エディション:
日本

テクノロジー

ツイッター、マスク氏が秘密保持契約違反と苦情

米電気自動車(EV)大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は14日、ツイッターの法務担当チームから、秘密保持契約の対象となる情報を公表したと非難された、と明かした。

ソフトバンクG、前期は過去最大の赤字 孫会長「守りの時」

ソフトバンクグループが12日に発表した2022年3月期(国際会計基準)業績は、当期損失が1兆7080億円と過去最大の赤字を計上した。投資先企業の株価が大幅に下落した。孫正義会長は会見で「守りに徹するべき時」として、新規投資の縮小や手元現預金の確保などを進める考えを示した。

台湾鴻海、1─3月は5%増益 中国コロナ対策や半導体不足が重し

米アップルを主要顧客とする台湾の電子製品受託生産大手、鴻海精密工業が12日発表した第1・四半期決算は、5%増益で市場予想とほぼ一致した。半導体不足やサプライチェーン(供給網)の問題に加え、中国での厳格な新型コロナウイルス感染対策が重しとなった。

JERA、CO2排出量を35年度までに13年度比60%削減

JERA(東京都中央区)は12日、2035年度までに国内事業からのCO2排出量を13年度比60%削減する目標を掲げた。1億トン以上の削減になるという。水素・アンモニア混焼を進め、火力発電による排出量の低減を図る。小野田聡社長は会見で「ロシアのウクライナ侵攻で脱炭素化は加速する」と述べた。