エディション:
日本

金利・債券

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は軟調継続、株高嫌気し売り優勢の展開

<09:45> 国債先物は軟調継続、株高嫌気し売り優勢の展開 国債先物は軟調継続。中心限月9月限は前営業日6銭安の152円08銭付近で推移 している。新型コロナウイルスのワクチン開発に対する期待感などを材料に、株高が進行 。円債は売りが優勢な展開となっている。 市場では「国債増発に対する警戒感が、株高に反応しやすい地合いを作っている。前 週までの入札はすべて順調だったが、今後も順調だとは限らない。日銀のサポートが弱い 超長期債に懸念がある」(国内証券)との声が出ている。 TRADEWEB OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.146 -0.136 0.002 9:40 5年 -0.107 -0.099 0.006 9:41 10年 0.02 0.027 0.006 9:41 20年 0.4

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小反落で寄り付く、株高で売り先行

<08:46> 国債先物は小反落で寄り付く、株高で売り先行 国債先物中心限月9月限は前営業日4銭安の152円10銭と小反落して寄り付いた 。前日の米国株や朝方の取引での米株先物が上昇していることで、やや売りが先行してい る。ただ、特段の売り材料が出たわけでもなく、下値は限定的となる見込み。 日中には日銀の金融政策決定会合の結果発表が予定されているが、政策の変更などは 予想されておらず、無風で通過するとの見方が多い。「会合後の会見で総裁が超長期ゾー ンについてどのように言及するかが注目だが、変化はないのではないか」(国内証券)と の声が出ている。 TRADEWEB OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.145 -0.135 0.003 8:45 5年 -0.11 -0.103 0.002 8:47 10年