エディション:
日本

インフレ目標は上限ではない、ECBは策定手法調査を=仏中銀総裁 6:47pm JST

[パリ 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるビルロワドガロー仏中銀総裁は25日、ECBは政策の枠組み見直しの一環として、インフレ目標の策定手法を調べるべきだと述べた。記事の全文

Photo

WTO事務局長選、エジプトなどの候補者撤退へ=関係筋 2020年 09月 18日

[メキシコ市/ジュネーブ 17日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)の事務局長選挙で、メキシコとエジプト、モルドバの各候補者が撤退する見込みだ。関係者4人が17日、ロイター通信に語った。

Photo

特別リポート:コロナ禍で医療崩壊、あるインド人医師の修羅場

[バガルプル(インド) 13日 ロイター] - インド東部ビハール州バガルプルのガンジス川沿いにある病院では、運営責任者で精神科医のクマール・ガウラブ氏(42)がライフル銃を装備した3人の警備員に護衛されながら、院内を巡回している。

Photo

特別リポート:急拡大する中国「海兵隊」、権益確保へ世界展開

[香港 20日 ロイター] - 中国が1990年代半ばに軍事力拡大に乗り出した時点で、最優先目標に掲げていたのは、本土沿岸に接近する米軍を徹底的にたたく戦力を整えることだった。だが今や、人民解放軍は世界各地で米国の力に挑戦するための準備を進めつつある。

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

Photo

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転落したのか

[サンパウロ/リオデジャネイロ 26日 ロイター] - 3月中旬、ブラジルは感染の足音が聞こえ始めていた新型コロナウイルスに先制攻撃を加えた。保健省はクルーズ船の運航停止を命じ、地方自治体に大規模イベントの中止を要請した。海外からの旅行者には1週間の自主隔離を呼びかけた。

Photo

コラム:軟調なドル/円、その背景と下値を探る=内田稔氏

[24日 ロイター] - 日本のシルバーウィーク中、ドル/円<JPY=EBS>相場は7月31日の安値・ドル104.20円を下抜けし、一時104円ちょうどまで下落した。その後、世界的な株式相場の下落に伴うリスクオフがドルの買い戻しを誘い、ドル/円も105円台を回復している。しかし、104.20円から当日中に106円台を回復した7月31日に比べると、その戻り歩調は鈍い。

Photo

コラム:膠着のドル/円、米大統領選後に円安か=亀岡裕次氏

[東京 18日] - 11月3日の米大統領・議会選挙は、ドル/円<JPY=EBS>相場にどのような影響を与えるのだろうか。まず、1973年から2019年までの47年間を振り返り、米国の議会多数政党や政権政党別の為替動向を確認してみる。

Photo

コラム:スガノミクスに動かぬドル円、秋の相場は「観る」が得策=植野大作氏

[東京 16日] - 初秋の外為市場でドル/円<JPY=EBS>の動意欠乏症が再発している。8月27日に米連邦準備理事会(FRB)が物価目標2%を平均で目指す方針を示して米長期金利が急上昇すると一時106円95銭付近まで浮上したが、翌28日に安倍晋三首相が辞意を表明すると一転反落、一時105円20銭前後まで軟化した。

Photo

コラム:「スガノミクス」は円安を維持できるか=佐々木融氏

[東京 15日] - 14日の自民党総裁選で、菅義偉官房長官が新総裁に選出された。16日召集の臨時国会で首相に指名されることになる。

Photo

コラム:米中・大統領選・FRB、ドル円膠着を破る3つのリスク=尾河真樹氏

[東京 11日] - 安倍晋三首相の辞任に伴い、9月8日、自民党総裁選が告示された。日本の次期総理大臣のポジションを賭けたレースが始まる。とはいえ、自民党内のほとんどの派閥が菅義偉官房長官の支持を表明している状況では、同氏が後任になるのはほぼ確定だろう。この場合、現行の政策はそのまま継承されることになるため、金融市場への影響はほとんどないとみている。

トップセクション