エディション:
日本

NY外為市場=ドル指数一時2年半ぶり安値、米追加策への期待で 7:12am JST

[ニューヨーク 2日 ロイター] - ニューヨーク外為市場で、米追加経済対策への期待から安全通貨としてのドルが売られ、ドル指数が一時2年半ぶりの安値を更新した。ただ、その後は議会の交渉が再び難航したことで、下げ幅を縮小した。記事の全文

Photo

焦点:アバター姿でデジタル勤務、金融界に広がる仮想オフィス

[ロンドン 24日 ロイター] - かつてはゲーマーたちが独占していたバーチャルリアリティ(仮想現実、VR)。いま、その世界に夢中になっているのは、金融セクターだ。ひとりぼっちのトレーダーや孤立した幹部たちの在宅勤務を活気づける一方で、現実世界での営業活動や人脈構築、研修イベントなどがVRで再現されている。

Photo

焦点:欧州中古車市場にコロナ特需、「公共交通嫌い」鮮明に

[ロンドン/マドリード 30日 ロイター] - 新型コロナウイルス感染の心配があるバスや鉄道での移動は何としてでも避けたい。とはいえ、景気がおぼつかない中、新車を手に入れるなどの散財をする余裕はとてもないー。いま欧州で、そんな思いに駆られた人たちが、おんぼろの中古車の購入に群がっている。

Photo

コラム:脱炭素化などの気候変動問題、中銀は政策対応すべきか=門間一夫氏 7:22am JST

[東京 2日 ロイター] - 米国の連邦準備理事会(FRB)は年に2回、金融安定報告書を公表している。先月公表された最新版では、気候変動リスクに関する詳しい記述が初めて盛り込まれた。タイミングが大統領選挙におけるバイデン氏の勝利とも重なり、米国の環境政策シフトを象徴しているようでもあった。

Photo

FBのリブラ、「ディエム」に改名 承認に向け独立性強調

[ロンドン 1日 ロイター] - 米フェイスブックが導入を計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」が「ディエム」に改名したことが分かった。仮想通貨プロジェクトの独立性を強調し規制当局の承認を得ることが狙いという。

Photo

シャオミ、株式売却などで39億ドルを調達

[香港 2日 ロイター] - 中国のスマートフォンメーカー、小米(シャオミ)は、私募形式による株式売却と転換社債の発行を通じて総額39億1000万ドルを調達した。

Photo

特別リポート:コロナ禍で「プラ危機」、廃棄増がリサイクル圧迫

[5日 ロイター] - 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)でプラスチック業界が激震に見舞われている。武漢からニューヨークまであらゆる地域で、フェイスシールドや手袋、食品のテイクアウト用容器、オンラインショッピングで注文された商品の配送用緩衝材などの需要が増えているが、こうした製品はリサイクルできず、廃棄物が急増している。

Photo

特別リポート:コロナ禍で医療崩壊、あるインド人医師の修羅場

[バガルプル(インド) 13日 ロイター] - インド東部ビハール州バガルプルのガンジス川沿いにある病院では、運営責任者で精神科医のクマール・ガウラブ氏(42)がライフル銃を装備した3人の警備員に護衛されながら、院内を巡回している。

Photo

特別リポート:急拡大する中国「海兵隊」、権益確保へ世界展開

[香港 20日 ロイター] - 中国が1990年代半ばに軍事力拡大に乗り出した時点で、最優先目標に掲げていたのは、本土沿岸に接近する米軍を徹底的にたたく戦力を整えることだった。だが今や、人民解放軍は世界各地で米国の力に挑戦するための準備を進めつつある。

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

トップセクション