エディション:
日本
Photo

物価2%への勢い維持、需給ギャップ改善が原動力=雨宮日銀副総裁

4:58pm JST

[東京 20日 ロイター] - 日銀の雨宮正佳副総裁は20日、都内で行われた全国信用金庫大会であいさつし、「需給ギャップの着実な改善を原動力として、2%の物価安定目標に向けたモメンタム(勢い)は維持されている」と述べた。米国の経済政策運営に触れつつ、国際金融市場に及ぼす影響を注視する考えも併せて示した。記事の全文

Photo

人手不足は深刻と認識、生産性革命のうねり広げる=安倍首相 4:03pm JST

[東京 20日 ロイター] - 安倍晋三首相は20日、都内で行われた全国信用金庫大会であいさつし、「全国的に人手不足が深刻な問題になっている」との認識を示した上で、「政策を総動員して生産性革命のうねりを全国の中小、小規模事業者に広げていく」と語った。

Photo

アングル:国会32日間延長、IR法案・外交成果で安倍首相は3選目指す 2:35pm JST

[東京 20日 ロイター] - 政府・与党は、通常国会の会期を7月22日まで32日間延長することを決めた。安倍晋三政権が重要法案と位置付ける働き方改革法案や、カジノを含む統合型リゾート(IR)関連法案の成立へ万全を期す。法案成立という実績や「外交成果」を追い風に、安倍首相は9月の自民党総裁選における3選を確かなものにしようとの戦略がありそうだ。

Photo

国会会期7月22日まで32日間延長、働き方改革法案など成立目指す 10:17am JST

[東京 20日 ロイター] - 安倍晋三首相と公明党の山口那津男代表は20日午前、与党党首会談を行い、同日が会期末の通常国会の会期を7月22日までの32日間延長する方針を基本合意した。山口代表が会談後、記者団に明らかにした。会期延長によって、安倍政権が最重要法案と位置付ける働き方改革法案やカジノを含む統合型リゾート(IR)施設の整備法案などを成立させることが適切であると判断した。与党は20日の衆参本会議で可決する方針だ。

Photo

国会会期、7月22日まで延長=与党幹部 8:50am JST

[東京 20日 ロイター] - 与党幹部は20日午前、同日が会期末の通常国会の会期を7月22日までの32日間延長する方針を明らかにした。

インタビュー:PB型の金融商品の販売目指す=舟竹セブン銀行社長 12:25am JST

[東京 20日 ロイター] - セブン銀行の舟竹泰昭社長は、ロイターとのインタビューで、将来的にはセブン―イレブン店舗で購入できるプライベートブランド(PB)型の金融商品を開発したいとの意向を明らかにした。

トップセクション