エディション:
日本

SDGsとビジネス

2020年SDGs 各国の達成度

SDGsとは

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で日本語では「持続可能な開発目標」という。 2015年の国連サミットで採択された2030年までに世界が達成すべきゴールを表したもので、17の目標と169のターゲットで構成されている。

17の目標
  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

ニュース一覧

中国、1─8月の環境債発行額は540億ドル 前年比152%増

中国、1─8月の環境債発行額は540億ドル 前年比152%増

中国人民銀行(中央銀行)の陳雨露・副総裁は25日に開かれたフォーラムで、中国のグリーンボンド(環境債)発行額が今年1─8月に前年同期比152%増の3500億元(541億3000万ドル)となり、既に2020年通年の発行額を上回ったことを明らかにした。

カナダ、対中関係正常化は「目を大きく開き」判断へ=外相

カナダ、対中関係正常化は「目を大きく開き」判断へ=外相

カナダのガルノー外相は26日、バンクーバーで自宅軟禁状態に置かれていた中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟氏が釈放されたことを受け、中国との関係正常化について「目を大きく開き」判断していくと述べた。

アングル:独自動車大手、水素燃料とEVに「二股」の思惑

アングル:独自動車大手、水素燃料とEVに「二股」の思惑

未来の自動車技術の最有力候補はバッテリーかもしれないが、劣勢の水素を切り捨てるべきではない―─。こうした見方に立つBMWやアウディなど一部の大手自動車メーカーは、脱化石燃料に向けた準備の一環として、電気自動車(EV)と並行して水素燃料電池式乗用車のプロトタイプ(試作車)を開発している。

中国人民銀行、仮想通貨取引の取り締まり強化

中国人民銀、仮想通貨を全面禁止 「違法」と位置付け

中国人民銀行(中央銀行)を含む中国の証券、銀行規制当局などの10機関は24日、暗号資産(仮想通貨)の取引と採掘(マイニング)を全面的に禁止すると発表した。仮想通貨に関連する活動を「違法」と位置付け、海外の取引所が中国本土向けのサービスを提供することも禁止。市場では、ビットコインなどの仮想通貨のほか、仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーン関連企業の株価が急落している。

銀行の気候リスク評価、自動的な資本要件引上げない=ECB幹部

欧州中央銀行(ECB)のエルダーソン専務理事は23日、来年に予定される銀行の気候変動リスクを評価するストレステスト(健全性審査)について、自動的に資本要件の引き上げにつながる訳ではないとした上で、金融機関が資本バッファーの増強を求められる可能性はあるとの認識を示した。

ビジネス

ロイターニュースランキング