エディション:
日本

ワールド

米行政管理予算局長の指名承認が難航、上院委は公聴会を延期

米上院の予算委員会と国土安全保障委員会は24日、行政管理予算局(OMB)局長人事に関し、ニーラ・タンデン氏の指名承認公聴会を延期すると発表した。承認に向けた支持獲得は難航しているもようで、バイデン大統領による主要閣僚の指名が否決される初のケースとなる可能性がある。

G20、世界的分断の反転へ力強い政策運営を=IMF専務理事

国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は24日、貧困国に新型コロナウイルスワクチンを届けるために一段と広範な国際協力が必要との考えを示し、20カ国・地域(G20)に対し、発展途上国の大半に長年にわたる傷跡を残す恐れのある「危険な分断化」の反転に向け力強い政策措置を取るよう呼び掛けた。

J&Jワクチン「有効で安全」、FDAスタッフ報告 承認へ前進

米食品医薬品局(FDA)は24日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発した新型コロナウイルスワクチンについて、安全かつ有効であることが臨床試験から示されたとするスタッフ報告書を発表した。米国で近く緊急使用が承認される可能性が出てきた。

高齢者向けワクチン接種、4月26日の週から本格化=河野担当相

河野太郎行政改革担当相は24日夜、約3600万人いる高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種について、4月12日に開始してからしばらくは数が限られるとの見通しを示した。米ファイザー社製ワクチンの供給に制約があるためで、すべての市区町村に発送し、高齢者向け接種が本格化するのは4月26日の週からと語った。

高齢者向けワクチン接種、4月12日に開始=菅首相

菅義偉首相は24日夜、新型コロナワクチンの接種スケジュールについて、4月12日から高齢者向けを開始すると明らかにした。官邸で記者団の取材に応じた。同月5日の週から自治体に発送する。