エディション:
日本

コラム:二重構造の内閣改造人事、キーは萩生田政調会長

岸田文雄首相が10日に断行した内閣改造と自民党役員人事は、一見すると地味に見えるが、したたかな政治手法が垣間見える。首相が重視するポストにはベテランを配して難局にあたる一方、各派から要望のあった「入閣待望組」もバランスよく起用。「二重構造」とも言える人事を行った。

コラム:中国自動車市場、西側にとって真の懸念は国内勢の実力

[香港 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国に進出した西側自動車メーカーは頭の痛い問題をあれこれ抱えており、中国による政治的な干渉はその1つに過ぎない。欧米自動車大手ステランティスのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)は先月、中国の合弁事業からの撤退を表明した際、政府の干渉を理由に挙げた。しかし、より深刻な懸念は、中国メーカーの市場シェアがどんどん拡大しており、間もなく海外市場でも大きな脅威となりかねないことの方にある。

ディズニー4─6月期、動画配信加入者2.21億人 ネットフリックス抜く

[ロサンゼルス 10日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニーは10日、「ディズニー+(プラス)」を含む動画配信サービスの総加入者数が第3・四半期(7月2日まで)末時点で約2億2100万人になったと発表した。これによって、加入者数で競合の米ネットフリックスを追い抜いた。