エディション:
日本

自動車産業の未来

日産ゴーン会長逮捕

カルロス・ゴーン氏の役員報酬
グラフィックス
株価
自動車各社の株価
Photo

オピニオン:女性活躍は「富士山五合目」、普通に働き昇進する時代へ=村木厚子氏

[東京 5日] - 厚生労働事務次官を務めた村木厚子氏は、保育所の拡充が遅れたことが大きなミスだったと、平成時代の女性政策を振り返る。それでも女性が活躍する社会の実現は「五合目」まで来たとし、政府が本腰を入れる今こそ、女性自身が変化のために声を上げることが求められると指摘する。企業は女性が普通に働き、普通に昇進する組織づくりを進めるべきだと訴える。

Photo

インタビュー:個人投資家も「アクティビスト」になるべき=マネックス社長

[東京 22日 ロイター] - 平成の30年間で個人投資家を取り巻く環境は激変した。インターネットなど情報通信技術の普及により大量の情報を瞬時に入手できるようになり、セミプロのような個人投資家も数多く出現した。しかし、全体でみれば貯蓄から投資へのシフトは進まず、かつてのような日本株市場の活気は取り戻せていない。

Photo

コラム:英国人が見た平成日本、偉業を誇らない不思議=コリン・ジョイス氏

[東京 21日] - 日本を定期的に訪れている筆者は数年前、都内に「上野東京ライン」という新しいJRの路線ができたことに気がついた。上野駅と東京駅はすでに結ばれていなかったか。そう思い、やや困惑した。

Photo

オピニオン:平成日本の過ち、「滅びの40年」回避できるか=半藤一利氏

[東京 7日] - 幕末から昭和まで、歴史を見つめてきた作家の半藤一利氏は、平成の日本は国家に目標がなく、国民も基軸を失いつつあると指摘する。

ビデオ

ニュース一覧

日仏首脳が会談、日産・ルノー連合やゴーン被告の捜査巡り協議

欧州歴訪中の安倍晋三首相とフランスのマクロン大統領が23日、首脳会談を行い、日産自動車と仏自動車大手ルノー企業連合(アライアンス)の今後や、日産前会長のカルロス・ゴーン被告が逮捕・起訴された事件の捜査について話し合った。仏大統領府が明らかにした。

焦点:原酒不足に悩むサントリー、新ブレンドウイスキーの勝算

ウイスキーの原酒不足に悩まされているサントリーホールディングスは、世界から集めた原酒をブレンドした製品をプレミアムウイスキーとして売り出した。愛好家の人気が熟成を重ねたシングルモルトに集中する中、若いブレンドウイスキーの評価も高めようという狙いがある。

ルノーから日産への統合打診報道「コメント控える」=菅官房長官

菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で、仏ルノーが日産自動車に経営統合を打診し、日産が拒否したとの報道に関し、「民間企業の個別のやり取りについてコメントは控えたい」とした。訪欧中の安倍晋三首相が23日に予定している日仏首脳会談で議題にするかに関しても明言を避けた。

今は経営統合を考えるときではない=西川日産社長

日産自動車の西川廣人社長兼最高経営責任者(CEO)は22日、仏ルノーから経営統合の提案があったとの一部報道に対し「私がお答えすることはない」と述べた。そのうえで今は経営統合を考えるときではないとの見解を示した。

ロイターニュースランキング