エディション:
日本

株式市場

東南アジア株式・引け=大半が下落、米株下落が地合い圧迫

米国と中国の貿易摩擦が緩和するとの期待が台頭し地合いを支えたものの、相場を反転させる勢いはなかった。香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、米中両国の関係筋の話として、今月末からアルゼンチンで始まる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて開く米中首脳会談を準備するため、中国の劉鶴副首相が米国を訪問する可能性があると報じた。

UPDATE 2-アジア株式市場サマリー(13日)

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2654.8795 + 24.3600 + 0.93 2600.5004 2666.4853 2597.3477 前営業日終値 2630.5195 中国 CSI300指数 3237.382 +32.242 +1.01 3164.922 3254.768 3161.098

10月末国内公募投信残高は前月比5.2%減の110.2兆円、1兆1754億円の流入超

投資信託協会が13日発表した10月の投信概況によると、10月末の国内公募投 信の純資産残高は、前月比5.2%減の110兆2194億円。設定額から解約・償還額を差し引いた資金フローは1兆 1754億円の流入超だった。 また、私募投信の純資産残高は、前月比0.7%増の90兆0572億円。設定額から解約・償還額を差し引いた資金フ ローは1兆8841億円の流入超だった。 10月末の私募を含む投信の銀行窓販残高は前月比0.4%減の97兆5353億円、銀行チャンネルの販売シェアは4 8.7%、このうち、公募投信の残高は27兆6162億円、販売シェアは25.1%だった。 タイ 設定額 解約額 償還額 差引増減 運用等増減額 純資産増減 純資産総額 ファンド数 プ 額 (収益分配額 額

東京マーケット・サマリー・最終(13日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 114.05/07 1.1236/40 128.17/21 NY午後5時 113.83/84 1.1217/19 127.68/72 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の114 円前半。日経平均が一時700円を超える下げとなったにもかかわらず、東京市場では円が小幅 ながら下落した。貿易戦争で緊迫する米中の歩み寄りに期待感が浮上したためだという。

〔需給情報〕日経225期近でSBI証が売り越しトップ=13日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中 )によると、13日の市場では、日経225期近でSBI証が売り越しトップ、ABNク リアが買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではSMBC日興が売り越しトップ、大和が買い越しトップと なった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2018年11月13日 18年12月限 売り 買い 差し引き SBI証 442