エディション:
日本

特集 ダボス会議

編集長のおすすめ

トップニュース

米政府閉鎖、最長に並ぶ21日目

米政府閉鎖、最長に並ぶ21日目

 【ワシントン共同】メキシコ国境の壁建設費用の予算計上を求めるトランプ米大統領と反対する民主党の対立が解けず、政府機関の一部閉鎖は11日午前0時(日本時間同日午後2時)、21日目に突入し、1995年のクリントン政権下で起きた過去最長期間に並んだ。

IMFの世界経済見通し
グラフィックス

安倍首相、来月9日から訪欧へ

 安倍晋三首相は、英国、オランダを来年1月9~11日の日程で訪問する方向で調整に入った。1月下旬で検討するロシア訪問は、スイスで1月22日から開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)出席に続く日程で設定する意向だ。日ロの平和条約締結交渉や北方領土問題の解決へ進展を図れるかどうかが焦点となる。政府関係者が6日、明らかにした。

コラム:激化する米中対立、関係修復は可能か

コラム:対立深める米中、関係修復は可能か

17─18日に開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の際、首脳宣言の表現を巡る米国提案を議長国パプアニューギニアが支持したことに、中国の外交担当者が反発した。

首相、1月下旬にロシア訪問

 安倍晋三首相は来年1月下旬にロシアを訪問する方向で調整に入った。プーチン大統領と会談し、1956年の日ソ共同宣言を基礎とした平和条約締結と北方領土返還交渉を進展させたい考え。スイスで22~25日に開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)への出席も想定している。日本政府関係者が15日、明らかにした。

サウジ投資フォーラム開幕へ、仏トタルやロシア代表団など出席

サウジ投資フォーラム開幕へ、仏トタルやロシア代表団など出席

サウジアラビアの首都リヤドで、23日から年次投資フォーラム「未来投資イニシアチブ」が始まる。サウジの反体制記者ジャマル・カショギ氏の死亡事件を巡り、欧米政府の閣僚や金融機関トップなどからは欠席表明が相次ぎ、世界各地から政財界首脳が参集して「砂漠のダボス会議」と呼ばれた昨年ほどの華やかさはない。

日本、北極圏発展へ関与強化表明

日本、北極圏発展へ関与強化表明

 【レイキャビク共同】北極圏の課題を協議する産官学による国際会議「北極サークル」総会が19日、アイスランドの首都レイキャビクで開幕、河野太郎外相が日本の閣僚として初めて出席し、資源開発協力や気候変動の科学調査を通して、北極圏の持続的発展に貢献する考えを表明した。

サウジ失踪記者、トランプ氏「死亡の公算大」 トルコでの捜査続く

サウジ失踪記者、トランプ氏「死亡の公算大」 トルコでの捜査続く

トランプ米大統領は18日、トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館訪問後に行方不明になったサウジの反体制記者ジャマル・カショギ氏について、すでに死亡しているとの見方を示した。米国はサウジに「非常に厳しい」対応を取る見通しだとした上で、実際に何が起きたかの真相を依然として探りたい意向を示した。

ロイターニュースランキング