エディション:
日本

ロイター・インタビュー

Photo

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

[ジュネーブ 17日 ロイター] - 北朝鮮の韓大成(ハン・デソン)駐ジュネーブ国際機関代表部大使は17日、ロイターとのインタビューに応じ、米韓合同軍事演習が続く限り、米国と交渉するつもりはないと言明した。また、米国の核の脅威への抑止力として自国の核兵器開発は継続すると強調した。

Photo

インタビュー:クレジット投資、パッシブ比率高めている=ゆうちょ銀副社長

[東京 17日 ロイター] - ゆうちょ銀行の佐護勝紀副社長(最高投資責任者、CIO)は16日、「ロイター・グローバル・インベストメント・2018・アウトルック・サミット」で、インハウスチームによる株式のアクティブ運用を近く始める一方、クレジット投資でパッシブ比率を高めていると明らかにした。

Photo

インタビュー:日本株に強気継続、ガバナンス改革進展に期待=米PGI

[東京 15日 ロイター] - 米資産運用大手プリンシパル・グローバル・インベスターズ(PGI)のムスタファ・サグン株式最高投資責任者(CIO)は、ロイターとのインタビューで、堅調な世界経済とコーポレートガバナンス改革の進展を背景に、日本株式の強気スタンスを継続していると語った。

Photo

インタビュー:米債市場、過去40年で最も脆弱な状況=著名投資家ファス氏

[東京 8日 ロイター] - 米資産運用会社ルーミス・セイレスの副会長で著名投資家のダン・ファス氏はロイターのインタビューに応じ、米債券市場は過去40年以上の間で最も売り込まれやすい状況になっているとの見解を示した。

Photo

日銀総裁に就任すれば、全力でデフレ脱却実現する=本田・駐スイス大使

[東京 8日 ロイター] - 安倍晋三首相の経済アドバイザーとして知られる本田悦朗・駐スイス大使は8日、ロイターとのインタビューに応じ、次期日銀総裁に指名され就任が決まれば、2%の物価目標実現によるデフレ脱却を全力で実現すると述べ、ポストに強い意欲を示した。

Photo

インタビュー:保護主義の台頭は経済損ねる=ラガルドIMF専務理事

[東京 8日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は8日、都内でロイターの単独取材に応じた。保護主義が広がれば「現在の開かれた経済を損ねる可能性がある」とする一方、現段階ではその兆しはみられないと分析。日銀の金融政策を巡っては、市場との対話が明確な点を挙げつつ、黒田東彦総裁の姿勢を評価した。消費税の使途変更については「短期的には成長にプラス」との見方を示した。

Photo

インタビュー:CME名誉会長、ビットコインは「新たな資産クラス」

[東京 7日 ロイター] - 世界最大のデリバティブ取引所運営会社、米CMEグループのレオ・メラメド名誉会長(85)は、ビットコインは単なる仮想通貨ではなく、「ブロックチェーン」技術に裏打ちされた新たな資産クラスだとの考えを示した。

Photo

インタビュー:移民受け入れ数の即時削減は計画せず=NZ首相

[ウェリントン 7日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)のアーダーン新首相は7日、ロイターのインタビューに応じ、労働党が主導する新政権は移民の受け入れ数の即時削減を目指していないと明らかにした。

Photo

インタビュー:NZドル下落、全く懸念していない=アーダーン首相

[ウェリントン 7日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)のアーダーン新首相は7日、ロイターのインタビューに応じ、最近のNZドル下落について「全く」懸念していないと述べた。

Photo

インタビュー:ECB、目標廃止し低インフレ受け入れる必要=シュタルク元専務理事

[ハーグ 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の首席エコノミストを務めたユルゲン・シュタルク元専務理事は6日、ECBは現在のインフレ目標を廃止する必要があるとの考えを示した。

写真

パラダイス文書の教訓

「パラダイス文書」と呼ばれる新流出文書は、不透明な租税回避地の根強い人気を露呈。  記事の全文 

写真

盤石な権力で詰むリスク

習近平国家主席の権威蓄積そのものが自身の権力や中国にとって脅威となる可能性がある。  記事の全文 

写真

IS打倒でも負ける訳

ISをほぼ打倒したことで、米国は中東政策の拠り所を失ったのだろうか。  記事の全文 

トップセクション