エディション:
日本

2020 東京五輪

五輪招致はJOCと都が説明責任、政府の調査は考えず=橋本担当相

五輪招致はJOCと東京都が説明責任、政府の調査考えず=橋本担当相

橋本聖子五輪担当相は26日、東京オリンピック・パラリンピック大会の招致活動の中で、招致委員会から使途の不透明な多額の資金がいくつかの団体に支払われていたとする報道に関連し、「招致活動については日本オリンピック委員会(JOC)と東京都が説明責任を果たすべきであり、政府として調査を行うことは考えていない」と述べた。

編集長のおすすめ

豪首相、ブリスベンへの五輪誘致でIOC会長と会談

豪首相、ブリスベンへの五輪誘致でIOC会長と会談

オーストラリアのモリソン首相は17日、訪問中の東京で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談し、来年に延期された東京オリンピックと、2032年オリンピックの開催地にブリスベンが立候補することを巡って協議した。

メダル
オリンピックスタジアム
五輪会場

ビデオ

ニュース一覧

新体操の杉本、五輪初の金へ決意

新体操の杉本、五輪初の金へ決意

 新体操団体の日本代表「フェアリー(妖精)ジャパン」が22日、全日本選手権会場の高崎アリーナでエキシビションに参加し、来夏の東京五輪を想定した演目を披露した。新型コロナウイルス禍で五輪が1年延期となったが、主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は「(日本初の)金メダルを獲得する目標はメンバーの誰一人変わっていない」と決意を語った。

五輪の選手視点で引き続き検討を

 橋本聖子五輪相は20日の閣議後会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が開会式入場行進の参加数削減を念頭に各国・地域の選手に対する意向調査を提案したことに「大事なことは適切な新型コロナウイルス対策。今後も選手の視点を踏まえ、開会式の在り方を検討いただきたい」と述べた。

IOC会長、観客入れた五輪開催を強調 菅首相と一致

IOC会長、観客入れた五輪開催を強調 菅首相と一致

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は16日、菅義偉首相と官邸で会談し、来夏の東京五輪・パラリンピックについて、観客を入れた開催に向けて連携していくことを確認した。バッハ会長は同日夕に会見し、「妥当な数の観客を入れられると考えている」と語った。

五輪=来季NBAの短縮日程、選手の五輪参加を考慮

五輪=来季NBAの短縮日程、選手の五輪参加を考慮

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は11日、米プロバスケットボール協会(NBA)各チームのオーナーと選手会が来年の東京五輪への選手参加を可能とするために来シーズンの日程を短縮することで合意したことを明らかにした。

スポーツ

ロイターニュースランキング