エディション:
日本
Photo

アングル:仮想通貨で「一発逆転」、南アの若者が追う危険な夢 8:39am JST

[ヨハネスブルク 26日 トムソンロイター財団] - 南アフリカ最大都市ヨハネスブルク近郊のランガビル・タウンシップ――。低所得世帯が多いこの地で暮らすジョンさんが、暗号資産(仮想通貨)という言葉を初めて耳にしたのは3年前のことだった。「ビットコインのおかげで一夜にして金持ちになった」という同じ南アの人たちがユーチューブやフェイスブックに投稿した動画や記事を偶然目にした。記事の全文

Photo

東芝、経営再建で複数提案を受領 今後「パートナー候補と折衝」

[東京 30日 ロイター] - 東芝は30日、公募している経営再建案に関する協議の進ちょく状況を発表した。同日時点で複数のパートナー候補から詳細な意向表明書を受領しており、「パートナー候補との折衝を向こう数カ月にわたって行っていく」としている。

Photo

ロシア軍、ザポロジエ近郊にミサイル攻撃 市民少なくとも30人死亡

[ザポロジエ(ウクライナ) 30日 ロイター] - ウクライナ南部のザポロジエ市近郊で30日、市民が乗った車の列がロシア軍のミサイル攻撃を受け、少なくとも30人が死亡、約100人が負傷した。現場では遺体が辺りに散乱するなど、凄惨な状況になっている。

Photo

コラム:次の介入はいつか、その効果と政府・日銀の戦術を読み解く=熊野英生氏 8:41am JST

[東京 26日] - 政府・日銀のドル売り・円買い介入は、これから何回か続くだろう。9月22日の介入は、まさしく奇襲攻撃だった。この介入は、米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀金融政策決定会合が終わって、材料がいったんは出尽くした後に、145円の防衛ラインを突破させないという「断固たる姿勢」を示す対応だった。

Photo

ポンド、最安値更新の26日に対ビットコイン取引が急増

[ロンドン 28日 ロイター] - ポンドが対ドルで最安値を更新した26日、ポンドと暗号資産(仮想通貨)ビットコインの間の取引規模が過去最高水準に達したことが、市場データ会社カイコ・リサーチの調査で分かった。

Photo

特別リポート:変わる自動車業界の勢力図、テスラに挑む吉利の勝算

[杭州市(浙江省) 8日 ロイター] - 「ボルボがどれだけの規模の企業かご存知ですか」。フォード・モーターのドン・レクレアー最高財務責任者(CFO)は尋ねた。

Photo

特別リポート:オイルマネーで脱石油、サウジ戦略転換の現実味

[リヤド 23日 ロイター] - 午前3時、スペイン人の生物学者カルロス・ドゥアルテ氏はサウジアラビアの王宮にいた。この国でもっとも権力を持つ人物を未明までずっと待っていた。

Photo

特別リポート:コロナ禍とCO2、炭素循環を極めた女性科学者

[ノリッジ(英国) 26日 ロイター] - カナダのケベックで生まれ、「炭素循環」の研究者として知られるコリーヌ・ルケレ氏は、ロイターのホットリストの上位にランクされた。世界で最も影響力のある環境問題の科学者1000人を取り上げたこのリストで、女性の割合は7人中1人にも満たない。男性が多数を占めるこの分野で性差別を目の当たりにしてきたルケレ氏は、粘り強く奮闘してきた。

Photo

震災10年:「あの時、なぜ救えなかったのか」、遺族が抱き続ける悔悟と葛藤

[陸前高田(岩手県) 10日 ロイター] - 「磨さん 薄よごれた軍手、そして穴のあいた靴。まだ温もりがあるような気がして...帰って来た時に俺の気に入りの靴どうしたんだれと大騒ぎされそうなので、そのまま玄関に磨かないで置いときます」(熊谷幸子さんから亡き夫への手紙。原文のまま)

トップセクション