エディション:
日本

テクノロジー

米フェイスブック、選挙控えたモルドバで複数アカウント削除

米フェイスブックは14日、今月選挙が予定されているモルドバで、有権者に影響を与える可能性のあるページやアカウントを削除したと明らかにした。欧州連合(EU)議会選挙を5月に控え、インターネットの選挙への影響を巡り懸念が高まっている。

米ウーバー、2018年の予約額は500億ドル IPO控え

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]が15日発表した2018年の予約額は、500億ドルに達した。同社は新規株式公開(IPO)に向け準備を進めており、テクノロジー関連企業の最大案件のひとつとなる見通し。

英当局、ファーウェイ製品リスク抑制は可能と最終判断=FT

英国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)は、次世代通信規格「5G」ネットワークに中国の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の製品を利用した場合に発生するリスクを抑制できると最終的に判断した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が、NCSCの決定に詳しい2人の関係者の話として伝えた。

日産ガバナンス委が会合、アライアンスで意見交換も 6時間超の討議

日産自動車のコーポレートガバナンス(企業統治)のあり方を見直す「ガバナンス改善特別委員会」(ガバナンス委)が15日、3回目の会合を開いた。権力が集中していた前会長カルロス・ゴーン被告らによる不正行為が起きた原因やガバナンスの改善策について、執行と監督の分離などのテーマを中心に討議した。会合は6時間超に及んだ。