エディション:
日本

金融・M&A

主要国金融セクター株式指数

M&A・ディール情報

日本関連M&A 公表案件
日本企業関連M&A トップ10案件
M&Aリーグテーブル

ロイターニュースランキング

    ニュース一覧

    経済成長率見通し20年度引き下げ、金融システムは安定=日銀展望リポート

    日銀は29日に公表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)で、サービス需要の回復遅れを主因とし、2020年度の経済成長率見通しを引き下げた。消費者物価指数(除く生鮮、コアCPI)の見通しはおおむね不変だが、経済・物価、いずれの見通しも新型コロナウイルスの帰趨によって変わり得るため、不透明感が極めて強く、リスクバランスは感染症の影響を中心に下振れリスクの方が大きいという。

    野村HD、7―9月連結純利益は前四半期比53%減 営業部門は好調

    野村ホールディングスが28日発表した2020年7月―9月期の連結決算(米国会計基準)では、純利益が前四半期比53%減の676億円だった。過去最高水準の利益を計上した前四半期からは減益となったものの、営業部門や海外ビジネスは好調を維持した。

    アングル:市場「バイデン決め打ち」にリスク、16年の再燃警戒も

    11月3日の米大統領選投票日まであと1週間余りとなった今、民主党候補バイデン前副大統領のトランプ大統領に対する支持率の優位がわずかに縮小している。その意味で投資家が、バイデン氏が明確な勝利を収めるといささか過信しているきらいもありそうだ。

    コラム:迫られるコロナ禍企業への資本支援、銀行だけの仕事なのか=井上哲也氏

    [東京 27日] - 国内銀行による貸出残高は今年の春以降に急速に増加し、一時は前年比で6%を超えてバブル期以来となる伸びを記録した。これは新型コロナウイルス問題に対応するため企業の資金需要が急増したためであるが、内容をみると興味深い特徴もうかがわれる。