エディション:
日本

自動車産業の未来

20年の米国販売72―73万台、世界全体でも微増計画=スバル社長

SUBARU(スバル)の中村知美社長は12日、2020年の自動車販売は主力の米国市場での伸びが寄与し、世界全体で「若干のプラス」を見込んでいると明らかにした。19年の米国市場は目標の70万台に達し、初のシェア4%台となる見込みで、20年は72―73万台程度を計画しているという。ロイターなどとの取材で述べた。

北米トヨタ、小川氏がCEO就任へ レンツ氏は4月に退任

トヨタ自動車は11日、北米事業の統括会社トヨタ・モーター・ノース・アメリカ(TMA)のジェームス・レンツ最高経営責任者(CEO)が退任し、後任にTMAの小川哲男最高執行責任者(COO)を充てる人事を発表した。来年4月1日付。

日産ゴーン会長逮捕

株価
自動車各社の株価
Photo

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニティブが自己検閲

[ロンドン 12日 ロイター] - 今年8月、香港が反政府デモに揺れる中、ロイターは、暴動を鎮めるためにデモ参加者らの要求を一部受け入れたいという林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の秘密の提案を、中国政府が却下していたと報道した。中国当局が神経をとがらせかねない内容だった。

再送-特別リポート-ロイターの香港関連記事を制限、リフィニティブが検閲システム作成

[ロンドン 12日 ロイター] - 今年8月、香港が反政府デモに揺れる中、ロイターは、暴動を鎮めるためにデモ参加者らの要求を一部受け入れたいという林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の秘密の提案を、中国政府が却下していたと報道した。中国当局が神経をとがらせかねない内容だった。

Photo

特別リポート:伝説の香港大富豪、習主席との「長く特殊な関係」

[香港 27日 ロイター] - 1993年1月、ふくよかな頬と豊かな黒髪が目立つ、野心に富む39歳の中国共産党幹部が香港を訪れた。彼は、自らの地盤である二級都市・福州への投資を募る狙いで、立ち並ぶ輝かしい高層ビルのなか、香港の富裕層の面会を求めた。それが習近平氏だった。

Photo

特別リポート:「可能なら辞任する」、香港トップが明かした胸の内

[香港 2日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が先週、実業家グループとの非公開会合で、香港の政治危機を巡り「言い訳のできない大混乱」を引き起こしたとし、選択肢があるなら辞任すると話していたことが分かった。録音された発言をロイターが確認した。 | ビデオ

ビデオ

ニュース一覧

監視委、日産に課徴金勧告24億円 虚偽記載で過去2番目の規模

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告らが金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)などの罪で起訴された事件で、証券取引等監視委員会は10日、法人としての日産に24億2489万5000円の課徴金を納付させるよう、金融庁に勧告した。有価証券報告書の虚偽記載での課徴金としては2015年12月の東芝に対する勧告に次いで、過去2番目の規模となる。

米フォード、今年の中国事業損失は半減へ

米自動車大手フォード・モーターは9日、中国事業の今年通年の金利・税引き前損失は前年比で半減するとの見通しを示した。来年はさらに、今年の半分近くに減ると見込んでいる。

「空飛ぶタクシー」企業、来年は資金調達が急増か=調査

投資家向けウェブサイト、ピッチブックが9日公表した調査結果によると、来年は電気自動車が上空を移動する「空飛ぶタクシー」を手掛ける新興企業が数百万ドル規模の資金を調達し、陸上輸送の新興企業から投資家の資金を奪うかもしれない。

ロイターニュースランキング