エディション:
日本

ワールド

サウジ外相、記者殺害は「大きな過ち」 皇太子の関与を否定

サウジアラビアのジュベイル外相は21日、トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館でジャーナリストのジャマル・カショギ氏が殺害されたことは「深刻かつ大きな過ち」との見方を示した。ただ、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子はこの件について知らなかったと説明した。