エディション:
日本

ワールド

米メキシコ湾岸石油生産の約半分が停止、ハリケーン接近に備え

米メキシコ湾岸のエネルギー各社や港湾当局が同湾上空を移動するハリケーン「ゼータ」への警戒態勢を強めている。英BP、米シェブロン、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは27日、157の施設から作業員を退避させ、生産を大幅に削減した。パイプライン運営のエンブリッジもルイジアナ州の天然ガス処理施設などから作業員を退避させている。