エディション:
日本
Photo

G7、米中貿易摩擦やイラン・北朝鮮問題で溝が鮮明に

11:51am JST

[ビアリッツ(フランス) 25日 ロイター] - フランスのビアリッツで開かれている主要7カ国(G7)首脳会議では、米中貿易摩擦の激化やイランおよび北朝鮮の核開発問題、ロシアのG7復帰の是非について意見の相違が表面化した。記事の全文

Photo

中国人民銀、1年物MLFで1500億元供給 金利は3.30%で据え置き 11:34am JST

[上海 26日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は26日、MLF(中期貸出ファシリティー)1年物の金利を3.30%で据え置いたと発表した。

三井住友トラストAM、米進出へ来年にもニューヨークに拠点=社長 10:37am JST

[ロンドン 23日 ロイター] - 三井住友トラスト・ホールディングス傘下の三井住友トラスト・アセットマネジメント(AM)は、海外事業拡張の一環として米国に初進出する計画で、来年にもニューヨークで事務所開設を目指す。菱田賀夫代表取締役社長がロイターのインタビューで語った。

Photo

焦点:債券利回りの低下に終止符も、ドイツが財政拡大示唆 10:18am JST

[ロンドン 21日 ロイター] - 世界の債券利回りはここ数カ月、低下の一途をたどってきたが、ドイツがついに景気刺激のために財政支出を拡大する可能性が出てきたことで、潮流が変わるのではないかとの見方が広がり始めた。

Photo

寄り付きの日経平均は大幅反落、300円超安 米中対立激化を嫌気 9:29am JST

[東京 26日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比385円47銭安の2万0325円44銭となり、大幅に反落した。米中の報復関税の掛け合いで世界経済の下振れに対する懸念が出ている。リスク回避ムードの中、為替も円高が進行しており、主力輸出株などに売りが先行した。米株指数先物が下落しており、今晩の米国株市場の下落リスクも警戒されている。東証33業種全てが値下がりしており、その他金融、非鉄金属、海運、鉄鋼などが安い。

独経済、大規模な財政出動・金融緩和必要ない=ワイトマン連銀総裁 6:53am JST

[フランクフルト 24日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるワイトマン独連銀総裁は24日に公表された独紙のインタビューで、ドイツ経済は軟化したものの、政府やECBによる大規模な景気刺激策は時期尚早との考えを示した。

Photo

貿易摩擦で「大きな下方リスク」=米クリーブランド地区連銀総裁 9:50am JST

[ジャクソンホール(米ワイオミング州) 24日 ロイター] - クリーブランド地区連銀のメスター総裁は24日、貿易を巡る不透明感の高まりに伴い「大きな下方リスク」が生じているとの見方を示し、来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に企業や消費者がどのように反応するか見守ると述べた。

Photo

日米首脳、通商交渉で原則合意 9月下旬に署名へ 7:14am JST

[ビアリッツ(フランス) 25日 ロイター] - トランプ米大統領と安倍晋三首相は25日、日米通商交渉が原則合意したことを明らかにした。9月の国連総会前後の署名を目指す。

Photo

トランプ氏が対中関税引き上げ、報復に対抗 米企業に撤退要求 2019年 08月 25日

[ワシントン/北京 23日 ロイター] - 中国が米国製品に対する追加報復関税を発表したことを受け、トランプ米大統領は23日、対中関税の新たな引き上げを発表した。さらに米企業に対し中国からの事業撤退も要求した。通商問題を巡る米中の対立は深まる一方となっている。

Photo

米大統領、対中関税の5%引き上げ発表 中国の報復措置に対抗 2019年 08月 24日

[ワシントン 23日 ロイター] - トランプ米大統領は23日、中国の輸入品に追加で5%の関税を課すと明らかにした。中国による対米報復関税に対抗する。

Topics also related to Business:

トップセクション