エディション:
日本

全世帯に布マスク配布、全入国者に2週間待機要請も=安倍首相

安倍晋三首相は1日、新型コロナウイルス感染症対策本部で、来週決定する経済対策に全国5000万世帯への布マスク配付を盛り込むと明らかにした。3日から米中韓を含む世界49カ国・地域からの入国を拒否、これで入国拒否の対象は73カ国・地域となる。邦人を含む全世界からの入国者に対して2週間の待機と公共交通機関の利用自粛を求める。

国内新車販売3月は9.3%減、コロナで外出自粛響く

3月の国内新車販売(軽自動車を含む)は前年同月比9.3%減の58万1438台で6カ月連続のマイナスとなった。新型コロナウイルスの感染拡大で外出を自粛する動きが強まっており、消費者の購入意欲が減退しつつある。発売から時間が経った車種が増えていることなども影響し、販売が落ち込んだ。

日銀、1日に通常のETF1202億円購入 J-REITは20億円

日銀は1日の東京株式市場で通常のETF(上場投資信託)を1202億円買い入れた。前回30日の買い入れ額は2004億円だった。設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業のETFの買い入れ額は12億円で前回31日と同額だった。J-REITは20億円買い入れた。前回31日は40億円だった。

アングル:底入れ感強まる個別銘柄も、不安定相場物色は二極化

株式市場は依然として不安定だが、チャート上では底入れ感が徐々に強まる個別銘柄も出てきている。「巣ごもり消費」やテレワーク関連など、外出の自粛などで今後、需要が高まるとみられている分野だ。業績下方修正や減配などを織り込むのはこれからとの見方もあるが、物色は二極化の様相を呈してきている。

東京など感染拡大地域、専門家は学校休業を提言=西村再生相

西村康稔経済再生相は1日午後開かれた新型コロナウイルス感染症に関する専門家会議で、東京を含む感染拡大地域については春休み終了後の学校臨時休校が提案されたと明らかにした。現状は「瀬戸際の瀬戸際」としつつも、緊急事態宣言を発動する状況ではないと説明した。