エディション:
日本

テクノロジー

KKR、日立国際のTOB価格を3132円に引き上げ

日立国際電気 は24日、米プライベートエクイティ(PE)大手KKR傘下のHKEホールディングス合同会社が、日立国際へのTOB価格を1株2900円から3132円に引き上げたと発表した。

アマゾン物流拠点でブラックフライデーにスト、イタリアとドイツ

米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムのイタリアの主要物流拠点とドイツの6つの倉庫で、ブラックフライデー(米感謝祭翌日の金曜日)に合わせストライキが計画されている。労働組合が明らかにした。年末商戦が本格化するこの日に混乱が生じる恐れがある。

アマゾン、豪サービスで試験的に注文受付開始

米アマゾン・ドット・コムのオーストラリア部門が23日、ネット販売の注文受付を試験的に始めた。注文受付は23日午後3時(日本時間午後1時)にスタートした。アマゾンはコメントを控えている。

米ウーバー、個人情報流出の公表前にソフトバンクに報告

米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]は23日、昨年10月のハッカー攻撃でユーザー約5700万人の個人情報が流出していた問題について、今週21日の公表前に、ウーバーへの出資を計画するソフトバンクグループに報告していたと明らかにした。

フィンテック、銀行による情報独占に変化もたらす=日銀・山岡氏

日本銀行の山岡浩巳・決済機構局長は22日、都内で開催されたトムソンロイター主催による金融技術(フィンテック)関連のパネルディスカッションに参加し、「銀行のビジネスモデルは600年の歴史があり、それなりに合理的」と指摘。同時に、フィンテックにより「銀行による情報の独占が挑戦を受けている」との見方を示した。