エディション:
日本

トップニュース

コラム:英CVCの東芝買収提案、会社分割に道開く可能性

[香港 7日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 海外投資ファンド勢による日本企業の大型買収劇の新たな幕が切って落とされた。英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズが、東芝に対して現在の市場価値に約30%のプレミアムを乗せた金額となる200億ドル超規模の買収を提案した。

コラム:SPAC、米当局は上場企業数増加への「起爆剤」と期待

[ニューヨーク 7日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米証券取引委員会(SEC)のアリソン・ヘレン・リー委員長代理は、企業が上場することを望んでいる。だからこそ、リー氏や他の監督当局は、幾つかの欠陥があっても特別買収目的会社(SPAC)を好意的に扱っているのかもしれない。

米予算教書、気候変動や保健分野に重点 国防費は実質横ばい

バイデン米大統領は9日、2022年度(21年10月─22年9月)の予算教書の裁量的経費の内容を発表し、気候変動対策や保健、教育関連向けなどの予算増額を提案した。国防費の拡大を目指していたトランプ前政権の方針から大きく転換する。