エディション:
日本

自動車産業の未来

仏PSA、第3四半期は自動車部門が増収に転じる

フランスの自動車大手PSAグループが28日発表した第3・四半期決算は売上高が前年同期比0.8%減の155億ユーロ(183億ドル)となった。ただ中核の自動車部門はロックダウン(都市封鎖)による低迷から回復した。

米通信規制当局、車車間通信用周波数帯の一部転用案を来月採決

米連邦通信委員会(FCC)は自動車の安全技術用に割り当てられた無線周波数帯の一部を無線通信機器向けに転用する案について、11月18日に承認の是非を採決する見通し。チャオ運輸長官は自動車事故の増加につながるとして転用に反対している。

米耐久財コア受注、9月は1.0%増加し6年ぶり高水準

米商務省が27日発表した9月の耐久財受注統計は、民間設備投資の先行指標とされるコア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の受注が前月比1.0%増と、市場予想の0.5%増を上回った。

中国NEV車販売、2035年までに全体の50%に=業界団体

中国汽車工程学会の幹部は27日、同国における電気自動車(EV)、プラグイン・ハイブリッド(PHV)、燃料電池車(FCV)などの新エネルギー車(NEV)の販売が2035年までに全新車販売の50%に達するとの見通しを示した。

FCAとPSAの合併、EUの承認獲得へ=関係筋

自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と「プジョー」を傘下に持つPSAの合併計画に欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会の承認が下りる見通しとなった。事情に詳しい関係筋が明らかにした。

株価
自動車各社の株価
Photo

特別リポート:コロナ禍で「プラ危機」、廃棄増がリサイクル圧迫

[5日 ロイター] - 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)でプラスチック業界が激震に見舞われている。武漢からニューヨークまであらゆる地域で、フェイスシールドや手袋、食品のテイクアウト用容器、オンラインショッピングで注文された商品の配送用緩衝材などの需要が増えているが、こうした製品はリサイクルできず、廃棄物が急増している。

Photo

特別リポート:急拡大する中国「海兵隊」、権益確保へ世界展開

[香港 20日 ロイター] - 中国が1990年代半ばに軍事力拡大に乗り出した時点で、最優先目標に掲げていたのは、本土沿岸に接近する米軍を徹底的にたたく戦力を整えることだった。だが今や、人民解放軍は世界各地で米国の力に挑戦するための準備を進めつつある。

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

Photo

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転落したのか

[サンパウロ/リオデジャネイロ 26日 ロイター] - 3月中旬、ブラジルは感染の足音が聞こえ始めていた新型コロナウイルスに先制攻撃を加えた。保健省はクルーズ船の運航停止を命じ、地方自治体に大規模イベントの中止を要請した。海外からの旅行者には1週間の自主隔離を呼びかけた。

ニュース一覧

日本電産、営業利益予想を29%増に上方修正 上期「想定上回る」

日本電産は26日、2021年3月期の営業利益(国際会計基準)予想を前年比29.0%増の1400億円に上方修正した。原価改善などで4―9月期業績が想定を上回ったことを反映した。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均は1425億円。

SBG出資の米自動車リース会社、創業者が買い戻し検討=関係筋

インターネットによる自動車リースを手掛ける米フェアの前最高経営責任者(CEO)スコット・ペインター氏が、自身が創設した同社をソフトバンクグループ(SBG)が出資する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」などから買い戻すことを検討していることが分かった。事情に詳しい関係者が23日、ロイターに明らかにした。

ロイターニュースランキング