エディション:
日本

トップニュース

東京五輪、予定通り開催と確信 ワクチンが寄与=世界陸連会長

世界陸連のセバスチャン・コー会長は14日、東京五輪・パラリンピックが予定通り開催されることを確信していると語った。「昨年のこの時期にはワクチンについて考えることすらできなかった」とし、新型コロナウイルスワクチンの普及が寄与するとの考えを示した。

米インフレの高まり、一時的のもよう=CEA委員長

米大統領経済諮問委員会(CEA)のラウズ委員長は14日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による需給のミスマッチや景気回復がインフレを押し上げているものの、一時的と見られているとの認識を示した。

米パイプライン攻撃のダークサイド、活動停止のもよう=新聞

米パイプライン最大手コロニアル・パイプラインにサイバー攻撃を仕掛けたとされるハッカー集団「ダークサイド」が活動を停止したと、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が14日、サイバーセキュリティー大手ファイア・アイの情報として報じた。

米4月小売売上高は横ばい、今後上向きも 「コト消費」へシフト

米商務省が14日に発表した4月の小売売上高(季節調整済み)は前月から横ばいにとどまった。新型コロナウイルス対策の一つである現金支給の効果が薄れ、市場予想の1%増を下回った。ただ、貯蓄は過去最高水準にあり、経済活動が再開する中、小売売上高は今後数カ月間で加速する可能性が高い。