エディション:
日本

株式市場

アジア株式市場サマリー:引け(28日)

中国株式市場は上昇して終了した。中国人民銀行(中央銀 行)が住宅市場の影響から消費者を守る姿勢を示したことを好感し、不動産株が買われた 。 住宅市場にさらされている消費者を保護すると人民銀が表明し、銀行システムに流動 性を供給したことから不動産指数は5.6%高と急伸した。 不動産株の上昇を受けて銀行株指数は1.8%高となった。 中国国家統計局が28日に発表した8月の工業部門企業利益は、前年同月比の伸びが 6カ月連続で鈍化した。コモディティー(商品)価格高や厳しいエネルギー消費抑制策が 重しとなった。 ゴールドマン・サックスは28日付の調査ノートで、中国の今年の経済成長率予測を 8.2%から7.8%に引き下げた。エネルギー不足と生産活動の大幅低下が「著しい下 振れ圧力」になっていると指摘した。 石炭株指数は4.3%高。供給不足により国内各地の家庭や産業部門で 停電が発生している。 中国の工業部門集積地である東北部で電力不足が深刻化する中、供給が不十分となっ ている

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=上昇、不動産など主導 人民銀の姿勢を好感

中国株式市場は上昇して終了した。中国人民銀行( 中央銀行)が住宅市場の影響から消費者を守る姿勢を示したことを好感し、不動産株が買 われた。 上海総合指数終値は19.3877ポイント(0.54%)高の3602. 2184。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 終値は6.458ポイント(0.13%)高の4883.828。 住宅市場にさらされている消費者を保護すると人民銀が表明し、銀行システムに流動 性を供給したことから不動産指数は5.6%高と急伸した。 不動産株の上昇を受けて銀行株指数は1.8%高となった。 中国国家統計局が28日に発表した8月の工業部門企業利益は、前年同月比の伸びが 6カ月連続で鈍化した。コモディティー(商品)価格高や厳しいエネルギー消費抑制策が 重しとなった。 ゴールドマン・サックスは28日付の調査ノートで、中国の今年の経済成長率予測を 8.2%から7.8%に引き下げた。エネルギー不足と生産活動の大幅低

新規上場日程一覧(28日現在)

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれ ます。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリ ックし てご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TMF:マザーズ(外国株)  TR:REIT TP:TOKYO PRO Market  N1:名証1部 N2:名証2部 NC:セントレックス   F:福証 FQ:Q-Board S:札証 SA:アンビシャス 市場 社名 コード 単 上場 公募・売り出し(追加 仮条件 公開 主幹事 位

東京マーケット・サマリー・最終(28日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY => 午後5時現在 111.23/25 1.1685/89 129.99/03 NY午後5時 111.00/03 1.1694/98 129.79/83 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安 の111円前半。中国恒大集団を巡る懸念が後退しリスクオン姿勢が広がっ たことで、円安傾向が強まっているという。

中国・香港株式市場・大引け=不動産主導で中国上昇、人民銀の姿勢を好感

中国株式市場は上昇して終了した。中国人民銀行( 中央銀行)が住宅市場の影響から消費者を守る姿勢を示したことを好感し、不動産株が買 われた。 上海総合指数終値は19.3877ポイント(0.54%)高の3602. 2184。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数 終値は6.458ポイント(0.13%)高の4883.828。 住宅市場にさらされている消費者を保護すると人民銀が表明し、銀行システムに流動 性を供給したことから不動産指数は5.6%高と急伸した。 不動産株の上昇を受けて銀行株指数は1.8%高となった。 中国国家統計局が28日に発表した8月の工業部門企業利益は、前年同月比の伸びが 6カ月連続で鈍化した。コモディティー(商品)価格高や厳しいエネルギー消費抑制策が 重しとなった。 ゴールドマン・サックスは28日付の調査ノートで、中国の今年の経済成長率予測を 8.2%から7.8%に引き下げた。エネルギー不足と生産活動の大幅低下が「著しい下 振れ圧力」になっている

〔需給情報〕日経225期近でモルガンMUFGが売り越しトップ=28日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報 (日中)によると、28日の市場では、日経 225期近でモルガンMUFGが売り越しト ップ、みずほ証券が買い越しトップとなった 。 一方、TOPIX期近ではBofAが売 り越しトップ、みずほ証券が買い越しトップ となった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2021年09月28日 21年12月限 売り 買い 差し引き モルガンMUF 1329 4

アジア株式市場サマリー:引け(28日)

ソウル株式市場は反落。中国不動産開発大手、中国恒大集団の先行きと、中 国での広範な電力不足の影響に対する懸念が相場を圧迫した。 半導体大手がKOSPIの下げをけん引した。サムスン電子は1.80%安、SKハイニ ックスは0.96%安。インターネット検索大手のネイバーは2.61%安。メッ セージアプリ運営のカカオは2.08%安。 中国人民銀行(中央銀行)は27日、住宅市場からの消費者保護を約束し、銀行システムに資金を追加 供給した。 中国で電力不足が深刻化しており、米アップルや米電気自動車(EV)大手テスラの供給業者をふくむ 多数の工場で生産が停止している。同国の製造業や関連するサプライチェーン(供給網)に影響が生じる見 込み。 10年物米国債利回りが3カ月ぶり高水準となっていることも投資家のリスク回避の材料となった。  終値 前日比 % 始値 高値