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。前日の米国株高や為替の円安基調を好感し、朝方から買いが先行。その後、上げ幅を500円近くまで拡大した。香港や新型コロナウイルスを巡る米中関係の悪化や、米国で広がる抗議デモなど悪材料もあるが、それに「ほとんど反応しない異様な相場」との声も聞かれる。