エディション:
日本
写真 | 2017年 01月 17日 16:42 JST

世界の大富豪上位8人の資産、下位半分36億人の富に相当

 1月16日、国際非政府組織(NGO)オックスファムは、世界で最も裕福な8人の資産が、世界人口のうち下位50%(約36億人)の合計額とほぼ同じだとする報告書を発表した。左上からビル・ゲイツ氏、ウォーレン・バフェット氏、ジェフ・ベゾス氏ら富豪上位8人のコンビネーション写真(2017年 ロイター)

 1月16日、国際非政府組織(NGO)オックスファムは、世界で最も裕福な8人の資産が、世界人口のうち下位50%(約36億人)の合計額とほぼ同じだとする報告書を発表した。左上からビル・ゲイツ氏、ウォーレン・バフェット氏、ジmore

 1月16日、国際非政府組織(NGO)オックスファムは、世界で最も裕福な8人の資産が、世界人口のうち下位50%(約36億人)の合計額とほぼ同じだとする報告書を発表した。左上からビル・ゲイツ氏、ウォーレン・バフェット氏、ジェフ・ベゾス氏ら富豪上位8人のコンビネーション写真(2017年 ロイター)
Close
1 / 2
 1月16日、国際非政府組織(NGO)オックスファムは、世界で最も裕福な8人の資産が、世界人口のうち下位50%(約36億人)の合計額とほぼ同じだとする報告書を発表した。写真は世界経済フォーラムのロゴ。ダボスで15日撮影(2017年 ロイター/Ruben Sprich)

 1月16日、国際非政府組織(NGO)オックスファムは、世界で最も裕福な8人の資産が、世界人口のうち下位50%(約36億人)の合計額とほぼ同じだとする報告書を発表した。写真は世界経済フォーラムのロゴ。ダボスで15日撮影(more

 1月16日、国際非政府組織(NGO)オックスファムは、世界で最も裕福な8人の資産が、世界人口のうち下位50%(約36億人)の合計額とほぼ同じだとする報告書を発表した。写真は世界経済フォーラムのロゴ。ダボスで15日撮影(2017年 ロイター/Ruben Sprich)
Close
2 / 2

次のスライドショー

キング牧師の娘「神はトランプ氏に勝つ」、長男は「米国を一つに」

[アトランタ/ニューヨーク 16日 ロイター] -...

2017年 01月 17日

メキシコで銃乱射、外国人含む5人死亡 音楽フェスティバル開催中

[メキシコ市 16日 ロイター] - メキシコ東部のリゾート地プラヤデルカルメンで16日、ナイトクラブで銃の乱射事件が発生し、外国人を含む少なくとも5人が死亡、15人が負傷した。現場では当時、エレクトロニック音楽のフェスティバル「BPM」が開催されていた。

2017年 01月 17日

韓国への亡命待つ北朝鮮外交官はまだいる━元公使=聯合ニュース

[ソウル 17日 ロイター] - 韓国・聯合ニュースによると、昨年8月に韓国に亡命した北朝鮮の太永浩(テ・ヨンホ)元駐英公使は17日、欧州に駐在中で韓国への亡命を待っている北朝鮮の高級外交官はまだいると明らかにした。

2017年 01月 17日

E・サーナン氏死去、月面歩いた最後の宇宙飛行士 82歳

[16日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)は、月面を歩いた最後の宇宙飛行士として知られたユージン・サーナン氏が16日に死去したと明らかにした。82歳だった。

2017年 01月 17日

その他のスライドショー

'No Drama Llama' offers comfort at Portland anti-racism protests

'No Drama Llama' offers comfort at Portland anti-racism protests

In Portland, where anti-racism protests have sometimes turned violent, Caesar the llama blesses demonstrators and law enforcement with soothing hugs.

Aftermath of deadly blast in Beirut

Aftermath of deadly blast in Beirut

Residents of Beirut sift through the rubble after a blast wave devastated the city, killing at least 145 people and pushing up to 250,000 from their homes.

Photos of the week

Photos of the week

Our top photos from the past week.

Our world re-engineered for social distancing

Our world re-engineered for social distancing

As countries around the world continue to grapple with the novel coronavirus pandemic and how to safely reopen after lockdowns, public and private spaces are changing, in some cases dramatically. Here are a few examples of our world reconfigured to allow for social distancing.

Massive blast in Beirut sends shockwaves across city

Massive blast in Beirut sends shockwaves across city

(Warning: graphic content) Lebanese rescue teams pulled out bodies and hunted for missing in the wreckage of buildings as investigations blamed negligence for a massive warehouse explosion that sent a devastating blast wave across Beirut, killing at least 145 people and injuring more than 5,000.

Portfolio of work: Andrew Winning

Portfolio of work: Andrew Winning

Photographer and editor with Reuters for 22 years, Andrew Winning has died of brain cancer at the age of 49. Andrew joined Reuters in 1996 as chief photographer of Mexico, where he remained until assuming the role of senior photographer in London, in 2008. He went on to be the head of the UK pictures desk. Andrew's own production was of a vast range of stories, from natural disasters and civil conflict in Latin America, to war in North Africa and major sports events.

Notable people diagnosed with coronavirus

Notable people diagnosed with coronavirus

Public figures who have tested positive for COVID-19.

Life in the age of coronavirus

Life in the age of coronavirus

People around the world adapt to a new normal of staying at home, social distancing and masks during the coronavirus pandemic.

The atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki, 75 years ago

The atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki, 75 years ago

August 6 marks 75 years since the United States unleashed the world's first atomic bomb attack on the city of Hiroshima, followed three days later by the second and last on Nagasaki, vaporizing lives, buildings and Japan's capacity for war.

スライドショーランキング