エディション:
日本

特集 仮想通貨

主な仮想通貨の価格推移データ提供:ビットフライヤー

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)

トップニュース

コラム:暗号資産テラ暴落、創業者の誤算と堕ちた仮想通貨の理想

コラム:暗号資産テラ暴落、創業者の誤算と堕ちた仮想通貨の理想

[ロンドン 11日 ロイター Breakingviews] - 暗号資産(仮想通貨)の一種であるステーブルコイン「テラUSD」を立ち上げたド・クウォン氏が、重大なしくじりをした。「ステーブルコインの達人」を自称するクウォン氏は、テラをドルに連動(ペッグ)するように設計したが、テラ相場は11日に暴落して一時0.30ドルを割り込み、仮想通貨の高い理想も地に落ちた。

拡大するビットコイン
仮想通貨価格が急落、テザーは米ドル連動より大きく下落

仮想通貨価格が急落、テザーは米ドル連動より大きく下落

暗号資産(仮想通貨)の一種であるステーブルコインの「テラUSD」が11日に急落したのを背景に、12日の仮想通貨市場は相次いで下落した。同じくステーブルコインの「テザー」の下落幅は米ドルとのペッグ(連動)より大きく、時価総額で最大の仮想通貨のビットコインは16カ月ぶりの安値を付けた。

ビットコインが7.2%安の2万8758ドル、イーサ11.5%安

ビットコインが7.2%安の2万8758ドル、イーサ11.5%安

2205GMT(日本時間12日午前7時05分)時点で、2万8758.29ドルと、前日終値から2241.68ドル値下がり。3月28日に付けた年初来高値(4万8234ドル)を40.4%下回る水準。

米、ロシアに追加制裁 商業銀や仮想通貨採掘企業

米、ロシアに追加制裁 商業銀や仮想通貨採掘企業

米政府は20日、ウクライナに侵攻したロシアに対する新たな制裁措置を導入した。商業銀行や暗号資産(仮想通貨)のマイニング(採掘)企業を含む数十の団体や個人を標的にし、既存の制裁措置回避の阻止を狙う。

対ロシア制裁回避に仮想通貨利用、業者に警告=ECB総裁

対ロシア制裁回避に仮想通貨利用、業者に警告=ECB総裁

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は22日、ロシアの一部の個人に対する制裁措置を回避するために暗号資産(仮想通貨)が利用されているとし、ECBが暗号資産を取り扱う業者に対し「共犯者」にならないよう警告したと明らかにした。

ロイターニュースランキング