エディション:
日本

世界的なインフレ加速

米輸入物価、7月は1.4%下落 予想より大きく低下

米輸入物価、7カ月ぶり下落 20年4月以来の大幅な下げ

米労働省が12日に発表した7月の輸入物価は前月比1.4%下落した。ロイターがまとめたエコノミスト予想は、関税を除く輸入価格で前月比1.0%下落だった。燃料と燃料以外の製品の価格がそれぞれ下がったのが主因で、為替のドル高傾向も下落要因となった。6月は0.3%上昇していた。

世界の消費者物価指数と政策金利

日銀関連ニュース

北海ブレント原油先物価格

ニュース一覧

原油先物は小幅安、需要見通し不透明 週間では上昇へ

原油先物は小幅安、需要見通し不透明 週間では上昇へ

[メルボルン 12日 ロイター] - アジア時間の原油先物は小幅安。石油輸出国機構(OPEC)と国際エネルギー機関(IEA)が対照的な需要見通しを示し、不透明感が漂っている。ただ景気後退への懸念が和らぐ中、週間では上昇する見通し。

バイデン氏国内遊説へ、中間選挙へインフレ抑制法案などアピール

バイデン氏国内遊説へ、中間選挙へインフレ抑制法案などアピール

[チャールストン(米サウスカロライナ州)11日 ロイター] - 米ホワイトハウス高官は11日、バイデン大統領が国内遊説を計画していると発表した。11月8日の中間選挙に向け、4300億ドル規模の「インフレ抑制法案」の上院通過など最近の勝利をアピールし、民主党の支持者囲い込みを目指す。

米卸売物価、7月は前月比0.5%低下 基調的インフレは鈍化

米卸売物価、7月は前月比0.5%低下 基調的インフレは鈍化

米労働省が11日発表した7月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月より0.5%低下した。低下は2020年4月以降で初めて。6月は1.0%上昇していた。7月の前年同月比は9.8%上昇。6月は11.3%上がっていた。

ロシア産原油の中欧向け供給が再開、ハンガリーが輸送費支払い

ロシア産原油の中欧向け供給が再開、ハンガリーが輸送費支払い

[ブダペスト 10日 ロイター] - ロシア産原油をウクライナ経由でハンガリーなどの中欧諸国に輸送する「ドルジバ・パイプライン」の南側ルートが10日、再開した。同ルートは6日間にわたり停止されていたが、ハンガリーの石油・ガス企業MOLがウクライナに輸送費を支払ったことで再開された。

ワールド

ロイターニュースランキング