エディション:
日本

金利・債券

米金融・債券市場=利回り急低下、FRB断固として物価対応との観測

米金融・債券市場では、米 連邦準備理事会(FRB)が断固としてインフレ率を目標近辺まで引き 下げるとの観測を背景に、国債利回りが大きく低下した。 10年債利回りは一時23.3ベーシスポイント(b p)低下。新型コロナウイルス感染拡大で市場が打撃を受けた2020 年3月以来の大幅な低下となった。その後は下げ幅を縮小し、8.5b p低下の2.889%。 2年債利回りは8.8bp低下の2.839%。 双方とも約4週間ぶりの低水準にある。 週初からは2年債利回りが22bp、5年債利回りが24bp低下 。週間ベースで共に今年3月以来最大の低下となった。 物価連動国債(TIPS)と通常の国債の利回り差で期待インフレ を示すブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は、5年物<US5YTIP =RR>が2.636%、10年物が2.362%と、共に 21年9月以来の低水準を付けた。 クワドラティック・キャピタル・マネジメントのマネージングパー トナー兼最高投資責任者(CI

ユーロ圏金融・債券市場=利回り急低下、景気懸念で安全資産に買い

ユーロ圏金融・債券市場では、国債利回り が大きく低下した。リセッション(景気後退)懸念が改めて意識された ことで、安全資産としての国債に資金が流入した。 欧州中央銀行(ECB)のユーロ圏分断化策への期待から、周辺国 と中核国の利回り格差は縮小した。 欧州連合(EU)統計局がこの日発表した6月のユーロ圏消費者物 価指数(HICP)速報値は前年比上昇率が8.6%と、前月の8.1 %から加速し過去最高を更新。市場予想(8.4%)も上回った。[nL4 N2YI1VY] ウニクレディトの戦略調査部門責任者、ルカ・カズラーニ氏は「消 費者物価統計で成長懸念が払拭されなかったため、利回りはこのところ の低水準にとどまっている」と述べた。 独10年債利回りは前日終値から約20ベーシスポイ ント(bp)低下。一時1.16%と、6月1日以来の低水準を付けた 。ただユーロ圏消費者物価統計の発表を受け、1.41%に上昇する場 面もあった。 独2年債利回りも大きく低下。週初からの低下幅は30 bpを超え、週間ベースの低下と

米建設支出、5月は予想外に減少 民間住宅低調

米商務省が1日に発表した5月の建設支出(季節調整済み)は年率換算で前月比0.1%減少した。民間部門の一戸建て住宅が低調だったことなどで、予想の0.4%増に反して減少。連邦準備理事会(FRB)の積極的な金融引き締めで景気が減速しつつあることが改めて確認された。

米住宅業界、市場停滞で数千人解雇の恐れ

米国の住宅ローン貸し付け会社や借り換え提供企業、不動産業者が今後数カ月間に数千人の従業員を解雇する可能性があることが分かった。複数の業界関係筋が明らかにした。ウクライナでの戦争による経済不安や、米連邦準備理事会(FRB)による政策金利引き上げに伴う住宅ローン金利上昇で多くの米国人が住宅購入を先延ばしし、住宅市場が冷え込んできているため。

東京マーケット・サマリー・最終(1日)

* 日本の概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円<EURJPY => 午後5時現在 135.30/32 1.0444/48 141.33/37 NY午後5時 135.73/76 1.0482/85 142.26/30 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安/ 円高の135円前半。米景気後退懸念を背景にリスク回避の流れが広がり、ドル売 り/円買いが強まった。また、週