エディション:
日本
Photo

コラム:ドラギECB、緩和縮小開始の決断は秋か=田中理氏 10:07am JST

[東京 21日] - 欧州中央銀行(ECB)による資産買い入れの段階的な縮小(テーパリング)開始に向けた何らかの示唆があるかに注目が集まった20日の理事会では、来年以降の買い入れについての議論を秋にすることが示唆され、具体的な検討は持ち越された。記事の全文

写真

ジャネット・イエレン氏

(前FRB副議長、歳)

100年の歴史を持つFRB初の女性議長となった。

2010年からFRB副議長。バーナンキ議長の積極的な景気支援措置を支持し続け、失業率を下げるために多少のインフレは容認する「ハト派」とみなされている。

金融・経済政策に関する経験は豊富。クリントン政権で経済諮問委員会(CEA)委員長、その後、サンフランシスコ地区連銀総裁を務めた。

著名な経済学者。エール大学で博士号を取得、カリフォルニア大学バークレー校やハーバード大学で教鞭を執った。夫はノーベル賞を受賞した経済学者のジョージ・アカロフ氏。息子も経済学の大学教授で、13歳までに経済学を志したという。

写真

スタンレー・フィッシャー氏

(前イスラエル中銀総裁、歳)

旧北ローデシア(現在のザンビア)生まれ。

イスラエルと米国両方の市民権を有する。イスラエル中銀総裁としての在任期間は8年で、2013年6月に退任。

1994─2001年に国際通貨基金(IMF)筆頭副専務理事、それ以前は世界銀行でチーフエコノミストの職に就いていた。

長年、マサチューセッツ工科大学(MIT)で経済学の教鞭をふるったフィッシャー氏の教え子には、バーナンキFRB前議長や欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁、サマーズ元米財務長官に加え、グレゴリー・マンキュー氏など著名経済学者が名前を連ねる。

写真

日銀金融政策「7つの疑問」

インフレ2%目標は適切なのか、市場機能を損ねるリスクは――。JPモルガンの佐々木融氏が日銀の金融緩和を巡る7つの問題を解説。  記事の全文 

写真

ユーロ高は行き過ぎか

ECBの慎重な緩和縮小姿勢に鑑みれば、早期利上げ観測やユーロ高は修正される可能性があると第一生命経済研の田中理氏は予想。  記事の全文 

写真

危険な局面入りか

習近平国家主席とトランプ大統領の蜜月は突然終わった。  記事の全文 | 関連記事 

写真

テーパー・タントラム再来は

再び新興国を揺るがすか。   記事の全文 

写真

核封じ込め策

北朝鮮は核開発を放棄しないという「現実」に向き合うべきだ。  記事の全文 

トップセクション