エディション:
日本

ワールド

原油先物下落、需要に懸念 G20は成長下振れリスク警告

アジア時間の原油先物は、燃料需要に対する懸念が強まるなか下落している。アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は22日、貿易摩擦や地政学的緊張を背景に世界経済の下振れリスクが高まっているとする共同声明を採択して閉幕した。

米関税撤回、米EU貿易交渉開始の条件ではない=欧州委員会代表

アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に欧州委員会の代表として出席したフーベルト・フックス氏は22日、米国が鉄鋼・アルミ関税を取り下げることが欧州連合(EU)と米国の貿易交渉開始の前提条件ではないとの考えを示した。

ロ大統領、不人気の年金改革案を見直しへ

プーチン・ロシア大統領は20日、定年の年齢引き上げ計画を見直す方針を明らかにした。財政均衡化には改革が必要とされているが、改革案は大統領支持率の低下や全国での抗議行動を招いており、見直しは改革の後退を示唆するものとなる。

トランプ氏、大統領選で違法な監視受けたと主張 根拠は示さず

トランプ米大統領は22日、2016年の米大統領選でトランプ陣営の顧問を務めたカーター・ペイジ氏とロシアのつながりを示す文書を米連邦捜査局(FBI)が公表したことを受け、文書は米当局がトランプ陣営に違法な監視を行っていたことを示すものだと主張した。根拠は明らかにしなかった。