エディション:
日本

ワールド

ジンバブエ与党、ムガベ大統領弾劾手続きへ

ジンバブエの与党、ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU─PF)は21日、ムガベ大統領に対する弾劾手続きに入る見通しだ。弾劾決議が可決されれば、大統領は1週間以内にも退陣に追い込まれる可能性がある。

北朝鮮外相、キューバ訪問へ

北朝鮮の李容浩外相は20日、キューバを公式訪問する。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対して米国を含む国際社会が圧力を強める中、キューバとの関係強化を図るとみられる。

メルケル独首相が再選挙の構え示唆、連立協議決裂受け

ドイツの連立協議決裂を受け、メルケル首相は20日、少数政権を率いるより、再選挙実施が好ましいとの考えを示した。シュタインマイヤー大統領は、すべての政党に政権樹立を試みる義務があると指摘するなどして、再選挙は最後の手段と認識していることをうかがわせた。