エディション:
日本

SDGsとビジネス

2020年SDGs 各国の達成度

SDGsとは

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で日本語では「持続可能な開発目標」という。 2015年の国連サミットで採択された2030年までに世界が達成すべきゴールを表したもので、17の目標と169のターゲットで構成されている。

17の目標
  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

ニュース一覧

コラム:インフレ対応に劣る日本企業、3つの数字が象徴 株安要因に

コラム:インフレ対応に劣る日本企業、3つの数字が象徴 株安要因に

世界的なインフレ傾向が、日本にどのように波及しているのかを示す3つの数字がある。0.5、8.5、41.9だ。これは昨年12月の消費者物価指数(除く生鮮、コアCPI)と企業物価指数(CGPI)、輸入物価指数の前年比だ。企業努力でCPIが抑制されていることがわかるが、価格転嫁できずに業績を圧迫しているとも言える。

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺らぐ優位性

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺らぐ優位性

暗号資産(仮想通貨)ビットコインの採掘業者にとって「天国」だったカザフスタンが、その輝きを失うかもしれない。燃料価格引き上げへの抗議デモを受けて1月初旬に全土でインターネットが一時遮断されたのをきっかけに、規制強化への懸念が強まり、一部の大手業者が他国に拠点を移そうとしている。

日鉄がタイの電炉大手2社買収へ、総額約880億円

日鉄がタイの電炉大手2社買収へ、総額約880億円 成長市場取り込み

日本製鉄は21日、タイの電炉大手2社を買収すると発表した。債権買い取り価格などを含めた買収総額は最大7.63億ドル(約880億円)で、完全子会社化を目指す。地産地消が進む海外市場に一貫製鉄所を持ち成長市場を取り込むほか、二酸化炭素(CO2)排出が少ない電炉の活用で、脱炭素に対応する。

コラム:日本の物価上昇、金利市場の機能回復チャンスに=佐々木融氏

コラム:日本の物価上昇、金利市場の機能回復チャンスに=佐々木融氏

[東京 19日] - 1月17─18日に開かれた日銀金融政策決定会合は、久しぶりに海外勢も含めた市場参加者の注目を集めた会合となった。結果としてインフレ率予想を小幅引き上げ、リスクバランス評価も中立に引き上げた程度で、黒田総裁は記者会見で近い将来の政策調整の可能性を明確に否定し、特にサプライズは無かった。

CBDCで決済迅速化も金融安定リスクなど懸念=FRB審議文書

FRB、「デジタルドル」文書公表 決済迅速化も金融安定リスク懸念

米連邦準備理事会(FRB)は20日に公表した中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する審議文書で、デジタル通貨「デジタルドル」を開発すれば、決済技術の発展とともに決済スピードが上がり家計に安全な選択肢を提供できるが、金融安定を巡るリスクやプライバシーに関する懸念も出てくるとの見解を示した。

上海証取、科創板上場企業にESG情報の公表を要請

上海証取、科創板上場企業にESG情報の公表を要請

上海証券取引所は20日、新興ハイテク企業向け市場「科創板(スター・マーケット)」に上場する企業に対し、ESG(環境・社会・企業統治)関連の情報を年次報告書に公表するよう要請したと明らかにした。

米シティ、エネルギー部門の融資先に異例の脱炭素目標

米シティ、エネルギー部門の融資先に異例の脱炭素目標

米金融大手シティグループは19日、融資ポートフォリオの温室効果ガス排出量削減目標に関する報告書を公表した。エネルギー部門に関して、他の金融機関とは異なり、生産量当たりの排出量を指す「原単位」ではなく「総量」の削減目標を設定した。

ビジネス

ロイターニュースランキング