エディション:
日本

金利・債券

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小反落、長期金利0.040%に上昇

<11:13> 国債先物は小反落、長期金利0.040%に上昇 国債先物は小反落で午前の取引を終えた。高値警戒感がくすぶる中、前日の米債安を受け短期筋からの 売りが先行。30年利付国債の入札を前にしたヘッジもみられた。ただ、日経平均株価が軟化したことで、 下値には買いが入った。 現物債市場では、金利に上昇圧力がかかった。超長期ゾーンには入札を控えた持ち高調整がみられ、長 期ゾーンは先物安に連動し売りが出た。中期ゾーンもさえない。 長期国債先物中心限月12月限の前引けは、前営業日比1銭安の151円79銭。10年最長期国債利 回り(長期金利)は前営業日比0.5bp上昇の0.040%。 午前の短期金融市場で無担保コール翌日物はマイナス0.040─マイナス0.086%を中心に取引 された。準備預金の積み期後半となるが、資金調達意欲は盛り上がりを欠いている。ユーロ円3カ月金利先 物は小動き。 日銀は買入予定額1000億円で国庫短期証券の買い入れを通告した。

〔マーケットアイ〕金利:財務省が30年債入札を通告、消去法的な需要で無難予想

<10:57> 財務省が30年債入札を通告、消去法的な需要で無難予想 財務省は午前10時半、30年債入札を通告した。利率0.9%で60回のリオープン発行になる。発 行額は7000億円程度。 入札は無難に通過するとみられている。順調だった前回債と比較すると、金利の絶対値に魅力がないた め強めの結果は期待できないが、「業者の持ち高調整が入り、一定の需要が期待できる」(国内証券)とい う。円債市場には追い風が吹いており、当面の金利上昇余地は限定的と見込んだ消去法的な需要もありそう だ。 30年60回債利回りは節目の0.800%を付けた後、0.795%に低下している。 TRADEWEB OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.151 -0.144 0 10:54 5年 -0.137 -0.13

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が反落で寄り付く、30年債入札前のヘッジ

<08:51> 国債先物が反落で寄り付く、30年債入札前のヘッジ 国債先物中心限月12月限は、前営業日比3銭安の151円77銭と反落して取引が始まった。高値警 戒感のある中、前日の米債安を材料視した短期筋からの売りが先行している。「30年利付国債の入札を前 にしたヘッジもみられるようだ」(国内証券)という。 メイ英首相が11日に予定されていた欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)合意案の議会採決を延期 したが、米債の動きが限定的だったため、円債市場へのインパクトも強くはなっていない。 TRADEWEB OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.149 -0.141 0.003 8:46 5年 -0.141 -0.134 0.001 8:46

UPDATE 2-米10月求人件数は増加、採用の動きに出遅れも=JOLTS

米労働省が発表した求人労働移動調査(JOLTS)によると、10月の求人件数(季節調整済み)は707万9000件となり、前月の696万0000件(改定)から増加した。一方、採用数は求人数ほど伸びておらず、雇用のミスマッチ問題が労働市場の勢いを抑える可能性がある。

東京マーケット・サマリー・最終(10日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 112.62/64 1.1425/29 128.69/73 NY午後5時 112.72/75 1.1376/80 128.39/43 午後5時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点より小安い112円後半。 一時112.24円まで売られ、6日に付けた1カ月半ぶり安値に迫った。米金利の低下がド ルを押し下げた一方、アジア株安を背景に円も堅調だった。  レポート全文: <株式市場> 日経