エディション:
日本

ワールド

嘉納治五郎記念センターが昨年末で活動終了、五輪招致に関与

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が代表理事を務め、東京大会の招致活動にも関わっていた一般財団法人「嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター」が、2020年12月末に活動を終了していたことが分かった。同財団を巡っては、東京大会の当時の招致委員会から、使途不明の資金が支払われていたことがロイターの取材で明らかになっている。

緊急事態宣言終了の判断、直前になると混乱する=西村経済再生相

西村康稔経済再生相は26日の衆院予算委員会で、緊急事態宣言を終了するかどうかの判断について「専門家は少なくとも今週のデータは見たいと言っている。都道府県がそれぞれ対応していて(判断が)直前になると混乱するので、しかるべきタイミングで専門家の話を聞きながら最終的に判断したい」と述べた。