エディション:
日本

トップニュース

ロシア編入投票、圧倒的多数が支持 序盤の国内暫定集計=RIA

[ロンドン/モスクワ 27日 ロイター] - ウクライナ東南部4州の親ロシア派支配地域で実施されているロシアへの編入を問う住民投票を巡り、ロシア通信(RIA)は27日、ロシア国内で行われた投票分の序盤の暫定集計では圧倒的多数が編入に賛成したと報じた。

英中銀、市場が「機能不全」に陥るときのみ国債売却停止=ピル氏

[ロンドン 27日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、ヒュー・ピル氏は、英中銀が機能不全の市場で英国債を売却することはないが、ファンダメンタルズの変化を反映した急激な価格変動は英国債の売却を一時的に停止する理由にはならないと述べた。

米、パイプラインガス漏れ調査に支援の用意 破壊工作か確認せず

[ワシントン 27日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は27日、ロシアと欧州を結ぶ天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」と「ノルドストリーム2」で発見されたガス漏れについて、攻撃や破壊工作による可能性があるという報道を米政府は確認していないとした上で、仮に破壊工作であれば、誰の利益にもならないと述べた。

米新築住宅販売、8月は28.8%増の68.5万戸 予想上回る

[ワシントン 27日 ロイター] - 米商務省が27日発表した8月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済み)は年率換算で前月比28.8%増の68万5000戸と、市場予想の50万戸を上回った。30年物の住宅ローン固定金利が急上昇する中、米住宅販売の約10%を占める新築住宅販売の堅調な伸びは一時的となる公算が大きい。

英財務相、経済・財政政策に自信表明

英国のクワーテング財務相は自身の経済・財政政策がうまくいく「自信がある」とし、イングランド銀行(英中央銀行、BOE)との緊密な協力関係の必要性を強調した。大手銀行や保険会社、資産運用会社との会合で語った。

景気後退リスクの高まり、外部の衝撃が要因の公算=セントルイス連銀総裁

[ワシントン 27日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は27日、連邦準備理事会(FRB)の速いペースでの利上げによって景気後退(リセッション)のリスクが高まったものの、依然底堅く推移する米経済の崩壊ではなく、外部の衝撃による公算が大きいという認識を示した。