エディション:
日本

金融・M&A

主要国金融セクター株式指数

M&A・ディール情報

コラム:YCC捨てる日銀、拾うECB=唐鎌大輔氏

[東京 21日] - 日本の10年金利が恒常的にマイナス0.2%を割り込んでいる。日銀が許容するプラスマイナス20ベーシスポイントの変動幅が機能していない状況を受け、9月の金融政策決定会合でイールドカーブコントロール(YCC)の枠組みが見直されるのではないかとの思惑が強まっている。

日本関連M&A 公表案件
日本企業関連M&A トップ10案件
M&Aリーグテーブル

ロイターニュースランキング

    ニュース一覧

    コラム:トランプ政権で手綱緩む、ホワイトカラー犯罪の訴追減少

    [ニューヨーク 19日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 「貧しくてかわいそうな弁護士だ」などと言う人は聞いたことがない。しかし、米国では司法の変化を映し、ホワイトカラー犯罪を担当する被告側弁護士の需要が減っている。変化とは、銀行その他の企業に対する訴訟の減少だ。もしかすると、米企業はついに素行を改めたのかもしれない。いやそれよりも、検察が見て見ぬふりをし、別の獲物を追い始めた可能性の方が高そうだ。

    米経済成長は持続、個人消費は堅調=バンカメCEO

    米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のモイニハン最高経営責任者(CEO)は21日、個人消費が力強いことで米経済成長は持続するとの見方を示し、米国が景気後退(リセッション)に陥る可能性があるとの見方を退けた。