エディション:
日本

トップニュース

今日の株式見通し=方向感乏しい、米中摩擦警戒と自律反発期待が綱引き

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、方向感を欠いた展開が予想される。ドル/円が円安気味に推移しており相場の支えになるほか、悪材料をいったん織り込んだとして自律反発を期待する声がある。一方、米中貿易摩擦への警戒感は根強く、買い手がかりに乏しい中で為替が円高に振れれば改めて下げが強まり得るとの見方も出ている。

中朝首脳が意見交換、朝鮮半島非核化など共通問題で理解=KCNA

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と中国の習近平国家主席は19日に会談し、朝鮮半島の非核化を含め共通の問題で理解に達した。朝鮮中央通信(KCNA)が20日報じた。両首脳は、米朝首脳会談について協議、非核化問題の解決に向けた見方など共通の問題で意見を交換した。