エディション:
日本

ワールド

北朝鮮、板門店の警備兵を交代=聯合ニュース

韓国の聯合ニュースによると、南北軍事境界線上にある板門店の共同警備区域(JSA)で先週、北朝鮮軍兵士が韓国に亡命した事件を受けて、北朝鮮がJSAの警備兵35─40人を交代させた。

アイルランド、政権崩壊の危機 12月のEUサミットに影響も

英・北アイルランドとの国境問題が英国の欧州連合(EU)離脱交渉で一つの鍵となっているアイルランドが、政権崩壊の危機に陥っている。少数与党の統一アイルランド党に閣外協力する第2党の共和党が、フィッツジェラルド副首相に対する不信任案を提出する構えを示したためだ。

フリン氏、ロシア捜査に協力か トランプ氏との情報共有停止=NYT

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)によると、ロシアの米大統領選干渉疑惑を巡る捜査の対象となっているフリン前大統領補佐官の弁護士は、トランプ大統領の弁護士に対し、今後は捜査についてやり取りをすることができないと伝えた。同紙はこれについて、フリン氏が捜査に協力している可能性があると指摘した。

焦点:メルケル独首相が陥った政治空白、欧州改革に暗雲

つい半年前を見れば、欧州連合(EU)とユーロ圏の統合深化のための改革に向けた独仏首脳の足並みは見事にそろっていた。フランス大統領選に勝利したマクロン氏が欧州の再始動を約束し、首相4選が確実視されていたドイツのメルケル氏がこれに呼応する姿勢を表明していたからだ。

ドイツ第2党SPD、連立協議入りの圧力強まる

メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と自由民主党(FDP)、緑の党による連立協議が決裂したドイツで、第2党であるドイツ社会民主党(SPD)のシュルツ党首に対し、CDU・CSUと大連立を組むよう求める圧力が強まっている。