エディション:
日本

コラム:ソフトバンク支援のクラウドマインズ、IPOへ正念場

[香港 17日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ロボット工学と人工知能(AI)開発を手掛ける中国新興企業クラウドマインズが、正念場を迎えている。ソフトバンクグループのビジョンファンドが支援するこの企業は、米国で新規株式公開(IPO)を実施して5億ドル(約540億円)を調達したい意向だ。

コラム:アマゾンの周到な顧客データ収集、米議会が厳しい視線

[ニューヨーク 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - アマゾン・ドット・コムは米有料会員向けセール「プライムデー」の期間中、同社の買い物支援アプリ「アマゾンアシスタント」をインストールしてウェブ閲覧履歴を提供したユーザーに10ドルを提供するキャンペーンを展開中だ。競合他社からビジネスを奪う周到な手口で、しかもユーザーからデータを安く買い叩いており、市場での優位は明らかだ。折しも米下院の反トラスト小委員会は16日にオンライン市場の競争に関する公聴会を開き、アマゾンなど米IT大手の幹部が出席。アマゾンのユーザー情報の扱いは米議会の厳しい視線にさらされている。

コラム:モルガンS、ゴーマンCEOの成績評価は「中位」

[ニューヨーク 18日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)のジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は、2009年9月の就任からこれまで10年間の成績を評価するなら「中ぐらい」といったところだろう。

米国株下落、7月米利下げが小幅との見方で

米国株式市場は下落して取引を終えた。30─31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ幅が25ベーシスポイント(bp)にとどまる公算との報道を受けた。