エディション:
日本
Photo

米政府機関閉鎖、トリプルA格付けに直接影響せず=フィッチ

2018年 01月 20日

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 格付け会社フィッチは19日、仮に政府機関が閉鎖されても、米国の最上級格付け「AAA」(トリプルA)に直接影響しないとの見方を示した。記事の全文

ドルが5週連続で下落、2015年以降で最長 政府閉鎖不安で=NY外為 2018年 01月 20日

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対し5週連続で値下がりし、下落期間は2015年5月以来の長さとなった。

Photo

米国株は消費関連株主導で反発、S&Pとナスダックは最高値更新 2018年 01月 20日

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米国株式市場は反発。米政府機関閉鎖の可能性が懸念されているものの、消費関連株が上昇を主導し、ナスダック総合とS&P総合500種は終値で過去最高値を更新した。

米FRB、今年も緩やかな利上げ継続する必要=サンフランシスコ連銀総裁 2018年 01月 20日

[サンフランシスコ 19日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は19日、減税措置などが米経済成長の追い風になるとし、連邦準備理事会(FRB)は2018年も緩やかなペースで利上げを継続する必要があるとの考えを示した。

NY市場サマリー(19日) 2018年 01月 20日

[19日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨バスケットに対し5週連続で値下がりし、下落期間は2015年5月以来の長さとなった。米政府機関閉鎖の可能性を巡る懸念がドルを圧迫した。

米1月ミシガン大消費者信頼感指数が予想外の低下、半年ぶり低水準 2018年 01月 20日

[ボストン 19日 ロイター/IFR] - 1月の米ミシガン大消費者信頼感指数(速報値)は94.4と、前月の95.9から低下し、昨年7月以来の低水準となった。

独仏首脳、ユーロ圏改革巡る合意に期待 両国が主導権発揮へ 2018年 01月 20日

[パリ 19日 ロイター] - ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領は19日、パリで会談を行い、ユーロ圏の改革を巡る合意に向け期待を示した。

トランプ米大統領、つなぎ予算可決までワシントンに滞在=ホワイトハウス 2018年 01月 20日

[ワシントン 19日 ロイター] - トランプ米大統領は議会がつなぎ予算を可決するまでワシントンにとどまる。ホワイトハウスが19日、明らかにした。

メルケル独首相、来週のダボス会議に参加=報道官 2018年 01月 20日

[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で講演するため、来週24日に現地入りする。ザイバート報道官が19日の記者会見で明かした。

Photo

景気「緩やかに回復」、総括判断7カ月ぶり上方修正=1月月例経済報告 2018年 01月 19日

[東京 19日 ロイター] - 政府は1月の月例経済報告で、「景気は緩やかに回復している」と総括判断を7カ月ぶりに上方修正した。個人消費の持ち直しや雇用情勢の改善が寄与した。この表現は消費税率8%への引き上げ前の2014年3月以来。海外経済では、世界景気が「緩やかに回復している」との見方を維持し、すべての項目を据え置いた。

Topics also related to Business:

トップセクション