エディション:
日本

金利・債券

東京マーケット・サマリー(12日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後3時現在 113.44/46 1.1771/75 133.55/59 NY午後5時 113.55/57 1.1768/69 133.63/67 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル安/円高の11 3円前半。きょうから2日間の日程で開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を皮切りに今 週はイベント目白押しとなるなか、投機筋は新規のポジションを手控え 、様子見を決め込んでいる もようだ。  

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は反発、長期金利変わらず0.045%

<15:16> 国債先物は反発、長期金利変わらず0.045% 長期国債先物は反発して引けた。ロールが順調に進み、12月限から2018年3月 限への事実上の中心限月の交代となった。株安もあり、終盤にかけてやや上昇幅を拡大し た。 現物債は総じて横ばい圏で推移した。5年債入札に絡んだ持ち高調整が中期ゾーンに みられたが、入札を順調にこなすと、押し目買いが優勢となり底堅く推移した。40年債 利回りが11月10日以来の0.960%に低下。月末に向け日銀オペで需給が引き締ま ることを想定した先回り買いとみられている。 長期国債先物中心限月3月限の大引けは、前営業日比5銭高の150円92銭。10 年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比変わらずの0.045%。 短期金融市場では、無担保コール翌日物はマイナス0.030─マイナス0.040 %を中心に取引された。準備預金の積み期終盤で資金調達意欲がしっかりと示された。レ ポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートはマイナス0.

〔マーケットアイ〕金利:中期ゾーン底堅い、5年債入札順調で買い安心感

<14:22> 中期ゾーン底堅い、5年債入札順調で買い安心感 中期ゾーンが底堅い。5年債入札を順調に終えた安心感から押し目買いが優勢との指 摘がある。入札後に2年債、5年債ともに利回りのマイナス幅を拡大している。市場では 「あす日銀が中期と長期を対象にした日銀の国債買い入れオペを予定していることも影響 しているもようで、需給は引き締まる方向にある」(国内証券)との指摘がある。 TRADEWEB OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.159 -0.148 -0.002 13:53 5年 -0.125 -0.118 -0.008 14:15 10年 0.038 0.046 -0.007 14:15 20年 0.559 0.566 -0.006 14:11 30年 0.807 0.816 -0.009 14:14

〔マーケットアイ〕金利:5年債入札結果は順調、新発債需要が支える

<12:57> 5年債入札結果は順調、新発債需要が支える 財務省が午後0時45分に発表した5年利付国債の入札結果で、最低落札価格は10 1円02銭(最高落札利回りマイナス0.102%)、平均落札価格は101円03銭( 平均落札利回りマイナス0.104%)、落札価格の平均と最低の開き(テール)は1銭 と前月債(1銭)と同水準になった。応札倍率は4.38倍と前回(4.19倍)を上回 った。 市場では「最低落札価格が市場の事前予想と一致して順調な入札結果になった。調整 がある程度進んだことがニーズを喚起し、新発債への需要が一定程度みられたもよう」( 国内証券)との見方がある。 TRADEWEB OFFER BID 前日比 時間 2年 -0.159 -0.148 -0.002 12:48 5年 -0.121 -0.114 -0.004

〔マーケットアイ〕金利:5年債入札、最低落札価格は101円01銭─101円02銭付近か

<12:21> 5年債入札、最低落札価格は101円01銭─101円02銭付近か 財務省が午後0時45分に発表する5年利付国債の入札結果で、最低落札価格は10 1円01銭─101円02銭付近になるとの見方が出ている。 TRADEWEB OFFER BID 前日 時 比 間 2 -0.15 -0.1 0.00 10: 年 4 43 3 56 5 -0.11 -0.1 -0.0 10: 年 8 11 01 58 10 0.043 0.05 -0.0 10: 年 1 02 56 20 0.562 0.57 -0.0 10: 年 02 57 30 0.812 0.82 -0.0 10: 年 2 03 59

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は前日比横ばいで前引け、長期金利0.050%に小幅上昇

<11:05> 国債先物は前日比横ばいで前引け、長期金利0.050%に小幅上昇 国債先物中心限月2018年3月限は前日比横ばいの150円87銭で午前の取引を 終えた。前日の米債安やきょうの5年債入札に絡んだ調整圧力で売りが先行したが、日経 平均株価が上値を重くしたこともあり、前日終値付近まで持ち直した。全般に先物中心限 月交代に絡む持ち高調整主体の取引となった。 午前の取引で、「2018年3月限」は出来高ベースで「2017年12月限」を上 回った。この結果、先物中心限月は事実上、「2018年3月限」に移行した。 現物市場は閑散のなか、中期ゾーンが軟調。入札に絡んだ調整売りが出た。10年最 長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp高い0.050%に小幅上昇。 財務省は午前10時半、新発5年債入札を通告した。利率0.10%、発行額2兆2 000億円。 午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.03─マイナス0.04 %を中心に取引された。準備預金の積み期終盤で資金調達意欲

〔マーケットアイ〕金利:国債先物中心限月18年3月限に移行、17年12月限を上回る

<09:45> 国債先物中心限月18年3月限に移行、17年12月限を上回る 午前の取引で、「2018年3月限」が出来高ベースで「2017年12月限」を上 回った。この結果、国債先物中心限月は事実上、「2017年12月限」から「2018 年3月限」に移行した。「2017年12月限」の取引最終日は13日。 国債先物中心限月2018年3月限は売り先行後に持ち直して、前日終値付近で推移 している。12─13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)やきょうの5年債入札を控 えて様子見ムードが広がっているが、「先物限月交代に絡む持ち高調整主体の動き」(国 内証券)となっている。 TRADEWEB OFFER BID 前日 時 比 間 2 -0.15 -0.1 0 8:5 年 7 46 8 5 -0.12 -0.1 -0.0 9:4 年

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が小幅続落で寄り付く、米債安で売り先行

<08:59> 国債先物が小幅続落で寄り付く、米債安で売り先行 国債先物中心限月12月限は、前営業日比3銭安の150円87銭と小幅続落して寄 り付いた。12─13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)への警戒感から、前日の米 債が下落した流れを引き継いだ。また、きょうの5年債入札に備えた調整圧力も上値を重 くしている。現物は出合い薄。 市場では「FOMCで確実視されている利上げもほぼ織り込み済み。来週以降、海外 勢のクリスマス休暇を踏まえると、材料を消化するごとに相場の方向感が出にくくなって いくのではないか」(国内証券)との声が出ている。 TRADEWEB OFFER BID 前日 時 比 間 2 -0.15 -0.1 0 8:5 年 7 46 8 5 -0.12 -0.1 -0.0 8:5 年 1 13 03