エディション:
日本

トップニュース

朝鮮半島は平和で安定する=中国主席

中国の習近平国家主席は20日、訪中している北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対し、両国が共同で努力すれば朝鮮半島は間違いなく平和で安定すると述べた。国営の新華社が伝えた。

アングル:中国、輸入制限以外で想定される対米報復シナリオ

トランプ米大統領が年間2000億ドル相当の中国製品に10%の追加関税を課す方針を表明し、米中貿易紛争は一段と激化した。米国が15日に500億ドル相当の中国製品に25%の追加関税を課す制裁の発動を決めた際に、中国は即座に同規模の米国製品への制裁関税を発表した。

コラム:日銀緩和出口に立ちふさがる政治と為替問題=植野大作氏

[東京 20日] - 黒田日銀の2期目が始まり約2カ月半が経つ。金融政策は相変わらず「現状維持」の連続だが、長短金利操作による異例の低金利が長期化する中、地域金融機関の経営圧迫、年金生保の運用利回り低迷など、さまざまな副作用への懸念も高まっている。

アングル:トランプ関税の米国内影響、「誤差の範囲」超えも

トランプ米大統領が新たに課した追加関税は、米国の経済成長を最大でも1パーセンテージポイントの数分の1程度押し下げ、同じ程度インフレ率を上昇させるだろう。史上2番目の長期成長を続ける19兆ドル(約2100兆円)規模の経済にとって、取るに足らない大きさの影響だ。

ゲーム産業は重要、依存症は実態踏まえ対応を=菅官房長官

菅義偉官房長官は20日午後の記者会見で、世界保健機関(WHO)がオンラインゲームやテレビゲームの中毒・依存症を国際疾病分類に初めて盛り込む方針を示したことに対して「ゲーム産業はクール・ジャパン戦略の重要産業」と指摘。その上で「こうした産業が成長していくには適切に対応していくことが大事」「今後実態等の調査を行い、結果を踏まえて対応してほしい」と要望した。

次のページ