エディション:
日本

金利・債券

再送-東京マーケット・サマリー・最終(11日)

(見出しの表現を一部修正しました) * 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 113.43/45 1.1780/84 133.65/69 NY午後5時 113.48/49 1.1764/65 133.58/62 午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の113円半ば 。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、動意に乏しい展開となった。  レポート全文: <株式市場> 日経平均 22938.73円

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が反落で引け、長期金利0.050%に小幅上昇

<15:05> 国債先物が反落で引け、長期金利0.050%に小幅上昇 国債先物中心限月12月限は前営業日比6銭安の150円90銭と反落で引けた。1 2日に5年債、14日に20年債と続く国債入札や12─13日の米連邦公開市場委員会 (FOMC)などのイベントを前に積極的な取引が手控えられ、狭い値幅で推移。13日 に取引最終日を控え、限月交代に絡む持ち高調整主体の取引となった。 現物市場は閑散。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp高い0.05 0%に小幅上昇。 短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.03%台半ば と前営業日(マイナス0.038%)に比べて上昇する見通し。準備預金の積み最終日を 15日に控えて、資金調達意欲が強めに示された。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。 TRADEWEB OFFER BID 前日 時 比 間 2 -0.15 -0.1

〔マーケットアイ〕金利:12日に5年債入札、好需給支えに無難予想

<14:25> 12日に5年債入札、好需給支えに無難予想 12日に5年債入札が行われる。利率0.1%で、第134回債で新規発行になる見 通し。発行額は2兆2000億円程度。 中短期ゾーンは12月に入り、割高修正が入っている。5年(133回)債利回りは 5日と6日の取引で一時マイナス0.100%に上昇した。5年債は2年債に比べると、 まだ割高な状況にあるが、「当座預金残高の一部に適用しているマイナス金利(マイナス 0.10%)を踏まえると、金利上昇余地が小さい。ベーシススワップ取引を活用し、低 コストでの円調達が可能な海外勢の需要や日銀への売却を前提にした業者の需要などで、 無難に通過するのではないか」として、好需給が入札を支えるとの見方が出ている。 TRADEWEB OFFER BID 前日 時 比 間 2 -0.15 -0.1 0 13: 年 7 46 2

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が小動き、入札・FOMC控え動けず

<13:14> 国債先物が小動き、入札・FOMC控え動けず 国債先物は小動き。中心限月12月限は150円80銭台後半の狭いレンジで推移し ている。12日に5年債、14日に20年債と続く国債入札や12─13日の米連邦公開 市場委員会(FOMC)といったイベントが意識され、積極的な取引が手控えられている 。 市場では「午後に入り、先物・現物とも閑散取引。利回りが上昇すれば買いたいとい う参加者が少なくない。12月国債大量償還対応や月後半に偏っている超長期の日銀買い 入れなどで、月末にかけてのフラット化圧力が意識されている」(証券)との声が出てい る。 TRADEWEB OFFER BID 前日 時 比 間 2 -0.15 -0.1 0 13: 年 7 46 05 5 -0.11 -0.1 0.00 13: 年 7 1

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は反落、長期金利0.050%に小幅上昇

<11:07> 国債先物は反落、長期金利0.050%に小幅上昇 国債先物は反落で午前の取引を終えた。中心限月交代に絡んだロールが順調に進んで いる。現物債市場は閑散。11月雇用統計の発表を受けた8日の米債市場が横ばい圏で取 引を終えたほか、入札や日銀の国債買い入れオペといった際立つ需給要因がないことが影 響した。投資家の多くは、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて模様眺めとなった 。 長期国債先物中心限月12月限の前引けは、前営業日比8銭安の150円88銭。1 0年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比0.5bp高い0.050%。 短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.030─マイナス0.045% 付近を中心に取引された。準備預金の積み終盤に向けて、資金調達意欲が高まっている。 ユーロ円3カ月金利先物は小動き。 TRADEWEB OFFER BID

〔マーケットアイ〕金利:現物債は動意薄、多くの年限で取引不成立の状況

<10:31> 現物債は動意薄、多くの年限で取引不成立の状況 現物債市場は動意薄。午前10時30分現在、10年348回債と20年162回債 の2銘柄に出合いがある程度で、多くの年限で取引が成立していない状況にある。市場で は「先物で中心限月交代に絡んだロールが活発化しているが、現物債は閑散。手掛かりが 乏しいなか、FOMCの結果待ちという投資家が多くなっている」(国内証券)との指摘 がある。 TRADEWEB OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.158 -0.145 0.001 10:21 5年 -0.117 -0.11 0.002 10:21 10年 0.048 0.055 0.004 10:25 20年 0.567 0.575 0.003 10:26 30年 0.818 0.