エディション:
日本

トップニュース

米高官がインド訪問、ロシア産原油購入巡り協議へ

米財務省は、ローゼンバーグ・テロ資金調達・金融犯罪担当次官補が24日にインドに出発したと発表した。ウクライナ侵攻を受けてロシアに制裁を科す中、インドのロシア産原油購入抑制を目指し、政府当局者や企業などと協議する。

ロシア下院、撤退する外資の資産没収案を基本承認

ロシア下院は24日、ウクライナへの軍事侵攻を受けてロシア事業から撤退した外資系企業の資産を国内企業の管理下に置くことを可能にする法案を3段階審議の初段階に当たる第1読会で基本承認した。

午前の日経平均は小幅続落、材料に欠き模様眺めムードに

25日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比35円06銭安の2万6713円08銭と小幅続落した。米ナスダック安を受けて売り優勢で始まった後は下げ渋り、弱もちあいとなった。手掛かり材料に欠き、模様眺めムードが支配している。

情報BOX:米株予想、大手金融機関が軒並み弱気に

米国の物価上昇率は40年ぶりの高い伸びで推移している。このため株式市場参加者に広がっているのは、米連邦準備理事会(FRB)の政策対応が後手に回り、物価抑制に向けて踏み込んだ利上げが必要になるので結局、景気後退(リセッション)に陥るのではないかとの懸念だ。

NZ中銀、政策金利を50bp引き上げ 利上げは5会合連続

ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は25日の金融政策決定会合で、政策金利のオフィシャル・キャッシュレート(OCR)を50ベーシスポイント(bp)引き上げて2.00%にすることを決めた。利上げは5会合連続で、インフレ抑制を目指す。

日米豪印の首脳会合、ウクライナ情勢に懸念表明 ロシア名指しせず

日本、米国、オーストラリア、インドは24日、4カ国の協力枠組み「クアッド」の首脳会合を都内で開き、ロシアを直接非難しない形でウクライナ情勢に懸念を表明した。その上で、インド太平洋地域で同様の危機が起きないよう一方的な現状変更の試みに反対する姿勢を示した。