エディション:
日本

ロイター・インタビュー

Photo

独ミュンヘン再保険、第1四半期利益は8億ユーロ超と予想

[ベルリン 23日 ロイター] - 再保険世界最大手の独ミュンヘン再保険は23日、第1・四半期の連結ベースの利益が8億ユーロ(9億7600万ドル)を上回るとの見通しを示した。

Photo

インタビュー:EU、米中貿易摩擦でどちら側にも付かず=モスコビシ欧州委

[ワシントン 21日 ロイター] - 欧州連合(EU)のモスコビシ欧州委員(経済・財務担当)は21日にロイターのインタビューに応じ、EUは米中貿易摩擦でどちらか一方に味方することはないとの立場を示した。

Photo

日銀、国債買い入れ量の説明に改善余地=古沢IMF副専務理事

[ワシントン/東京 22日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)の古沢満宏・副専務理事(元財務官)は21日(現時時間)、ロイターとのインタビューに応じ、日銀の金融政策を支持するが、国債買い入れに関する市場への説明で改善の余地があるとの見解を示した。

Photo

インタビュー:仮想通貨交換業、銀行並みの規制も=マネックス社長

[東京 20日 ロイター] - マネックスグループの松本大社長は20日、ロイターのインタビューに応じ、仮想通貨交換業者に対する規制について、利用者の資産を自社で管理している現状では「銀行と同等の資本規制などが導入されてもおかしくない」と述べ、顧客保護の観点から厳格な規制も必要との考え方を示した。

Photo

オープン投資継続、ヘッジ外債は減少=18年度・富国生命運用計画

[東京 16日 ロイター] - 富国生命保険の2018年度の一般勘定の運用方針では、オープン外債へのシフトを継続する。帳簿価格ベースで2200億円の増加になる見通し。ドルのヘッジコストが高止まりしているためで、米国債投資を抑制し、オーストラリア債やカナダ債などドル資産以外への通貨分散を引き続き行う。円債は減少、国内株はリバランスを実施する。

Photo

マクロン仏大統領、TVインタビューで激論 経済改革の正しさ主張

[パリ 15日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は15日、就任1年目のテレビインタビューで、自らが主導する経済改革や統治スタイルの正しさを主張した。

Photo

インタビュー:米国株に強気、足元の下落局面で買い増し=米PGI

[東京 10日 ロイター] - 米資産運用大手プリンシパル・グローバル・インベスターズ(PGI)のジム・マコーガン最高経営責任者(CEO)は、ロイターとのインタビューで、米国株への強気スタンスを維持しており、足元の株安局面を捉えて買い増していることを明らかにした。

訂正:企業との対話活動、集団的エンゲージメントが課題=大久保・信託協会長

[東京 6日 ロイター] - 信託協会の大久保哲夫会長(三井住友トラスト・ホールディングス社長)は、ロイターとのインタビューで、日本版スティワードシップ・コードが求めている投資家と企業との対話活動(エンゲージメント)について、今後は機関投資家が共同で行う「集団的エンゲージメント」が重要になるとの考えを示した。

Photo

イエレン氏がウォール街の会合に出席、民間人として初報酬得る

[ニューヨーク/サンフランシスコ 5日 ロイター] - ジャネット・イエレン前米連邦準備理事会(FRB)議長が2日、投資銀行ジェフリーズが主催したウォール街の有力者との会合に出席し、金融政策やトランプ大統領に関して話をしていたことが分かった。事情に詳しい2人の関係者によると、イエレン氏にとっては民間人になって初めて金融業界から報酬をもらう機会になった。

インタビュー:成長の源泉は国内生保事業=清水日生社長

[東京 5日 ロイター] - 日本生命保険の清水博社長は、ロイターとのインタビューで、成長の源泉として引き続き国内の生保事業を中軸とするとの考えを示した。海外での買収や出資も進めていく考えを示したが、国内の収益を高めるための位置付けだと語った。

写真

米国の核問題

テキサス州の工場では、米国産業で最も危険な仕事が手作業で行われている。  記事の全文 

写真

北朝鮮国境を行く

北朝鮮の国境を1週間旅した記者が見た光景とは。  記事の全文 

写真

北朝鮮から逃れて

脱北者はロイターに何を語ったか。  特集ページ 

写真

ロヒンギャの惨劇

縛られた10人のロヒンギャ男性は、そばで墓穴を掘る仏教徒たちを見つめていた。  記事の全文 

写真

高級ホテルで死体実習

その「死体実習」会場の外にいた主催者は、ミニー・マウスの耳を頭に着けていた。  記事の全文 

トップセクション