エディション:
日本
Photo

コラム:中銀はなぜ正直になれないか 2017年 11月 17日

[ロンドン 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 正直こそが最良の政策だとしばしば言いはやされるが、中央銀行当局者にとっては一番採用しにくい政策かもしれない。記事の全文

写真

デフレ脱却宣言視野か

政府重視の物価4指標全てがプラスに転じたことを受け、日銀は2%目標の解釈を柔軟化すべきだとSMBCフレンド証券の岩下真理氏は指摘。  記事の全文 

写真

銀行受難で仮想通貨が進化

収益性低下に苦しむメガバンクがフィンテックに注力すれば、仮想通貨の位置付けも自ずと大きく変貌するだろうとBBHの村田雅志氏は予想。  記事の全文 

写真

パラダイス文書の教訓

「パラダイス文書」と呼ばれる新流出文書は、不透明な租税回避地の根強い人気を露呈。  記事の全文 

写真

盤石な権力で詰むリスク

習近平国家主席の権威蓄積そのものが自身の権力や中国にとって脅威となる可能性がある。  記事の全文 

写真

IS打倒でも負ける訳

ISをほぼ打倒したことで、米国は中東政策の拠り所を失ったのだろうか。  記事の全文 

トップセクション