エディション:
日本
Photo

為替含め内外の金融市場を点検、必要なら適切な措置=前田日銀理事 12:47pm JST

[東京 25日 ロイター] - 前田栄治日銀理事は25日の衆院財務金融委員会で「金融政策運営は、為替相場そのものを目的とするものではない」と指摘したうえで、「為替相場を含め、内外の金融市場の動向を注意深く点検していく」考えを示した。桜井周委員(立国社)への答弁。記事の全文

Photo

米インテル、新たなデータセンター向けプロセッサーなど発表

[24日 ロイター] - 米半導体大手インテルは24日、第2世代「Xeon(ジーオン)」などの新たなデータセンター向けプロセッサーと次世代通信網「5G」基地局向け10ナノメートル(nm)チップを発表した。

Photo

焦点:中国頼みの製造業、物流ストップでお手上げ状態

[上海/バンコク 20日 ロイター] - 高速道路は封鎖され、労働者は職場に行けず、製品供給は細り続けており、貨物船や航空機による輸送も機能不全――。

Photo

米経済は順調、新型ウイルスはリスク=クリーブランド連銀総裁 8:22am JST

[ワシントン 24日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は24日、新型コロナウイルスの感染拡大がもたらすリスクにもかかわらず、米経済は今年、順調に推移するとし、米国の金融政策は現在良好な位置にあるとの考えを示した。

Photo

アングル:乱高下繰り返すビットコイン、今年の上昇は本物か

[ロンドン 13日 ロイター] - 暗号通貨(仮想通貨)の代表格であるビットコインは年初から約50%値上がりし、昨年10月以来の1万ドル越えとなり、11日には5カ月ぶりの高値を付けた。今年の上昇が特殊要因によるものか、単なる相場変動の一環なのかについて専門家の見解は割れているが、ビットコイン供給量の削減が近づいているという要因説では多くの意見が一致している。

Photo

米アップル、バーネットXとの特許訴訟で最高裁が上告退ける

[ワシントン 24日 ロイター] - 特許ライセンス会社バーネットXがアップルを相手取って起こした特許侵害訴訟で、米連邦最高裁判所は24日、アップルの上告を退けた。

Photo

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニティブが自己検閲

[ロンドン 12日 ロイター] - 今年8月、香港が反政府デモに揺れる中、ロイターは、暴動を鎮めるためにデモ参加者らの要求を一部受け入れたいという林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の秘密の提案を、中国政府が却下していたと報道した。中国当局が神経をとがらせかねない内容だった。

Photo

特別リポート:伝説の香港大富豪、習主席との「長く特殊な関係」

[香港 27日 ロイター] - 1993年1月、ふくよかな頬と豊かな黒髪が目立つ、野心に富む39歳の中国共産党幹部が香港を訪れた。彼は、自らの地盤である二級都市・福州への投資を募る狙いで、立ち並ぶ輝かしい高層ビルのなか、香港の富裕層の面会を求めた。それが習近平氏だった。

Photo

特別リポート:「可能なら辞任する」、香港トップが明かした胸の内

[香港 2日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が先週、実業家グループとの非公開会合で、香港の政治危機を巡り「言い訳のできない大混乱」を引き起こしたとし、選択肢があるなら辞任すると話していたことが分かった。録音された発言をロイターが確認した。 | ビデオ

Photo

特別リポート:米中対立の最前線ポーランド、華為「スパイ」事件を追う

[ワルシャワ 2日 ロイター] - 今年1月の冷え込みの厳しい朝、ポーランドの国内公安機関(ISA)がワルシャワのアパートの一室に立ち入った。彼らは写真や電子機器を没収、アパートに住む外国人ビジネスマンを逮捕した。

トップセクション