エディション:
日本

トップニュース

ニトリ、島忠に1株5500円でTOB 「提案受け入れに最大限努力」

ニトリは29日、島忠の普通株式を1株5500円で公開買い付け(TOB)すると発表した。家具やホームセンターなど住関連を手掛ける島忠と経営統合することで、店舗網や品揃えを拡充したい考え。島忠経営陣とはこれから会うなどし「提案を受け入れてもらえるように最大限の努力をしたい」(似鳥昭雄会長)という。

仏ニースで教会襲撃、3人死亡 市長はテロと指摘

フランス警察によると、南部の都市ニースで29日、刃物を持った男が教会を襲撃し、3人が死亡、数人が負傷した。ニース市長はテロリスト攻撃との見方を示した。死亡した3人のうち、女性1人は首を切断されたという情報がある。

中国国有銀、為替フォワードで元高抑制する取引=関係筋

中国の複数の大手国有銀行が今週、オンショア為替スワップ市場でドルを人民元に交換する取引を行っていることが29日、市場関係者の話で明らかになった。中国の金融当局が急速な元高を抑制しようとしている可能性がある。

独VW、第3四半期は黒字確保 中国で高級車販売が好調

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が発表した第3・四半期決算は、営業利益(一時項目除く)が32億ユーロ(約37億8000万ドル)だった。新型コロナウイルスの影響で出荷台数は1.1%減少したが、中国で高級車の引き合いが強く黒字を確保した。

企業の資金繰り支援、必要あれば期限延長=日銀総裁

日銀の黒田東彦総裁は29日、金融政策決定会合後の会見で、日銀が新型コロナウイルス対応として実施中の特別プログラムは効果を発揮しているとしたうえで、2021年3月末までとしている措置について「必要と判断されれば期限を延長する」と述べた。