エディション:
日本

金利・債券

米FRB、ターム物レポオペの入札ゼロ 開始以来初めて

米連邦準備理事会(FRB)が27日朝に実施した5000億ドルのターム物レポオペに対する入札はゼロだった。入札がなかったのは昨年の開始以来初めて。市場では短期金融市場の流動性状況の改善を反映しているとの見方が出ている。

世界各国の新型コロナ対策、規模拡大が必要=IMF専務理事

国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は27日、ロイターとのインタビューで、世界各国は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に起因する経済的混乱に対し「非常に大規模な」資金を投じ、力強い回復に向けた基礎を築く必要があると述べた。

UPDATE 1-カナダ中銀、0.25%に追加利下げ 量的緩和も開始

カナダ銀行(中央銀行)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大への対応で今月に入り3回目の利下げを決定したほか、国債とコマーシャル・ペーパー(CP)の買い入れ実施を表明した。買い入れ開始について、カナダ中銀としては初めての量的緩和(QE)に着手したとの見方が出ている。

中国、新型コロナの経済への影響は制御可能=人民銀

中国人民銀行(中央銀行)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大による中国経済への影響は全般的に制御可能で、中国の経済ファンダメンタルズ(基礎的条件)の耐性は引き続き高いとの認識を表明した。

UPDATE 1-VW、雇用削減も 生産停止でも週22億ドルの出費=CEO

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)ディース最高経営責任者(CEO)は27日、新型コロナウイルス拡大が終息しなければ雇用を削減する必要があるかもしれないと述べた。また、同社には週20億ユーロ(22億ドル)の費用が発生していると明かした。

UPDATE 1-現金に過去最高の資金流入、「最大限弱気」=バンカメ

新型コロナウイルスの感染拡大が世界中の市場を動揺させる中、投資家らは過去1週間に記録的なペースで債券からキャッシュに資金をシフトさせた。バンク・オブ・アメリカ(BofA)がEPFRグローバルのデータを基にリポートをまとめた。