エディション:
日本

ロイター・インタビュー

Photo

インタビュー:高炉含めた全設備が見直し対象、固定費を適正化=日本製鉄副社長

[東京 9日 ロイター] - 日本製鉄 の宮本勝弘副社長はロイターとのインタビューで、固定費規模の適正化を図るため、高炉を含めたあらゆる設備について見直しの対象とすると述べた。インタビューは6日に行った。

Photo

インタビュー:消費増税で予想以上に成長低下なら、追加財政措置も可能=古沢IMF副専務理事

[ワシントン 17日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)の古沢満宏副専務理事(元財務官)は17日、ロイターとのインタビューで、日本経済について「比較的うまくいっている」との認識を示す一方で、消費税増税の影響に関して「リスクが顕現化し、経済成長が予想以上に低下した場合は追加財政措置も取り得る」と語った。

Photo

インタビュー:安保念頭に中国と半導体で協力案=自民・甘利氏

[東京 25日 ロイター] - 自民党内の「ルール形成戦略議員連盟」の甘利明会長(税制調査会会長)は、中国を念頭に、米国との共同研究に携わる日本企業は米技術の同盟国外への漏えい防止のため、社内のファイアーウォールの仕様と運用を強化する必要があるとの考えを示した。一方、来春の日中首脳会談に向け、中国との環境対応車での技術協力や、最先端分野以外の半導体の請負生産なども検討案だと語った。ロイターとのインタビューで語った。

Photo

インタビュー:鋼材価格引き上げや資産売却を推進、懸念は円高=日本製鉄副社長

[東京 29日 ロイター] - 日本製鉄の宮本勝弘副社長はロイターとのインタビューで、鋼材価格の引き上げや経済性のある生産にとどめる「経済生産」などで収益改善を図る考えを示した。また、持ち合い株などの売却による資産圧縮や生産の効率化も進める方針だ。米中貿易摩擦の長期化などで世界経済は減速、鋼材需要にも陰りが出るなど厳しい環境に直面するなか、為替が円高基調にあることも懸念材料として挙げた。

インタビュー:海外買収戦略を継続、アジア・新興国重点に=東京海上HD社長

[東京 25日 ロイター] - 東京海上ホールディングスの小宮暁・新社長は、ロイターとのインタビューで、大規模な自然災害などによるビジネスのリスクを分散させるため、今後も海外の保険会社の買収を積極的に進める考えを示した。海外保険事業の利益に占めるアジア・新興国の割合を現状の10%未満から20%まで早期に引き上げたいと述べた。

Photo

インタビュー:スルガ銀はM&A対象でない、再生支援で出資も=新生銀社長

[東京 13日 ロイター] - 新生銀行の工藤英之社長は、ロイターとのインタビューで、業務提携したスルガ銀行に再生支援の目的で出資する可能性はあるものの、M&A(企業の合併・買収)の対象ではないと述べ、将来的な経営統合を否定した。

インタビュー:収益力は8000億円狙う水準に=三井住友FG社長

[東京 7日 ロイター] - 三井住友フィナンシャルグループの太田純社長は、ロイターとのインタビューで、来年度からスタートさせる次期中期経営計画では、トップラインを増やすことで実力ベースの当期利益を現在の6000億円台から8000億円を狙う水準に引き上げたいと語った。

Photo

インタビュー:成長投資、デジタル技術活用を軸に=みずほFG社長

[東京 4日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長は、2019年度から始まる5カ年計画について、投資余力は十分にあるとし、株主還元の現状維持を図りながら、デジタル技術を活用した領域に成長投資を行っていく考えを示した。

Photo

インタビュー:消費増税延期の選択「あり得ない」=三村日商会頭

[東京 30日 ロイター] - 日本商工会議所の三村明夫会頭は、ロイターとのインタビューで、消費税増税を巡って安倍晋三首相の周辺から延期を示唆する発言が出たことについて「増税まであと数カ月に迫る中で、上げない選択はあり得ない」と述べ、予定通り実施すべきとの考えを示した。インタビューは29日に実施した。

Photo

インタビュー:個人向けプロアドバイザー300人、自前で養成=りそなHD社長

[東京 29日 ロイター] - りそなホールディングスの東和浩社長はロイターとのインタビューで、個人営業部門に独立系金融アドバイザー(IFA)並みの技量を備えたプロフェッショナル営業職員を2022年度までに300人配置する方針を明らかにした。7月に企業研修組織「りそなアカデミー」を設置し、自前で養成する。

Photo

特別リポート:伝説の香港大富豪、習主席との「長く特殊な関係」

[香港 27日 ロイター] - 1993年1月、ふくよかな頬と豊かな黒髪が目立つ、野心に富む39歳の中国共産党幹部が香港を訪れた。彼は、自らの地盤である二級都市・福州への投資を募る狙いで、立ち並ぶ輝かしい高層ビルのなか、香港の富裕層の面会を求めた。それが習近平氏だった。

Photo

特別リポート:「可能なら辞任する」、香港トップが明かした胸の内

[香港 2日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が先週、実業家グループとの非公開会合で、香港の政治危機を巡り「言い訳のできない大混乱」を引き起こしたとし、選択肢があるなら辞任すると話していたことが分かった。録音された発言をロイターが確認した。 | ビデオ

Photo

特別リポート:米中対立の最前線ポーランド、華為「スパイ」事件を追う

[ワルシャワ 2日 ロイター] - 今年1月の冷え込みの厳しい朝、ポーランドの国内公安機関(ISA)がワルシャワのアパートの一室に立ち入った。彼らは写真や電子機器を没収、アパートに住む外国人ビジネスマンを逮捕した。

Photo

特別リポート:乱立する「国境の壁」資金調達、寄付金の行方は不透明

[ワシントン 3日 ロイター] - 米国のトランプ大統領が看板政策として選挙公約に掲げていたのは、メキシコとの国境に「壁」を築くという構想だった。だがその夢は、相手国メキシコとの議論や、政府予算に影響力を持つ民主党議員からの反対を受け、泥沼にはまっている。

トップセクション