エディション:
日本

テクノロジー

米政府、フェイスブック・メッセンジャーの暗号解読で協力要請

米国政府はフェイスブックに対し、司法当局が犯罪捜査で容疑者の会話を盗聴するため、メッセンジャーアプリの暗号解読への協力を義務付けようとしている。事情に詳しい関係筋3人がロイターに対し、同社が司法省の要請を巡って訴訟で争っていることを明らかにした。

米グーグル、中国の検閲対応検索エンジンに従業員が抗議

米大手情報技術(IT)企業アルファベット傘下のグーグルが検討している中国の検閲に対応した検索エンジンについて、多数の同社従業員が内部文書で「透明性と監視、説明責任」を強化する必要があると抗議したことが明らかになった。ロイターが16日、内部文書を閲覧した。

テンセント4─6月期は13年ぶり減益、ゲーム販売の認可凍結響く

中国インターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が15日発表した第2・四半期決算(4─6月)は、純利益が2%減の178億7000万元(25億9000万ドル)となった。減益となるのは約13年ぶり。モバイルゲームとパソコンゲームがともに不振だった。

米グーグル、ブラジルが競争法違反で調査開始を検討=新聞

ブラジルの独占禁止当局である経済擁護行政委員会(CADE)は、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」が競争法に違反している可能性について調査を開始することを検討している。CADEのバレット委員長が15日付の現地紙バロール・エコノミコのインタビューで明らかにした。