エディション:
日本

株式市場

インタビュー:日本株に最も強気、為替は50%ヘッジ=蘭NNIP

オランダの資産運用大手NNインベストメント・パートナーズ(NNIP)のヴァレンタイン・ファン・ニューウェンハウゼン最高投資責任者(CIO)は、ロイターとのインタビューで、グローバル株式の中で日本を最もオーバーウエート(強気判断)していると話した。世界同時好況の追い風に加え、政権の安定性、金融政策の継続性などを評価している。また、為替ヘッジ比率を数年前の100%から50%に引き下げたことを明かした。

東京マーケット・サマリー・最終(12日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 113.45/47 1.1770/74 133.55/59 NY午後5時 113.55/57 1.1768/69 133.63/67 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点より小安い113円半ば。 きょうから2日間の日程で開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を皮切りに今 週はイベント目白押しとなるなか、投機筋は新規のポジションを手控え、様子見を決め 込んでいるもようだ。  レポート全文: <株式市場> 日経平

インド株式市場・中盤=下落、原油高でインフレ懸念強まる

インド 日本時間17 前日比 % 始値 時7分 SENSEX 33,308.02 - 147. - 0.4 33,426 指数 77 4 .59 前営業日終値 33,455.79 日本時間17 前日比 % 始値 時22分 NSE指数<.N 10,262.30 - 59.9 - 0.5 10,324 SEI> 5 8 .90 前営業日終値 10,322.25 12日中盤のインド株式市場の株価は下落。原油価格の上昇がインフレを加

UPDATE 1-アジア株式市場サマリー(12日)

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3280.8136 - 41.3820 - 1.25 3320.3103 3320.3103 3280.3291 前営業日終値 3322.1956 中国 CSI300指数 4015.730 -53.770 -1.32 4068.505 4070.150 4015.455 <.CSI300

ソウル株式市場・引け=反落

韓国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 総合株価指 2,461.00 - 10.49 - 0.42 2,471.23 2,471.43 2,455.39 数 前営業日終 2,471.49 値 12日のソウル株式市場の株価は反落。総合株価指数(KOSPI)終値は 10.49ポイント(0.42%)安の2461.00。 年初来では22.0%上昇。過去30営業日では1.22%下落。 出来高は2億7673万1000株。取引銘柄878のうち、上昇は284。 海外投資家は2909億3100万ウォン

〔需給情報〕日経225期近でSBI証券が売り越しトップ=12日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中 )によると、12日の市場では、日経225期近でSBI証券が売り越しトップ、JPモ ルガンが買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近では大和が売り越しトップ、クレディスイスが買い越しトップ となった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2017年12月12日 18年03月限 売り 買い 差し引き SBI証 2679

新規上場日程一覧(12日現在)

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TMF:マザーズ(外国株)  TR:REIT TP:TOKYO PRO Market  N1:名証1部 N2:名証2部 NC:セントレックス   F:福証 FQ:Q-Board S:札証 SA:アンビシャス 市場 社名 コード 単位 上場日 公募・売り出し(追加) 仮条件 公開価 主幹事

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線・25日線がサポート

<16:30> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線・25日線がサポート 日経平均・日足は「小陰線」となった。きょうは節目2万3000円に接近したもの の届かなかったことで利益確定売りに押された。ただ、市場では、米連邦公開市場委員会 (FOMC)などのイベントを前にした様子見の範囲内と受け止められている。「買いが 手控えられたが、特に売りが膨らんだわけでもなく、地合いは悪くない」(国内証券)と の声も聞かれた。目先の上値のめどは、きょうの取引時間中高値2万2994円33銭や 節目2万3000円とみられている。一方、サポートは5日移動平均線(2万2658円 21銭=12日終値)や25日移動平均線(2万2577円40銭=同)とみられる。 <16:07> 新興市場は小じっかり、大型株から資金が流入 新興株式市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに4日続伸し、 ジャスダック平均は高値を更新した。「大型株が下げたことで中小型株に資金が流入した 」(国内証券)との声が聞か

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=12日

東証1部上場銘柄のうち 、RSI(相対力指数)のランキング(上位・下位15位ずつ )は以下の通り。 [RSI 70以上(上位)] 5.09%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 きもと 83.18 02 TOA 81.24 03 北興化学工業 80.29 04 シーイーシー 79.86 05 オープンハウス 79.64 06 エ