エディション:
日本

株式市場

米金利先物市場で9月の0.5%利上げ観測強まる、CPI受け

[10日 ロイター] - 10日に発表された7月の米消費者物価指数(CPI)で物価の伸びが予想以上に鈍化したことを受け、米金利先物市場では9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での0.75%ポイント利上げの観測が後退した。

アジア株式市場サマリー:引け(10日)

東南アジア株式市場はまちまちで引けた。 中国株式市場は反落して取引を終了した。中国のインフレ統計が予想を下回ったこと で、内需低迷への懸念が広がった。 上海総合指数の終値は17.4118ポイント(0.54%)安の3230 .0200。上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI3 00指数は46.553ポイント(1.12%)安の4109.737。 金融株は0.72%、不動産株は1.03%、ヘルスケア 株は1.77%それぞれ下落した。 香港株式市場は続落。ハンセン指数終値は392.60ポイント(1.96% )安の1万9610.84と、8月2日以来の大幅安。ハンセン中国企業株指数(H株指 数)は150.64ポイント(2.22%)安の6644.13で引けた。 不動産株が売られた。UBSは、不動産開発大手の碧桂園、龍湖集団<0960 .HK>と、不動産管理会社の碧桂園服務、金科智慧服務の投資判断を「 買い」から「中立」に引き

中国・香港株式市場・大引け=中国株反落、予想より弱いインフレ統計で 香港続落

中国株式市場は反落して取引を終了した。中国のイ ンフレ統計が予想を下回ったことで、内需低迷への懸念が広がった。 上海総合指数の終値は17.4118ポイント(0.54%)安の3230 .0200。上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI3 00指数は46.553ポイント(1.12%)安の4109.737。 金融株は0.72%、不動産株は1.03%、ヘルスケア 株は1.77%それぞれ下落した。 香港株式市場は続落。ハンセン指数終値は392.60ポイント(1.96% )安の1万9610.84と、8月2日以来の大幅安。ハンセン中国企業株指数(H株指 数)は150.64ポイント(2.22%)安の6644.13で引けた。 不動産株が売られた。UBSは、不動産開発大手の碧桂園、龍湖集団<0960 .HK>と、不動産管理会社の碧桂園服務、金科智慧服務の投資判断を「 買い」から「中立」に引き下げた。香港に上場する中国ディベロッパーに連動する指数<. HSMPI>は5.14%下落した

再送-東芝、米国子会社で資金流失 被害額は約5億円

東芝は10日、米国子会社での資金流失に伴い、米国と資金流出先の香港の捜査当局に被害届を提出したと発表した。7月中旬に経営幹部を装う第三者による虚偽の指示があり、被害額は約360万米ドル(約5億円)になるという。同社は第2・四半期(7─9月期)に被害額の約5億円を最大影響額として損失計上する。

東京マーケット・サマリー・最終(10日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY => 午後5時現在 134.94/96 1.0209/13 137.79/83 NY午後5時 135.13/17 1.0211/15 138.02/06 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べて小幅ドル安/円高の 134円後半。米消費者物価指数(CPI)の発表を控えて様子見ムードが広がる中、中国経 済指標の下振れで

新規上場日程一覧(10日現在) 「ペアキャピタル」

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧にな れます 。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をク リック してご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り TPM:東証プライム TS:東証スタンダード T:東証(東証での市場区分は未定)  TG:東証グロース  TR:REIT TP:TOKYO PRO Market  NP:名証プレミア NM:名証メイン NN:名証ネクスト   F:福証 FQ:Q-Board S:札証 SA:アンビシャス 市場 社名 コード 単 上場日 公募・売り出し(追加 仮条件 公開 主幹事 位 )

〔需給情報〕日経225期近でJPモルガンが売り越しトップ=10日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報 (日中)によると、10日の市場では、日経 225期近でJPモルガンが売り越しトップ 、ABNクリアが買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではドイツが売り越し トップ、JPモルガンが買い越しトップとな った。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2022年08月10日 22年09月限 売り 買い 差し引き JP モルガン 1851 377

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、短期的な調整への警戒も

<15:46> 日経平均・日足は「小陰線」、短期的な調整への警戒も 日経平均・日足は「小陰線」となった。2万7819円33銭で取引を終えた。5日 移動平均線(2万8035円32銭=10日)を上回れず、地合いは良くない。パラボリ ックが陰転し、MACDはデッドクロスが目前となっており、短期的な調整が意識される 。下方向は、200日線(2万7550円45銭=同)で下げ止まらなければ、25日線 (2万7389円14銭=同)や心理的節目2万7000円への下落も警戒される。 <15:08> 新興株はマザーズが反落、米ハイテク株安が重しに 新興株式市場は、マザーズ総合が2.96%安の708.97ポイントと、反落した 。東証グロース市場指数は前営業日比2.95%安の901.58ポイントだった。前日 の米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が軟調だったことが、投資家心理を冷 やした。 値がさのそーせいグループやフリーが大幅安となった。ジーエヌア イグループは朝方に年初来高値を更新する場面があ

東京株式市場・大引け=続落、半導体関連売られる 米CPI前に模様眺めも

東京株式市場で日経平均は、前営業日比180円6 3銭安の2万7819円33銭と、続落して取引を終えた。米国株式市場でハイテク株比 率の高いナスダック総合が安かったことを嫌気し、値がさの半導体関連株が軟調 に推移した。米消費者物価指数(CPI)の発表を控えている上、休日前でもあり、午後 にかけて模様眺めムードが強まった。 日経平均は小安く寄り付いた後、下げ幅を拡大して一時、前営業日比270円50銭 安の2万7729円46銭に下落した。指数寄与度の大きい半導体関連株が軟調となって 指数の重しになった。米半導体大手マイクロン・テクノロジーの軟調な業績見通し を受けて半導体株やハイテク株が売られた米国市場の流れが波及した。 東京エレクトロンやアドバンテストが大幅安となったほか、値がさ 株ではファーストリテイリングも軟調となり、3銘柄で指数を約140円押し下 げた。 決算を手掛かりにした個別物色は、引き続き活発だった。日経平均への寄与度の大き い一部銘柄の下げが相場全体には波及していないとして「日本株は底堅い」(国内証券)

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、米ハイテク株安が重しに

<15:08> 新興株はマザーズが反落、米ハイテク株安が重しに 新興株式市場は、マザーズ総合が2.96%安の708.97ポイントと、反落した 。東証グロース市場指数は前営業日比2.95%安の901.58ポイントだった。前日 の米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が軟調だったことが、投資家心理を冷 やした。 値がさのそーせいグループやフリーが大幅安となった。ジーエヌア イグループは朝方に年初来高値を更新する場面があったが、大幅安で取引を終え た。一方、JTOWERやスパイダープラスが大幅高。ブリッジインタ ーナショナルはしっかりだった。 <14:05> 日経平均は小動き、米CPIは予想並みでも「株高不透明」の見方 も 日経平均は小動きとなっている。午後の値幅は36円程度で「7月の米消費者物価指 数(CPI)を待つムードが一段と強まっている」(国内証券)とみられている。 米CPIの市場予想は前年比8.7%プラスで6月の9.1%プラスからの低下が見 込まれている。市場予想を