エディション:
日本

金利・債券

〔マーケットアイ〕金利:流動性供給入札結果は無難、ショートカバー需要が支え

<12:44> 流動性供給入札結果は無難、ショートカバー需要が支え 財務省が午後0時35分に発表した流動性供給(対象:残存5年超15.5年以下)の入札結果は、最 大利回り格差がマイナス0.007%、平均利回り格差がマイナス0.008%。応札倍率は3.37倍と 前回(3.50倍)からやや低下したが、ショートカバー需要に支えられ「予想通り無難な結果となった」 (国内証券)との声が聞かれた。 TRADEWEB OFFER BID 前 時 日 間 比 2 -0.18 -0.1 -0. 12: 年 6 79 001 43 5 -0.18 -0.1 0.0 12: 年 2 72 02 43 10 -0.04 -0.0 -0. 12: 年 5 35 001 43 20 0.39

〔マーケットアイ〕金利:短国買い入れ結果はやや弱め、業者の在庫調整が継続

<11:40>  短国買い入れ結果はやや弱め、業者の在庫調整が継続 日銀が発表した国庫短期証券(TB)の買い入れ結果は、案分利回り格差がプラス0.012%、平均 落札利回り格差がプラス0.024%となった。買入予定額5000億円に対して、応札額は1兆9638 億円、落札額は5005億円。応札倍率は3.92倍と前回(4.23倍)から低下した。 市場では「前回よりは落ち着きの兆しがみられるが、業者の在庫はまだ重く、やや弱めの結果となった 」(国内金融機関)との声が出ていた。 TRADEWEB OFFER BID 前 時 日 間 比 2 -0.19 -0.1 -0. 11: 年 1 84 006 01 5 -0.18 -0.1 -0. 10: 年 8 78 004 59 10 -0.05 -0.

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は上昇で前引け、長期金利は1カ月半ぶり-0.045%に低下

<11:15> 国債先物は上昇で前引け、長期金利は1カ月半ぶり-0.045%に低下 国債先物中心限月3月限は前日比7銭高の152円97銭と上昇して午前の取引を終えた。高値警戒感 から上値は限定的だったが、日経平均株価が反落する中、期末に向けた残高確保など好需給を意識した買い が入り、153円に迫った。 前日の海外市場で1月米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が公表されたが、金融政策の方向性を 示唆する内容として決め手に欠いたため、相場の反応は限られた。 財務省が午後に発表する流動性供給入札(対象:残存5年超15.5年以下)の結果は、品薄銘柄を中 心に需要を集めて、無難な内容になるとと見られている。 現物市場は超長期ゾーンを中心に堅調。買い遅れ感がある一部国内勢からの買いを観測。40年債利回 りは同2bp低い0.635%、20年債利回りは同1bp低い0.395%といずれも16年11月11 日以来の水準を付けた。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp低いマイナス0.045%と

〔マーケットアイ〕金利:20・40年債利回りが2年3カ月ぶりの低水準、国内勢に買い遅れ感

<10:44> 20年・40年債利回りが2年3カ月ぶりの低水準、国内勢に買い遅れ感 国債先物が堅調。中心限月3月限は一時前日比4銭高の152円97銭と153円に迫った。日経平均 株価が反落する中、期末に向けた好需給環境を意識した買いが入った。 現物市場では、超長期ゾーンを中心に利回りが低下。40年債利回りは同2bp高い0.635%、2 0年債利回りは同1bp低い0.395%といずれも16年11月11日以来の水準を付けた。超長期ゾー ンには、買い遅れ感がある一部国内勢から期末に向けた残高確保の動きが出ている。 市場では、「日銀の追加緩和に踏み切る可能性もゼロではないとの見方がくすぶる中、現行の日銀買い 入れペースは微調整があったとしても、大きく変わることはないとの思惑があり、プラス利回りが確保され ている超長期ゾーンを中心に物色する流れが続いている」(国内金融機関)との見方が出ている。 TRADEWEB OFFER BID 前日 時

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が小幅高で寄り付く、好需給で買い先行

<09:01> 国債先物が小幅高で寄り付く、好需給で買い先行 国債先物中心限月3月限は前営業日比4銭高の152円94銭と小幅高水準寄り付いた。前日の米債市 場は横ばい圏の動きだったが、期末に向けた好需給環境を支えに買いが強含んで取引が始まった。 市場では、「前日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録は、利上げ休止という市場の 見方に変化を与えるものではなかった。きょうの流動性供給入札(対象:残存5年超15.5年以下)は上 値抑制要因だが、日銀買入で品薄感が強いゾーンなだけに、問題なくこなすだろう」(証券)との声が出て いる。 TRADEWEB OFFER BID 前日 時 比 間 2 -0.18 -0.1 -0.0 8:5 年 5 79 01 7 5 -0.18 -0.1 -0.0 9:0 年 2 75 01 1 10

UPDATE 2-米FRB、資産縮小の終了示唆 金利巡ってはなお議論=議事要旨

米連邦準備理事会(FRB)が20日に公表した1月29―30日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨によると、FRBはバランスシート縮小の終了に関する計画を近く発表する方針だ。金利に関する「忍耐強い」姿勢を継続する期間については、なお議論が行われていることが明らかになった。