エディション:
日本

特集 ダボス会議

編集長のおすすめ

トップニュース

焦点:温暖化阻止へ肉食メニュー排除 ダボス会議に問われる本気度

焦点:温暖化阻止へ肉食メニュー排除 ダボス会議に問われる本気度

[ダボス(スイス) 21日 トムソン・ロイター財団] - カナダ人のビーガン(完全菜食主義)料理人ダグ・マクニッシュ氏は、スイス・アルプスに世界の要人が集まる年1回のダボス会議で料理を担当するよう招請されたとき、驚きはしたものの、即座に承諾のサインをした。

IMFの世界経済見通し
コラム:気候変動リスク、銀行に芽生え始めた当事者意識

コラム:企業融資の決定権握る銀行、気候変動に大きな役割

[ダボス(スイス) 22日 ロイター Breakingviews] - 銀行業界は、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で地球温暖化問題を巡って白熱した議論が行われている現実を肌で感じつつある。今年のダボス会議は、気候変動が支配的なテーマだ。資産運用で世界最大手の米ブラックロックは、気候変動に十分な手を打たない企業の意思決定に株主総会で反対すると約束しており、一部企業の行動を変えられるかもしれない。ただし規制当局が銀行に、気候変動に付随するリスクを適切に管理せよと要求する方が効果はあるだろう。

WTO紛争処理で暫定的枠組みを構築へ、EUや中国など合意

欧州連合(EU)と中国、その他15カ国の世界貿易機関(WTO)加盟国は24日、暫定的な貿易紛争処理の枠組みを構築することで合意した。WTOは紛争処理の最終審に当たる上級委員会のメンバーが米国の反対で補充ができない状況で機能不全に陥っている。

基調インフレの改善、まだ楽観できず=オランダ中銀総裁

ECB当局者2人、2%の物価目標設定を提言

欧州中央銀行(ECB)の物価目標について、理事会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁とレーン・フィンランド中銀総裁が24日、インフレ目標を単純に2%に設定し、現在の「2%を下回るがこれに近い水準」との文言は廃止するべきとの考えを示した。

ドル2週間ぶり安値から反発後に失速

ドル2週間ぶり安値から反発後に失速

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の109円半ば。前日の海外市場でつけた2週間ぶり安値からは反発したものの、新型肺炎の感染者の拡大や中国株の下落、米長期金利の低下などにより、反発は早々と失速した。

ロイターニュースランキング