エディション:
日本

自動車産業の未来

ホンダと日産、中国の一部工場で再開延期 新型ウイルスで当局指示

ホンダは21日、中国湖北省武漢市にある四輪車工場の生産再開を延期すると発表した。直近では2月24日の週から再開する予定だったが、3月11日以降に遅らせる。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、湖北省が企業の休業期間を同月10日まで延期することを決めたため。日産自動車も同省の襄陽工場、河南省の鄭州工場について2月24日以降の予定だった再開時期を先送りする。

日産ゴーン会長逮捕

株価
自動車各社の株価
Photo

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニティブが自己検閲

[ロンドン 12日 ロイター] - 今年8月、香港が反政府デモに揺れる中、ロイターは、暴動を鎮めるためにデモ参加者らの要求を一部受け入れたいという林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の秘密の提案を、中国政府が却下していたと報道した。中国当局が神経をとがらせかねない内容だった。

Photo

特別リポート:伝説の香港大富豪、習主席との「長く特殊な関係」

[香港 27日 ロイター] - 1993年1月、ふくよかな頬と豊かな黒髪が目立つ、野心に富む39歳の中国共産党幹部が香港を訪れた。彼は、自らの地盤である二級都市・福州への投資を募る狙いで、立ち並ぶ輝かしい高層ビルのなか、香港の富裕層の面会を求めた。それが習近平氏だった。

Photo

特別リポート:「可能なら辞任する」、香港トップが明かした胸の内

[香港 2日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が先週、実業家グループとの非公開会合で、香港の政治危機を巡り「言い訳のできない大混乱」を引き起こしたとし、選択肢があるなら辞任すると話していたことが分かった。録音された発言をロイターが確認した。 | ビデオ

Photo

特別リポート:米中対立の最前線ポーランド、華為「スパイ」事件を追う

[ワルシャワ 2日 ロイター] - 今年1月の冷え込みの厳しい朝、ポーランドの国内公安機関(ISA)がワルシャワのアパートの一室に立ち入った。彼らは写真や電子機器を没収、アパートに住む外国人ビジネスマンを逮捕した。

ニュース一覧

韓国の対中輸出、2月1─20日は3.7%減 新型ウイルスの影響で

韓国の税関統計によると、2月1─20日の中国への輸出は、前年同期比3.7%減少した。新型コロナウイルスの感染拡大によってサプライチェーンが混乱し、世界的に需要が打撃を受けているため、対中輸出は今後数カ月間にさらに減少する可能性がある。

ロイターニュースランキング