エディション:
日本

トップニュース

米不法移民一斉摘発の身柄拘束は35人、対象は2100人超=移民税関捜査局

米移民税関捜査局(ICE)は23日、7月13日の週末にかけて実施した不法移民の一斉摘発で身柄を拘束した不法移民の数が35人だったことを明らかにした。摘発の対象者は2100人を超えていたが、ICEは一斉摘発の実施が事前に広く報じられたため、拘束者が少なかったと説明している。

IMF、世界経済見通し引き下げ 通商や英EU離脱がリスクに

国際通貨基金(IMF)は23日、四半期の経済見通しを公表し、2019年と20年の世界経済見通しを下方修正した。米中の関税や無秩序なブレグジット(英国の欧州連合離脱)などが成長の足かせとなり、投資やサプライチェーン(供給網)を妨げる恐れがあると警告した。

5─7月の英製造業受注、金融危機以来の低水準=産業連盟

英産業連盟(CBI)が23日発表した公表した調査によると、5─7月の新規受注指数(受注増加ないし通常より多いとの回答から減少または通常を下回るとの回答を引いた差)は金融危機以来の低水準となった。欧州連合(EU)離脱を巡る懸念が背景にある。