エディション:
日本
Photo

ベラルーシ五輪選手、身の危険感じ亡命決意

1:12am JST

[ワルシャワ 5日 ロイター] - オリンピックの短距離選手、クリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)は5日、ロイターとの独占インタビューで、東京の空港に車で送られている際、ベラルーシに帰ると安全でないと祖母から告げられ、亡命を決めたと明らかにした。記事の全文

Photo

五輪=日本は中国に敗れ銀メダル、卓球女子団体 12:32am JST

[東京 5日 ロイター] - 東京五輪の卓球女子団体は5日に決勝を行い、日本は中国に3─0で敗れ、銀メダルだった。これまで同種目で銀、銅と獲得してきた日本は、4連覇を狙う中国を崩せず、初の金メダルに手が届かなかった。 | ビデオ

Photo

五輪=女子レスリング57キロ級、川井梨紗子が姉妹で金「本当にいい日」 2021年 08月 5日

[東京 5日 ロイター] - 東京五輪は5日、女子レスリング・フリースタイル57キロ級決勝を行い、川井梨紗子がイリーナ・クラチキナ(ベラルーシ)を5─0で下して金メダルを獲得した。2016年のリオデジャネイロ五輪に続いて2つめの金メダル。4日の62キロ級で金メダルを取った川井友香子は妹で、姉妹で金メダリストになる夢を実現した。 | ビデオ

Photo

スポーツクライミング男子複合、楢崎智亜は4位「反省点多い」 2021年 08月 5日

[東京 5日 ロイター] - 東京五輪は5日、今回新たに正式競技となったスポーツクライミングの男子複合決勝を行い、楢崎智亜は4位となった。金はアルベルト・ヒネスロペス(スペイン)、銀はナサニエル・コールマン(米国)だった。

Photo

メーガン妃、40歳の誕生日に女性の再就職支援する取り組み

2021年 08月 5日

[ロサンゼルス 4日 ロイター] - ヘンリー英王子の妻メーガン妃が40歳の誕生日を迎えた4日、ジョークを交えた動画を公開するとともに、女性の職場復帰を支援する新たなイニシアチブを発表した。記事の全文

Photo

歌手リアーナ、純資産17億ドルに 音楽以外の収入が大半=米誌 2021年 08月 5日

[4日 ロイター] - 米経済誌フォーブスによると、バルバドス出身の人気歌手リアーナの純資産が推定17億ドルと、女性ミュージシャンとして世界一となった。

Photo

ヘンリー英王子、自叙伝出版へ 幼少期や従軍体験など回顧 2021年 07月 20日

[ロサンゼルス 20日 ロイター] - 米出版社のペンギン・ランダム・ハウスは19日、ヘンリー英王子の回顧録を2022年後半に出版すると発表した。

Photo

B・スピアーズ、成年後見人制度下にある限りステージに立たず 2021年 07月 19日

[ロサンゼルス 17日 ロイター] - 13年にわたって父親による成年後見制度下にある米歌手ブリトニー・スピアーズ(39)は17日、父親がキャリアを監視している間は決してステージに立つことはないと言明した。

Photo

バドミントン金のインドネシア選手、牛や家などの贈り物殺到

2021年 08月 4日

[ジャカルタ 3日 ロイター] - 東京五輪のバドミントン女子ダブルスで、金メダルを獲得したインドネシアのグレーシア・ポリー、アプリヤニ・ラハユ両選手に、贈り物が殺到している。インドネシア政府が現金を贈ることを決めたほか、牛やレストラン店舗、家などをプレゼントするとの申し出が寄せられている。記事の全文

Photo

再生プラ表彰台に段ボールベッド、持続可能性に取り組む東京五輪 2021年 08月 4日

[東京 4日 ロイター] - 東京五輪・パラリンピックでは、サステナビリティー(持続可能性)にスポットライトを当てている。選手たちは再生プラスチックで作られた表彰台に立ち、小型家電の素材を再利用したメダルを授与され、段ボール製のベッドで眠る。

Photo

インドの重量挙げ銀メダリストに生涯無料のピザと映画チケット 2021年 07月 29日

[28日 ロイター] - 東京五輪の重量挙げ女子49キロ級で銀メダルを獲得したインドのチャヌサイコム・ミラバイ選手に、生涯分のピザと映画チケットが無償で提供されることになった。

Photo

五輪で敗退後にプロポーズ、2度目挑戦でイエス勝ち取った「手書きメモ」 2021年 07月 27日

[東京 26日 ロイター] - 東京五輪の女子フェンシング。26日の2回戦でハンガリー代表に敗北したアルゼンチン代表のマリアベレン・ペレスマウリセ選手に見せられたのは「結婚して下さい」という手書きのメモだった。

Photo

特別リポート:オイルマネーで脱石油、サウジ戦略転換の現実味

[リヤド 23日 ロイター] - 午前3時、スペイン人の生物学者カルロス・ドゥアルテ氏はサウジアラビアの王宮にいた。この国でもっとも権力を持つ人物を未明までずっと待っていた。

Photo

特別リポート:コロナ禍とCO2、炭素循環を極めた女性科学者

[ノリッジ(英国) 26日 ロイター] - カナダのケベックで生まれ、「炭素循環」の研究者として知られるコリーヌ・ルケレ氏は、ロイターのホットリストの上位にランクされた。世界で最も影響力のある環境問題の科学者1000人を取り上げたこのリストで、女性の割合は7人中1人にも満たない。男性が多数を占めるこの分野で性差別を目の当たりにしてきたルケレ氏は、粘り強く奮闘してきた。

Photo

震災10年:「あの時、なぜ救えなかったのか」、遺族が抱き続ける悔悟と葛藤

[陸前高田(岩手県) 10日 ロイター] - 「磨さん 薄よごれた軍手、そして穴のあいた靴。まだ温もりがあるような気がして...帰って来た時に俺の気に入りの靴どうしたんだれと大騒ぎされそうなので、そのまま玄関に磨かないで置いときます」(熊谷幸子さんから亡き夫への手紙。原文のまま)

Photo

特別リポート:自由を失う香港、引き裂かれる家族と社会の絆

[香港 22日 ロイター] - 香港に立ち並ぶ高層マンションの一室、狭いキッチンに広東料理の濃厚な香りが漂っている。秋の訪れを告げる中秋節の時期、香港では家族や親戚が集まり、月を眺め、月餅や料理を楽しみながら団らんのひと時を共にするのが恒例だ。

トップセクション