エディション:
日本

金融・M&A

主要国金融セクター株式指数

M&A・ディール情報

ティファニー、LVMHからの査定要請受け入れ=関係者

仏高級ブランドLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)が米宝飾品大手ティファニーに対する買収提示額を引き上げ、ティファニーがLVMHからのデューデリジェンス(対外秘の資産などの査定)の要請を受け入れたことが分かった。事情に詳しい複数の関係者が20日明らかにした。査定受け入れはLVMHのティファニー買収計画にとって大きな節目となる。

日本関連M&A 公表案件
日本企業関連M&A トップ10案件
M&Aリーグテーブル

ロイターニュースランキング

    ニュース一覧

    20年債落札、三菱UFJMS1398億円・大和証670億円=市場筋

    三菱UFJモルガン・スタンレー証1398億円、大和証670億円、みずほ証634億円、バンクオブアメリカ・メリルリンチ604億円、SMBC日興証601億円、シティグループ証400億円、ソシエテ・ジェネラル証357億円、野村証323億円、東海東京証184億円、クレディ・アグリコル証100億円、岡三証82億円──など。

    アラムコ上場のFA手数料、最大9000万ドルにとどまる=関係筋

    サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)のアドバイザーを務める金融機関25社が受け取る予定の手数料が最大で計9000万ドルと、過去の大型IPOに比べ低くなることが、事情に詳しい関係者3人の話で明らかになった。

    米住宅着工件数、10月3.8%増 許可件数12年5カ月ぶり高水準

    米商務省が19日発表した10月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比3.8%増の131万4000戸だった。市場予想は132万戸だった。着工許可件数は12年5カ月ぶりの高水準となり、住宅ローン金利が低下する中、住宅市場が力強さを増していることが裏付けられた。