エディション:
日本

自動車産業の未来

ゴーン被告が不正報酬10億円、三菱自と日産の統括会社から

日産自動車と三菱自動車は18日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された前会長のカルロス・ゴーン被告が、オランダに設立した折半出資の統括会社「日産・三菱B.V.(NMBV)」から報酬名目で不正に約10億円を受け取っていたと発表した。両社が進めていた内部調査で判明した。

日産ゴーン会長逮捕

カルロス・ゴーン氏の役員報酬
グラフィックス
株価
自動車各社の株価
写真

隠れた環境危機

地球の7割を覆っている海洋に住む生物に何が起きているのか。  記事の全文 

写真

右傾化するポーランド

ポーランドはなぜ欧州に背を向けたのか。  記事の全文 

写真

「トランプの罠」警戒

米中間選挙で共和党候補が警戒した「トランプの罠」とは何か。  記事の全文 

写真

最強ドイツの泣き所

欧州最強の経済大国ドイツだが、デジタル時代への適応が進まず悪戦苦闘している  記事の全文 

写真

iQOSで喫煙データ収集

加熱式たばこiQOSの、喫煙者に恩恵をもたらさない機能とは。  記事の全文 

ビデオ

ニュース一覧

インド、VWに1400万ドルの預託求める 排ガス不正で

インドで環境関連事件を管轄する裁判所「国家グリーン審判所」は17日、独フォルクスワーゲン(VW)に対し、排ガス不正問題に関連して18日までに10億ルピー(1402万ドル)を預託するよう求めた。

ロイターニュースランキング