エディション:
日本

ロイター・インタビュー

Photo

インタビュー:増税での借金返済不要、大型補正を=藤井内閣参与

[東京 22日 ロイター] - 安倍晋三首相が検討する消費増税分の使途変更。借金返済に充てるはずだった割合を減らし、教育などの分野を念頭に歳出を拡充させる方向だが、一方で2020年度の財政健全化目標の未達は決定的となる。増税で得られる財源配分はどうあるべきか。京大大学院教授で内閣官房参与の藤井聡氏に話を聞いた。

Photo

インタビュー:M&Aは欧州強化の優先順位高い=アサヒ社長

[東京 21日 ロイター] - アサヒグループホールディングス 2502.Tの小路明善社長は21日、ロイターのインタビューで、新たなM&A(企業の合併、買収)について、欧州事業の基盤をさらに強くする案件の優先順位が高いと述べた。

Photo

三菱日立パワー、東南アジアの需要拡大を予想=安藤社長

[バンコク 19日 ロイター] - 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の安藤健司社長は19日、ロイターとのインタビューに応じ、東南アジアで高効率のガスタービンの需要が増えるとの見通しを示した。

Photo

インタビュー:消費増税の使途変更なら25年問題に拍車=池尾慶大教授

[東京 19日 ロイター] - 安倍晋三首相が2019年10月から消費税率を8%から10%へとに引き上げ、その増収分を教育無償化などに充てる「使途変更」を検討していることが明らかになった。

ECB、次の動きでQE巡る決定越える措置を=エストニア中銀総裁

[タリン 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるハンソン・エストニア中銀総裁は、ロイターとのインタビューで、ECBの次の動きは資産買い入れプログラムに関する決定を越えた一連の措置であるべきとの見解を示した。

Photo

日銀YCC、持続性や対話改善を評価 目標未達の再検証必要=早川氏

[東京 15日 ロイター] - 元日銀理事の早川英男・富士通総研エグゼクティブ・フェローは15日、ロイターとのインタビューに応じ、日銀が昨年9月に導入した長期金利も誘導対象にした異例のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策について、金融政策の持続性を高めるとともに、繰り返された追加緩和観測が鎮静化するなど、うまく機能していると評価した。

Photo

特別リポート:ホンダが失った「暴走力」、改革DNAの復活あるか

[東京 11日 ロイター] - ホンダが復活への苦闘を続けている。かつてF1を初めとする数々の自動車レースを制覇し、燃費向上や環境技術でも業界の先頭を走った同社の輝きは、すっかり色あせた感がぬぐえない。

Photo

ルクセンブルクに3000の新規雇用見込む、英EU離脱で=業界団体

[ロンドン 6日 ロイター] - ルクセンブルクの金融業界の発展を促進するルクセンブルク・フォー・ファイナンス(LFF)は、英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、ルクセンブルクで約3000の雇用が創出されるとの見方を示した。

Photo

英EU離脱、撤回の可能性ある=ヘーゼルタイン元副首相

[ロンドン 6日 ロイター] - 英保守党のマイケル・ヘーゼルタイン元副首相は、ロイターとのインタビューに応じ、欧州連合(EU)離脱の経済的な打撃で世論が変化すれば、離脱の決定が覆される可能性があるとの認識を示した。

Photo

電気自動車の普及、パリ協定の目標達成には「なお不十分」

[アルンヘム(オランダ) 5日 ロイター] - 調査会社DNV・GLのエネルギー関連コンサルティング事業部の最高経営責任者(CEO)Ditlev Engel氏は、電気自動車(EV)のコストは2022年までに通常の自動車のコストとほぼ同水準になり、それにより、2035年までに全世界で販売される乗用車の半分はEVになるとの見通しを示した。

写真

「大いなる安定」再来か

世界の経済統合が後退しつつあるのに、経済成長が緊密さを保って継続しているのはなぜか。  記事の全文 

写真

高齢化「世界一」は

高齢化する自国民への対応で、最善の政策を実施しているのはどの国か。  記事の全文 

写真

終わらない脅威

10月に入っても危険な熱帯低気圧が形成される恐れがある。  記事の全文 

トップセクション