エディション:
日本

株式市場

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、600円超安 米株先物の下げ幅拡大を嫌気

<14:30> 日経平均は下げ幅拡大、600円超安 米株先物の下げ幅拡大を嫌気  日経平均は下げ幅拡大、前日比600円ほど安いの1万8300円台前半を推移している。市場からは 「米株先物の下げ幅拡大に伴い、日経平均も連れ安となっている。米国での新型コロナの急速な感染拡大を 受け、ジム・ロジャーズ氏やジェフリー・ガンドラック氏といった著名な投資家がネガティブなコメントを 出すなど、きょうは地合いが悪い。売りに押されてしまう」(国内証券)との声が出ていた。 <13:35> 日経平均は1万8500円台で軟調、米株先物下げ止まらず 日経平均は軟調、1万8500円台後半を推移している。米国での新型コロナウイルスの感染拡大が急 増しており、31日には1日の死者数が初めて700人を上回ったことなどが嫌気され、米株先物が下落し ている。市場からは「米株先物が下げ止まらない。国内でも、引き続き首都封鎖のうわさがあるなど、地合 いは良くない。機械的な売りが入っている可能性がある」(国内証

アジア株式市場サマリー:中盤(1日)

時間 現在値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 13:53 2758.66 +8.366 +0.30 2743.5409 2773.3641 2740.7918 前営業日終値 2750.2962 中国 CSI300指 13:53 3711.49 +25.336 +0.69 3682.297 3731.780 3677.706 数

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は1万8500円台で軟調、米株先物下げ止まらず

<13:35> 日経平均は1万8500円台で軟調、米株先物下げ止まらず 日経平均は軟調、1万8500円台後半を推移している。米国での新型コロナウイルスの感染拡大が急 増しており、31日には1日の死者数が初めて700人を上回ったことなどが嫌気され、米株先物が下落し ている。市場からは「米株先物が下げ止まらない。国内でも、引き続き首都封鎖のうわさがあるなど、地合 いは良くない。機械的な売りが入っている可能性がある」(国内証券)との声が出ていた。   <11:45> 前場の日経平均は続落、新型コロナへの警戒 日銀短観も嫌気  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比177円03銭安の1万8739円98銭となり、続落 した。前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、主力輸出関連株を中心に安寄りして始まった。弱い日銀短 観も嫌気され400円近くまで下げ幅を拡大したが、その後は下げ渋った。新型コロナウイルスの感染拡大 による経済停滞が懸念されるものの、下値は日銀のETF(上場

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、新型コロナへの警戒 日銀短観も嫌気

<11:45> 前場の日経平均は続落、新型コロナへの警戒 日銀短観も嫌気  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比177円03銭安の1万8739円98銭となり、続落 した。前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、主力輸出関連株を中心に安寄りして始まった。弱い日銀短 観も嫌気され400円近くまで下げ幅を拡大したが、その後は下げ渋った。新型コロナウイルスの感染拡大 による経済停滞が懸念されるものの、下値は日銀のETF(上場投資信託)買いに対する警戒もあり、売り 込みにくいという。 寄り付き前に日銀が発表した3月調査短観は投資家心理を圧迫する材料となった。大企業・製造業の業 況判断指数(DI)はマイナス8と、前回2019年12月調査から8ポイント悪化。7年ぶりの低水準と なったほか、先行きの業況判断DIについてもマイナス11と3ポイント悪化が見込まれた。 市場からは「決算発表を前に、業績下方修正や配当金の減額などがラッシュになるとみられ、これらの 実体悪を株価は織り込むことになる」(岡三オ

ホットストック:NECがしっかり、半値戻しの水準に迫る

NECがしっかり。5Gなど将来的なビジネスチャンスの大きさから昨年来主力の一角を形成してきた銘柄だが、日銀短観の結果で全体的に先行きが警戒される中で、チャートは戻り一巡後に演じているもみあい上放れの構えを示している。