エディション:
日本

金融・M&A

主要国金融セクター株式指数

M&A・ディール情報

米独禁当局、アマゾンのMGM買収を調査へ=関係者

米独占禁止当局の連邦取引委員会(FTC)が、米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムによる米映画制作大手メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)ホールディングスの買収を調査することが22日、分かった。

日本関連M&A 公表案件
日本企業関連M&A トップ10案件
M&Aリーグテーブル

ロイターニュースランキング

    ビデオ

    ニュース一覧

    米経済、FRB支援策を解除する段階でない=クリーブランド連銀総裁

    米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は22日、米経済は連邦準備理事会(FRB)が景気支援的な金融政策の引き揚げを開始すべき時点に達していないとの見方を示した。ただその時が来れば、FRBは2008─09年の金融危機時と同様のアプローチで、必要に応じて調整すると述べた。

    英、シティの元エコノミストを中銀金融政策委員に任命

    英財務省は、イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)のブリハ委員の後任として、シティグループでグローバル・チーフエコノミストを務めていたキャサリン・マン氏を任命すると発表した。任期は9月1日から3年間となる。

    コロナ後の金融・財政:FRB正常化で金利差拡大なら「日本にいい状況」=伊藤コロンビア大教授

    コロンビア大学教授の伊藤隆敏氏はロイターとのインタビューで、米連邦準備理事会(FRB)の政策正常化に伴い、世界的な長期金利の上昇が見込まれるが、日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)により日本の金利は抑制されるとの見通しを示した。金利差が拡大すれば円安や株高のサポートになり、日本に「いい状況」が生まれると指摘した。