エディション:
日本
Photo

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい状況 2017年 11月 18日

[香港 16日 ロイター] - 中国が先週、金融機関に対する外資の出資規制緩和を発表した。中国による金融セクターの一段の開放を長年夢見てきた関係者の間で、このタイミングを予想していた人は少数だ。ただ早速機会を生かそうという向きはもっと少ないだろう。記事の全文

Photo

東芝、19日の取締役会で約6000億円の第三者割当増資を決議

[東京 19日 ロイター] - 東芝は19日の取締役会で、約6000億円の第三者割当増資を決議したと発表した。これにより、2018年3月末における債務超過は免れ、同時点における上場廃止も回避される。

Photo

トヨタとスズキ、インドで20年ごろEV投入へ 提携具体策第一弾

[東京 17日 ロイター] - トヨタ自動車とスズキは17日、2020年ごろのインド市場への電気自動車(EV)投入に向けた提携の検討で合意したと発表した。両社は2月に業務提携に向けた覚書を締結。環境・安全・情報の各技術や商品補完などで協業する方針を示し、これまでに具体策の検討を進めてきた。インドにおけるEV投入での協力はその第一弾となる。

日銀の金融政策正常化は困難、衆院選の自民勝利で=白井元審議委員  2017年 11月 17日

[東京 17日 ロイター] - 元日銀審議委員の白井さゆり慶大教授・アジア開発銀行研究所客員研究員は17日、先の衆院選での自民党勝利を受けて、日銀が金融政策の正常化に踏み出すことは難しくなったとの見解を示した。ロイターに対して語った。

Photo

ソフトバンクとホンダ、「つながる車」共同研究へ AIに続き

[東京 16日 ロイター] - ソフトバンクとホンダ は16日、第5世代移動通信システム(5G)を活用して車をインターネットに常時接続する「コネクテッドカー(つながる車)」技術の共同研究で合意したと発表した。ソフトバンクがホンダのテストコースに5Gの実験用基地局を設置、高速移動中でも通信が途切れない技術の開発などを進める。

Photo

東芝、6千億円増資決定

 経営再建中の東芝は19日、約6千億円の増資を決めたと発表した。負債が資産を上回る債務超過を解消し、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却が来年3月末に間に合わずに上場廃止になる事態を回避する。米原発事業の巨額損失で傷ついた財務基盤が改善し、2015年に発覚した不正会計から続く経営危機を脱する道筋がようやく付く。

写真

パラダイス文書の教訓

「パラダイス文書」と呼ばれる新流出文書は、不透明な租税回避地の根強い人気を露呈。  記事の全文 

写真

盤石な権力で詰むリスク

習近平国家主席の権威蓄積そのものが自身の権力や中国にとって脅威となる可能性がある。  記事の全文 

写真

IS打倒でも負ける訳

ISをほぼ打倒したことで、米国は中東政策の拠り所を失ったのだろうか。  記事の全文 

トップセクション