エディション:
日本

気候変動オペ、初回は12月下旬 TCFD開示を要件に=日銀

日銀は22日、気候変動オペの実施に当たっての詳細な規定を決定し、公表した。対象金融機関には金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)が推奨する方式での情報開示を求める。初回オペは12月下旬を予定し、原則として年2回実施する。

豪南東部メルボルン付近でM6.0の地震、建物に被害

豪地質調査機関ジオサイエンス・オーストラリアによると、同国南東部の都市メルボルン付近で22日、マグニチュード(M)6.0の地震が発生した。近隣の州にも揺れが広がり、メルボルンでは建物に被害が出ている。

豪中銀総裁補、住宅ブームによる家計債務膨張を警戒

オーストラリア準備銀行(中央銀行)のブロック総裁補(金融システム担当)は22日、同国の住宅ブームは消費者の債務膨張を招いており、金融安定のリスクに発展する可能性があると述べ、警戒感を示した。同時に、住宅市場の活況は経済全体にプラスに働くとも指摘した。

トルコ、パリ協定批准へ 大統領が国連演説で表明

トルコのエルドアン大統領は21日、国連総会の一般討論演説で、温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」批准を来月国会に求めると表明した。トルコは20カ国・地域(G20)の中で唯一協定を批准していなかった。

原油先物は約1%上昇、米在庫が予想以上に減少

22日の原油先物は約1%上昇。オーバーナイトの上げを引き継いでいる。業界データで先週の米原油在庫が2つのハリケーンを受け予想以上に減少したことが判明し、需要が改善する中でタイトな供給状況が意識された。