エディション:
日本

ラグビー ワールドカップ特集

ラグビー、釜石でW杯後初公式戦

ラグビー、釜石でW杯後初公式戦

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)の会場だった釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県釜石市)で16日、地元クラブチーム釜石シーウェイブス(SW)が、トップチャレンジリーグ初戦でコカ・コーラレッドスパークス(福岡市)と対戦した。W杯後最初の試合を盛り上げようと、市民は多彩な企画で観客を出迎えた。

ラグビー、サントリー真壁が引退

ラグビー、サントリー真壁が引退

 ラグビーのトップリーグ、サントリーは14日、2015年ワールドカップ(W杯)で活躍した日本代表37キャップのロック真壁伸弥(32)が現役を引退すると発表した。19年W杯代表には選ばれなかったが「開幕戦の満員のスタジアムを見て気持ちはすっきりした。W杯イヤーで引退することは、自分の人生ではとても良いタイミング」とコメントした。今後は社業に専念する。

ラグビー、プロ準備委員会を設置

 日本ラグビー協会は13日、東京都内で理事会を開き、プロリーグ設立を検討する準備委員会の設置を決めた。清宮克幸副会長が委員長を務め、岩渕健輔専務理事ら協会理事とトップリーグ関係者で構成する。委員会では参入条件などを議論し、プロリーグの法人設立を目指す。開幕は従来通り2021年秋を予定している。

ラグビー中村、23年W杯に意欲

ラグビー中村、23年W杯に意欲

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りした日本代表のCTB中村亮土とフッカー北出卓也(ともにサントリー)が11日、東京都内で取材に応じ、全5試合に出場した中村は「(南アフリカに敗れ)悔しくてやり返したい思いが強い。2023年W杯もチャンスがあればやりたい」と述べ、次回大会への意欲を示した。

試合日程と会場
初心者のためのラグビーの基礎知識
出場チームのプロフィール

ニュース一覧

ラグビーの流選手に感謝状

ラグビーの流選手に感謝状

 福岡県の小川洋知事は11日、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で活躍し、8強入りに貢献した同県久留米市出身の流大選手(27)に感謝状を贈った。

スポーツ

ロイターニュースランキング