エディション:
日本

世界的なインフレ加速

EU、ロシア産原油価格上限60ドルで合意へ ポーランドが承認

EU、ロシア産原油価格上限60ドルで合意へ ポーランドが承認

[ブリュッセル/パリ 2日 ロイター] - EU(欧州連合)は、ロシア産原油の輸入価格に1バレル=60ドルの上限を設けることを正式に承認する見通しとなった。承認を保留していたポーランドのアンジェイ・サドスEU大使が賛成の意思を表明した。

世界の消費者物価指数と政策金利

日銀関連ニュース

コラム:苦悩するECB、12月理事会で量的引き締め議論へ=井上哲也氏

[東京 28日] - 欧州中央銀行(ECB)は、12月の理事会でも利上げを継続するとみられる。10月のHICPインフレ率が前年比10.6%と加速を続けているほか、工業製品やサービスを含めて価格上昇圧力が一層拡大しているからである。10月理事会の議事要旨でも、利上げの継続が必要であるとのコンセンサスが示された。

北海ブレント原油先物価格

ニュース一覧

原油価格は小幅下落、週間では4週ぶりに上昇へ

原油価格は小幅下落、週間では4週ぶりに上昇へ

[1日 ロイター] - 原油先物価格はドルが下げ幅を縮小する中、2日のアジア市場序盤の取引で小幅下落している。中国主要2都市の新型コロナウイルス規制の緩和で下げは限定的となっている。

米インフレ抑制法の「微調整可能」=仏大統領と会談後にバイデン氏

バイデン米大統領、インフレ抑制法の「微調整可能」 欧州に配慮

[ワシントン 1日 ロイター] - バイデン米大統領は1日、マクロン仏大統領との会談後の共同記者会見で、今年8月に成立した米インフレ抑制法に盛り込まれた補助金措置は欧州の同盟国排除が目的ではないと強調し、欧州諸国が参加しやすいように「微調整が可能」という認識を示した。

米国のインフレへの取り組みが進展=バイデン大統領

米国のインフレへの取り組みが進展=バイデン大統領

[1日 ロイター] - バイデン米大統領は1日に発表された10月の米個人消費支出(PCE)で伸びが加速した一方、インフレ圧力が緩やかになったことを受け、インフレへの取り組みが進展していることが示されたの見解を示した。

英企業、物価上昇圧力の緩和を報告=英中銀調査

英企業、物価上昇圧力の緩和を報告=英中銀調査

[ロンドン 1日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)が1日に発表した調査で、英企業が物価上昇圧力は弱まっているとの見方を示していることが分かった。一方、雇用や投資は減少させるという。利上げの効果が浸透している可能性がある。

ロシア産原油の上限価格、合意なされると自信=米国務省次官補

ロシア産原油の上限価格、合意なされると自信=米国務省次官補

米国務省のジェフリー・パイアット次官補(エネルギー局)は1日、経産省で開いた日米エネルギー安全保障対話後の会見で、現在欧州連合(EU)で議論しているロシア産原油の価格上限設定について「合意がなされると自信を持っている」と述べた。

ワールド

ロイターニュースランキング